【寄稿記事】 皆さんは就活をどう捉えてますか??
hero-hrのコピー

【寄稿記事】 皆さんは就活をどう捉えてますか??

プレミア人財育成協会
寄稿者:株式会社ヒューマンレジリエンス 常務取締役 中村 好⾂

「就職活動ってしんどい」そう思われている就活生や学生が多いのではないでしょうか?
今振り返れば私も友人とはそんな話をしていたことがあったような気がします。そしてそれはごくごく当たり前の風景や感じ方なのかもしれません。
今日は「就職活動中だからこそ考えてほしいこと」について書いてみたいと思います。

就活を前向きにという話です。就職活動というものを活かして、様々な業界や仕事をのぞけるチャンスだと考えてみてください。
就職活動は面倒なものです。なぜなら「自己分析をし、エントリーシートなどの書類を書き、緊張とプレッシャーを抱えて面接に行く」、こんな経験をするのが初めてな人が多いからです。企業側も企業のために頑張ってくれる人材を探しているので本気でぶつかってきます。そうなると当然面倒な作業や準備も増えるわけです。

ですが、就活生には私達社会人にはない特権があります。企業がある程度ウェルカムな姿勢で対応してくれることです。
企業が丁寧に会社の説明をしてくれ、質疑応答に応えてくれます。就職活動を逃すとこんな機会はほぼありません。就活をしている、あるいは就活を予定している皆さんだからこそできるのです。だからこそ皆さんにはそのチャンスを活かして様々な業界や仕事をのぞいてみて欲しいです。

もちろん興味や求人条件なども大事ですが、説明を聞いてみると新しい世界が開けることだってあります。その業界に興味を持てなくても別のひらめきがあるかもしれません。そもそもこれまでの学生生活で知っている企業や業界なんて社会のほんの一部にしかすぎません。興味のあるなしではなく、時間がある限り説明会に行ってみてはいかがでしょうか?

そうやって就職活動をし、就職、最終的に起業をしたのが私です。

note編集者追記:当協会企画「社長インタビュー」にて、中村さんがインタビューを受けた際の記事はこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
プレミア人財育成協会
一般社団法人プレミア人財育成協会のNoteアカウントです。当協会サイト内で連載していた「キャリアブログ」「魔法のひとりごと」を、今後はNote上で連載します。 https://premiere.or.jp/