見出し画像

パワポっぽさを脱却する〈色彩編〉

■パワポの色はダサい

どうも今回は脱パワポっぽさ!ということで、色をテーマにまとめていきたいと思います!

みなさん、パワポでスライドを作る際、色をどのように決めていますか?

画像6

図形を挿入した時のデフォルトの色を使っていますか?

画像7

図形の塗りつぶしから色を選んでいますか?

もちろん、もともとパワポに設定されているカラーでも問題はありませんが、どうしても普段から目にすることが多いので、パワポっぽさを感じる配色になってしまいます。
今回のテーマ「パワポっぽさを脱却する」ということですから、私がいつもやっている方法を紹介したいと思います!

■色を決めるのはめちゃくちゃ難しいということを自覚する

実際に私がおすすめする方法を紹介する前に、色を決めることの難しさについて話したいと思います。

フランスの国旗(イタリアでもルーマニアでもドイツでもチャドでもポーランドでもいいですが笑)で考えてみたいと思います。もし、使う色が白と黒だったら、パターンは2通りしかありません。素人でもプロでも2分の1の確率でまったく同じ配色になるでしょう。

画像10


しかし、そこに赤色が入ってきたらどうでしょうか。隣接する部分は同じ色にしないという条件でパターンは14種類に増えます。

画像11

ここにさらに青色が入ったら...?(数学詳しくないですが、久しぶりにやってみます笑)
2色のパターン...①
4C2×2=(4×3/2×1)×2=12通り
3色のパターン...②
4P3=4×3×2=24通り
①+②=36通りになります。

10色になると810通り、100色になると980100通りになります。
RGB(レッド・グリーン・ブルー)のカラーはそれぞれ256諧調(=16777216色)で表されますから、パソコンの画面上に表現できるフランス国旗のパターンはスマホの計算機では桁がぶっ壊れるくらいになります。(多分約50垓通り?)

人間が識別できる色は、画面上で表現できる数より少ないですし、ちょっと大げさに言いすぎましたが、フランス国旗という簡単な組み合わせでも、配色は無限なのですから、色の組み合わせを選ぶことは非常に難しいことがわかります。

もう素人が自分の力で”いい感じ”の配色を選ぶのは不可能といっていいでしょう。悲しいことですが、それが現実です。

じゃあどうすればいいのか、
それは「色は他人に選んでもらう」です。

■パワポっぽさを脱却する方法①

私もデザインは得意ではないので、色は他人に選んでもらってます。
他人に選んでもらうってどういうこと?というと、配色サイトを利用するのです!私は主に「Palettable」というサイトを使用しています!

このサイトは、画面に表示される色が「好き(Like)か嫌い(Dislike)か」で選んでいくと、おすすめの組み合わせが表示されるというサイトです!

から^

実際に5色選んでみたのがこちらです!私はオレンジと紺色の組み合わせが好きでよく使います。色を選び終わったら、右上のExportをクリックし、画像をダウンロードします。

カラー

ダウンロードした画像をパワポに貼り付け、右クリックからトリミングを選択します!

カラー2

細い帯状にトリミングします

カラー3

こんな感じになりました。これを…

カラー4

スライドの枠外に移動します。これで、準備完了です!

あとはもう簡単です。色を変えたい文字や図形の色をスポイト機能で枠外に移動した画像から抽出するだけです!

テンプレートのスライドマスター上に設置しておくと便利です。(スライドマスターについては、別途noteを書きたいと思います。)

■パワポっぽさを脱却する方法②

ただ、「Palettable」というサイトを使用する場合は、アルゴリズムが自動的に合う色を選んでくれるとはいえ、色彩感覚のない素人が色を選ぶということをしなければならないという問題点(?)があります。

となれば、もう最初から配色が決まっているサイトを参考にしましょう!

↑おすすめです!

■パワポっぽさを脱却する方法③

それでも、決まらないという人は、いいなと思ったデザインを写真に撮り、スポイトで直接色を抽出するという方法が間違いありません。(だったら最初に紹介しないさいよ笑)自分自身もよくこの方法を使います。やはりプロのデザイナーの配色は素晴らしいと感じさせられます。

画像12

図形塗りつぶしからスポイトを選択し、いいなと思ったデザインの色を抽出しましょう。抽出した色は最近使用した色のところにストックされるので、何度も使うことができます。

■パワポっぽさを脱却する方法④

外部のサイトに行ったり、画像を選ぶのがめんどくさいという人には、こちらの方法もありますよ!

図1

パワポのデザインタブのバリエーションというところから、色の配色を新たに選ぶことができます!

画像9

今回は配色から「赤みがかったオレンジ」を選んでみましたが、テーマの色が変わったのがわかりますのでしょうか?

このようにパワポにも配色のパターンがいくつか用意されていますので、よかったら試してみてください。

こちらのテーマでは、自分の好みの配色を登録できるということもできるので、お気に入りの組み合わせを登録してみるのもいいと思います。

私は、ユニバーサルカラーの配色をお気に入り登録してユニバーサルカラーで資料やパワポを作るときは使っています。

■まとめ

ポイント
①色を選ぶことは非常に難しいということを自覚する
②色選びは他人(サイトや写真)に任せる

このことを意識して脱パワポっぽさを目指しましょう!次第に色彩感覚が養われてきて、世界が魅力的に見えてくるはずです!


オンライン会議・オンライン授業での色の選び方については、こちらもぜひ参考にしてください!

それではまた来週!!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

PowerPointにちょっと一工夫するだけで、ぐっと魅力的になりますよね!

他の記事もおすすめです!
1336
PowerPointのあまり知られていない"すごさ"を伝えるnote。22才。普段は学校の先生してます。 お問い合わせ・作成依頼:TwitterのDMにお願いします!

こちらでもピックアップされています

パワポっぽさを脱却する
パワポっぽさを脱却する
  • 4本
コメント (1)
すごく勉強になりました。確かに、色を決めるの結構迷ったりします。他の方と同じパターンになるのもちょっと。。。という感じで。ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。