Portfolio

Portfolio

    マガジン

    • オランダ・起業家インタビュー

      オランダで起業したかたがたを定期的にインタビューしてご紹介しています。自薦他薦を問わずご興味のあるかたは、info@portfolio.nlまでご連絡ください。

    • ポートフォリオ・オランダ・ニュース

      オランダのニュースを日本語でお届けします

      • オランダ・起業家インタビュー

      • ポートフォリオ・オランダ・ニュース

    最近の記事

    オランダで理学療養士の資格を取りクリニックで働く平出さん

    日本の大学にてスポーツ医学・コーチングを学び、オランダの理学療法士養成校にて理学療法士の資格を取得。現在アムステルフェーンのクリニックで働くほか、サッカーチームのメディカルスタッフとしても活躍する平出康彦さんにお話を伺いました。 ● オランダにいらしたきっかけをお話いただけますか? 今から9年前の2010年に筑波大学の体育学部を卒業しました。筑波大学ではスポーツ医学を学び、サッカー部でトレーナーをやっていました。その後の就職を考えたのですが、窓口は狭く専門的な仕事をするに

      • ヨガと共感セッションを行う小倉雅子さん

        ライデンでヨガ教室と共感セッションを始めたという小倉雅子さんにお話をうかがいました。とくに「共感セッション」という馴染みが薄いコンテンツはどんなものなのか?について詳しく聞いてみました。 ヨガはいつから始められたのですか? 母がヨガを習っていたので、幼い頃から身近に感じていました。私自身が始めたのは、20代後半になってからです。ストレスなどからくる緊張型頭痛に悩まされたのがきっかけでした。ヨガを続けるなら、一から学びたいと思い、29歳のときに全米ヨガ・アライアンスというヨガ

        • 仏三ツ星レストランのソムリエを経て、オランダでレストラン開業

          ロッテルダムのブラーク駅に近いレストラン「アマローネ」(Amarone) は、黒を基調としたシックなフランス料理店。でも一歩中に入るとオランダらしい気さくな応対で迎えられるカジュアルな店です。この店の共同オーナーであるファン・ドベン・ヨシコさんにお話を伺いました。ヨシコさんは、ご主人のヤン・ファン・ドベンさんといっしょに2018年からこのミシュラン1つ星「アマローネ」のオーナーになりました。現在この店のシェフソムリエとしてワインの買い付けやワインリストの作成も担当しています。

          • オランダ・起業家インタビュー:女性3人でハーグにお惣菜店開店

            2019-05-24 ハーグに女性3人で切り盛りしている和食のお惣菜屋さん「Hachi」がオープンしたと聞き、さっそく訪ねてみました。市立美術館の近くの高級住宅地にあるショッピング通りにあるお店は、入り口に大きな提灯、明るくオープンで入りやすい雰囲気でした。広々とした店内にはお惣菜用のショーケース、料理をつくるオープンキッチン、そして居心地のいい木のテーブルと椅子が並べられており、テイクアウトだけでなくイートインも可能です。まず3人のうちのひとりでお店の経営と経理を担当する

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • オランダ・起業家インタビュー
            Portfolio
            ¥300
          • ポートフォリオ・オランダ・ニュース
            Portfolio

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            オランダで起業・理学療法士の桑原さん

            2018-02-26 オランダ起業の第2回目、今回はライデンで理学療法士として働いている桑原秀和さんにお話を伺いました。桑原さんは27歳、水瓶座、O型 まずオランダに来た経緯をおしえてください 4年前の2014年5月にオランダにやってきました。もともと海外にでていろんな人や文化に触れたいという思いがあったのと、日本の理学療法士の養成校にいた頃、理学療法士としてオランダで活躍された方にあった事がきっかけでオランダに来る事を決めました。そのときはとにかく理学療法士としてオラン

            オランダで起業・映像作家の小倉裕基さん

            2018-03-13 映像作家として監督・撮影・編集などひとりで行っている小倉裕基さんにアムステルフェーンにてインタビューしました。小倉さんはアムステルフェーン初体験だそうですが、イメージしていたロサンジェルスのリトル東京とはずいぶんと違ったようです。 オランダにいらっしゃった経緯を教えてください。 2011年から13年までロサンジェルスの学校で映像を学びました。その後日本で活動していたのですが、英語で仕事をしたいとずっと思っていました。たまたまオランダで就業ビザを取得し

            オランダ・リラックス・マッサージのもんたさん

            2018-03-22 アムステルフェーンでリラックス・マッサージのお店をやっていらっしゃる通称モンタさん(本名は尾関さん)にお話を伺いました。モンタさんは2015年の4月からオランダにお住まいです。 日本ではどのようなお仕事をしていらっしゃったのですか? オランダに来る前は、午前中は家業の紙器製造会社に勤務し、午後は往診専門の鍼灸指圧治療院、夜はリラクゼーションサロンで働くという忙しい生活を送っていました。26歳のときからリラクゼーションサロンに興味をもち働きだし、鍼灸学

            MONO JAPANの中條永味子さん

            2018-04-02 今回は「MONO JAPAN」で日本の「もの」をオランダに紹介している中條永味子さんにお話を伺いました。中條さんはJapan Cultural Exchange (JCE)を2015年に設立、日本そしてオランダの文化の発信を行っています。 今年で3回目になる「MONO JAPAN」に伺わせていただきましたが、増々盛況のようですね。日本にいてもあまり目にしない美しいものや、すぐれた品物がたくさん展示販売されていて楽しめました。オランダ人の来場者もすごく

            アレクサンダー・テクニーク教室を主催する椙本康世さん

            2018-04-12 今回は、アムステルダムで「アレクサンダー・テクニーク」教室を主催する椙本康世(すぎもとやすよ)さんに、この教室を開くことになった経緯をお聞きしました。 まずオランダでこの教室を始められた経緯についてお話してくださいますか? はい。アレクサンダー・テクニークについては後で詳しくご説明しますが、オランダに来たきっかけはこのテクニークについて習うためでした。 日本でも大学に勤めをしながら勉強をしていたのですが、どうも自分にしっくり来なく一旦止めていたのです。

            オランダの会社に勤務しながら子供のための科学教室サイネスを運営する福成洋さん

            2018-04-24 今回のインタビューは起業家というくくりにははまらないのですが、日本の会社を辞めてオランダの会社に知識労働者として就職し移住してきた福成洋(ふくなりひろし)さんです。週末にアムステルフェーンの公民館で子供向けの科学教室「SciNeth(サイネス)」を開催している福成さんの教室に潜入し、お話を伺いました。 まずオランダに移住しようと決めた理由を教えてください。 3つありまして、家族との時間を増やすためがひとつ。もうひとつは子供の国際的教育のため。最後に、

            オランダで子供のためのサイエンス教室を開催する福成海央さん

            2018-05-10 前回ご紹介した福成さんの奥様である海央さんにもインタビューしました。 現在はご主人と共同運営をされていますが、実はサイネスを始めたのは海央さんです。ワークショップのあとに、アムステルフェーンの公民館のカフェで3人のお子さん(2歳、4歳5歳、7歳)を遊ばせながらお話をしてくださいました。 サイネスを始めたきっかけを教えてください。 日本にいるときから、子育ての合間に児童館や学童クラブなどで子ども向けの科学教室を開いていました。子どもが生まれる前には、

            オランダで醤油づくり・起業家インタビュー

            2018-10-28 ロッテルダムで醤油づくりをしている会社があると聞き、製造所を訪ねてみました。よくある工場地帯の片隅にある倉庫のような建物にこの醤油工場はありました。創始者でオーナーであるトーマス・ウレーさんに、作業場を回りながら醤油づくりについて4時間にもわたり説明を聞きました。トマス(Tomasu)はトーマス(Thomas Uljee)さんの会社名。パートナーである農夫、パン職人、広報担当者と共同で経営しています。写真右側がトーマスさん、左は共同経営者のひとりである

            オランダで日本人ドライバーサービスの村上さん

            2018-02-09 オランダでドライバー業を始めた村上さんにお話をうかがいました。 今の仕事の内容について教えてください。 「日本人ドライバーサービス in オランダ」はオランダ在住、もしくはオランダを訪れる邦人の為の車を使ったサービスで、現地タクシーだと時間通りに来るのか?料金を多く請求されるのではないか?といった不安や言語の問題などを解消し、空港送迎はもちろん、プチ引越や出張や観光で訪れた際の移動など、早朝から深夜まで、ドイツ、フランス、ベルギーの一部を含め、オラ

            フリーランスの美容師としてオランダで起業した小野寧子さん

            ロッテルダムの美容室で「椅子を借りて」自営で美容業をしている小野寧子(やすこ)さんにお話を伺いました。 オランダにいらしたきっかけを教えてください。 オランダに来る前はロンドンで働いていました。ロンドンではワーキングホリデーという制度を利用して、2年間美容室で働きました。このビザは2年間有効だったのですが、これが切れる前に他の国で働く可能性を探していたところ、オランダで起業家ビザというのが取りやすいという話を聞きました。オランダにはその前にも旅行で来たことがあり、フレンドリ

            テレビ局勤務を退職しオランダに移住した鈴木さん

            テレビ局の記者という仕事を辞め、2016年9月にオランダに移住してきた鈴木さんにお話を伺いました。鈴木さんは現在、日本茶の輸入卸やワークショップ、日本語教師、補習校教諭などをやっていらっしゃいます。 オランダにいらしたきっかけを教えてください。 東日本大震災がひとつのきっかけでした。震災後、数年かけて日本社会の変化を意識して見ていたつもりですが、当時の自分の立場からまわりを見渡してみると、社会が分厚い利権や既得権益に覆われていることに暗い気持ちになりました。政治、産業ほか、

            発酵食品や麹の研究とワークショップを行う茉莉花Groenさん

            2018-07-16 茉莉花Groenさんはアムステルダムでオランダ人や日本人も含む外国人向けに、英語で発酵食品や麹のワークショップを開催しています。かなり専門的なものから素人でも楽しめるものまであり、発酵食品ファンにとっては珠玉の講座です。 今どのような研究とワークショップをおこなっているのでしょうか? ワークショップとしては、今の私が知り得る範囲での暮らしの発酵術、また日本の醸造産業の実態をお伝えさせて頂いています。具体的には味噌、醤油、酒、味醂、酢、塩蔵、乾物などの