見出し画像

公開と後悔

作品を公開する。

その瞬間、その作品は過去のものになる。

基本的には、公開した作品は、もう手直しできなくなる。

何かの機会に、細部を手直しする、ということはあるが、その作品を作るときに使った根幹の技術を、その後に開発した新しい技術に置き換えることはできない。

作品を公開した後に、気づかなかった手法に気づき、使えなかった技術を知る。

そして、後悔する。

しまった、あれは、ああしなければいけなかった。

あのパラメータを訂正し忘れていた。

後の祭りである。

気づいた手法や、使えなかった技術は、次の作品で使うしかない。

気づいた手法や、使えなかった技術を使わなかった作品は、その時の最高のものであり、その時の僕は、生きてきて以来、最高の頂点にいたのだ。

そう思って自分自身を慰めるしかない。

そして、気づいた手法や、使えなかった技術は、次の作品に活かすしかない。

そうやって、作品は、少しずつ向上してゆき、自分自身も成長してゆく。

発表した作品は、自分の成長の足跡となる。

そういうものだ。

そうして、作品を作ることによって、自分の成長が促される。

悔しい思いがあるから、成長できる。

次は絶対に良い作品を作ろう、と思うから、成長できる。

作品を作ることは、自分自身を成長させることでもあるから、死ぬまで作品を発表し続けることで、死ぬまで成長できるかもしれない、と思う。

できるのか?。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
3
Houdiniでお絵描きしています。 http://www.studiosampo.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。