見出し画像

Character

Houdini で、キャラクターのモデリングをしていて思ったこと。

いま作っているものは、リアルではなく、しかしリアルな肉体の特徴を見せる、をコンセプトにしている。

このまま作ってゆけば、それなりのものができるだろう。

そうじゃなくて、棒人間にしたらどうだろう。

と、今朝、そんなことを思った。

胴も腕も足も、棒。

それでいいんじゃないか?。

キャラクターって、やはり難しい。

キャラクターは、ひとつの作品の中にとどまるものではない。

キャラクター自体が、大きな存在になる。

手塚治虫の多くの作品の中に、アセチレンランプや、ヒゲオヤジが、何度もなんども登場したようなものだ。

観る側から言えば、そのキャラクターが登場するだけで、そのシーンの意味がわかる。

作り手側から言えば、そのキャラクターを登場させることで、そのシーンの意味を表現する。

それくらい重要なものだ。

機動戦士ガンダムで言えば、シャアが登場するシーンでは、大人の狡猾さだとか、コンプレックスだとかが表現されるのだろう、と思う。

僕がそんなすごいキャラクターを作ることはできないだろうと思うが、そういうことを考えてしまう。

なので、逆に、棒人間であれば、それが僕の個性になるかもしれない、などと思ったりした。

ある意味、逃避だ。

スクリーンショット 2019-10-26 11.10.20


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。