見出し画像

大空を飛んでいるつもりだった

社会の価値観なんて関係ない。いい会社とか、役職とか、興味がわかない…。わたしは、みんなの価値観には関係ない。好きなことをして生きる。

社会人を始めて4,5年経ったころのこと。

「いい学校をでたら、立派に働かなきゃいけないんだ」という理性に縛られていたことに気づき、もうこれからはこころに従おうと思って、転職先も見つかってなかったけど会社をやめた。

好きじゃないOL風の服に身ををつつみ、息苦しい電車に乗って、好きじゃない上司に愛想笑いをしていた毎日から解放された。

転職先が見つかっていないことは怖くなかった。だって、もう社会の枠組みで生きるつもりはなかったから。

当時、好きだったひとがオランダに住んでいたこともあって、いつ好きなひとができても、好きなところにすぐ行けるように、どこでもできる仕事がしたいな。そう思って、ウェブライターとしてアルバイトをはじめた。

はじめてみたら、結構上司に褒められることも多くて、じつは小さいころから書くことが好きだったことを思い出した。楽しかった。働くのは週3くらいでいいと思ってたから、それくらいのペースで働いた。

そのうち、アルバイトもやめてフリーライターになった。取引先もうまく見つかったし、なかなか楽しかった。有名な雑誌で書かせてもらうこともあって、夢かと思った。

ひとから話をきくこと、上手にまとめること、書いた記事が面白いって言われることはすごく嬉しかった。

でも、いつも締め切りに追われているのはいやだったから、固定の収入もほしくて、片手間にスタートアップでバイトを始めた。創業当初にジョインしたので使い勝手がよかったみたいで、いつの間にか会社に飲み込まれて、最終的には社員のように働いた。

そこには結局4年ちょっといた。

ライターの仕事も続けさせてくれたし、海外から働きたいといえば、それもさせてくれたし、融通がきくから「最高の会社に出会った!」と思っていた。

もちろん、自分も環境も変わるから、「最高の場所」も最高じゃなくなることだってある。

この会社もそうだった。でも「最高の場所」だと思い続けていたから、思っていたかったから、もう自分に合わなくなっても辞められなくなっていた。

本当は、苦しい。手放さないと。って、1年前から思っていたのに。

年齢も考えると、そこそこいい給料をくれて、自分の好きな仕事も続けさせてくれる会社なんて、ほかにないと思っていた。でも、その会社に残っているのは「恐れ」からの選択でしかなかった。

安定した収入がないといけないから。ひとりで生計をたてないと、いけないから。

あるとき、上司との面談中にぶわっと泣き始めてしまった。幸い面談がオンラインだったから、泣いているときはうまくマイクをミュートにしたりごまかせたのは、ちょっと現代っぽくて笑える。とにかく、もうこの会社にいるのは限界…って抑え込んでいた思いが吹き出した。

それでこの5月末には、やめることにした。

灰色で、冷たくて、固くて、すこしドロっとした会社に、社会に、もういちど飲み込まれる寸前だった。

自由な働き方ができて、海外からも仕事ができて、オフィス出社も好きなときだけでよくて、わたしは「会社員」という枠からはずれた自由な働き方をしている。以前の働きかたに比べれば、ずいぶんと解放されていた。

だからわたしは自由だと思っていた。自由に空を飛んでいたつもりだったけど、本当は鳥かごがすこし大きくなっただけで、まだ鳥かごのなかでバタバタしていたんだ。

何回も何回も失敗してきたけど、そのおかげで、もっともっと自由になるためのたいせつな方法がやっとわかった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
自分にやさしく生きること。毎日試しながら暮らしています。ライターやダンスをしています。 元スタートアップPR。

こちらでもピックアップされています

お気に入りの人生をさがして
お気に入りの人生をさがして
  • 8本

社会の価値観とか、年齢とかにとらわれずに、自分らしく生きたい。だけど、不器用だからいつも遠回り。たくさん考えて、迷って、間違って、今日も手探りで生きています。 でも、自分で作ってきた人生だから、わたしの人生は結構お気に入り。そんなわたしの頭のなかをシェアしてみます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。