見出し画像

整体を受けるように演技レッスンを受ける

忍翔 OSHOW

…ような世の中になればいいなあと思ってます。

でも実際演技の個人レッスンって、俳優さんでも受けてる人いないんじゃないかな?
というのも、演技レッスンってどこか曖昧なところがあるから。

歌のレッスンだと「この音が出るようになった!」とか、ダンスのレッスンだと「このステップが出来るようになった!」とか、到達点がわかりやすい。
でも演技の場合、初心者でもシェイクスピアを演じようと思えば出来ちゃうし、「演技が上手いとはこういうことだ!」という明確な基準がない。

じゃあやる必要ないかと言われれば、もちろんそんなことはない。
やる前に前提が必要なのだ。それは「課題の明確化」である。

どんな表現がしたいのか。
どんな演技がしたいのか。
どんな俳優になりたいのか。
そしてそれに足りないのは何なのか。
教科書的な基準がないからこそ、自分の中で明確でないと、何を成長させていいかわからない。演技レッスンを受けようにも指針がないのだ。

…とはいえ、それを自分で知ることも大変な作業だと思う。整体に行く前のように「痛いのはここだ!」とはっきりわかるわけではないからだ。
だから僕は提供する演技レッスンの種類に、課題を明確にするための体験レッスンを設けることにした。
そこで見つかった課題に応じて、アドバンスレッスンを決めればいい(もちろん課題が既に明確なら、ここからスタートでも良いが)

以下に僕が提供出来るレッスンを並べてみた。
俳優として、表現者として、更なる高みを目指したい人はご連絡ください。
※いずれのレッスンも一人、もしくは二人で受講することが可能です。いずれの場合も料金は変わりません。

連絡先

お問い合わせフォームから、必要事項の他に「対面orオンライン」「希望レッスン」「希望日時(3候補ほど)」明記してご連絡ください。

まずはここから!

体験レッスン 〜課題を明確にする〜

■内容
一人の場合は短いモノローグ、二人の場合は短いダイアローグを演じてもらい、演技における課題を明確にします。演技に対するフィードバック、アドバイス、今後のレッスンの提案までをさせて頂きます。
モノローグやダイアローグは持参しても構いませんし、こちらで用意することも出来ます。
■場所
都内スタジオもしくはオンライン
■時間
45分 6000円

課題が見つかったらアドバンスへ!

A. 戯曲分析&シーンワーク

■内容
戯曲を正しく分析し、その内容を自身の演技に反映させることが出来るようにしていきます。世界標準の演技基礎であるスタニスラフスキーシステムに基づき、目的に向かって行動していく演技を育みます。
戯曲は希望があれば持参しても構いませんし、こちらで受講者に合ったものを用意することも出来ます。
■場所
都内スタジオもしくはオンライン
■時間
60分 10000円(29歳以下は8000円)

B. 自由で豊かな身体

■内容
俳優として様々なキャラクターを演じられるような自由で豊かな身体を獲得することを目指します。ラバンエフォート、ルコックシステム、マイケル・チェーホフテクニックなど、俳優の身体訓練として世界的に行われているトレーニングを行います。
■場所
都内スタジオもしくはオンライン
■時間
60分 10000円(29歳以下は8000円)

C. キャラクターマスク

■内容
キャラクターマスク(トランスマスク)を通して、演じられるキャラクターのストックを増やします。トランスマスクは「役になりきる」「憑依する」体感が得られるトレーニングでもあり、より真実味のある役を生きることにも役立ちます。
■場所
都内スタジオもしくはオンライン
■時間
60分 10000円(29歳以下は8000円)

D. 感情解放

■内容
恐れを感じている身体の部位を緩めることで、感情を出しやすい身体にしていきます。トラウマや過去の記憶を使うような危険で消耗的なことはしません。身体からのアプローチなので再現性が高く、安全です。
■場所
都内スタジオもしくはオンライン
■時間
60分 10000円(29歳以下は8000円)

E. 相手との交流(二人参加限定)

■内容
インプロやマイズナーテクニックを用いて、目の前の相手に一瞬一瞬反応し、交流する力を育みます。このレッスンは二人での参加限定です。
■場所
都内スタジオもしくはオンライン
■時間
60分 10000円(29歳以下は8000円)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!