見出し画像

RSGTの歩き方?RSGT2024参加レポート

思いきって「歩き方」とタイトルを付ける

なぜ「歩き方」などと大それたタイトルを付けたのか?

  • 去年自分が初参加するにあたり、諸先輩方の「歩き方」エントリーをかなり参考にさせていただいたことで良い体験を積み重ねられているので、オマージュからの恩送りをしたい

    • 直前に「どう過ごしたらいいのかな?」と思っている人の背中を少しでも押せる情報を書き残してみたい

  • 社内から来年一緒に参加できる人が増えたら嬉しいので、RSGTのことをまだよく知らない人向けの情報をまとめておきたい

    • 社内のLT会『スタンバイ・カンファレンス』で参加報告する際の資料として使いたい

  • 自身まだ2回目、かつ2024年のレポートという「フレッシュめ」観点からの所感を世の中に投げ置いてみたい

なお、自分が大いに参考にさせていただいた(今回も読み返してから行った)先輩方の「歩き方」エントリーはこちら。👇

【前半】は1回目の方向けのこんなイベントです情報
【後半】は2回目でこんな動きをできました日記
だいたいそんなハイブリッド構成で書いてみます。
では、本題に入ります!


はじめに(ざっと総括)

3日間過ごした結果、用意されてたビンゴカードが、ほとんど開きました!

テーブルに置いてあったビンゴカード、23/25マス開いた

1本通った時点で受付に「賞品もらえますか?」と行ったら、5本通ったら賞品もらえるレギュレーションでしたとさ・・・恥ずかしー。Welcome Note → Sponsor Talk / Keynote Preparation あたりをちゃんと聴いてなかったバチが当たりました(苦笑)。運営の方すみません。
・・とはいえ、このビンゴカードがあったことで、行動をふりかえる材料がになりました!

私的今年のトピックスを先に出してみます。

  • 今年はセッション聴講だけでなく、廊下でじっくり話すことができた

    • 去年はセッションを順に聴くことしかできなかったので、今年は廊下でお会いした方との会話を優先しようと決めてました。結果、深い話ができた気がします。

    • なかには、知人が発表後したので讃えに行ったら、質問に来られる方がいたりして・・そのまま隣で質疑応答に参加させてもらってたら、より深い理解と学びに繫がったりもしました。

  • こんかい初対面の方と連日飲んだ→これからも親しく情報交換できそう

    • (後述する Day0 のおかげさまです)

  • OSTにテーマを出して主催にTRYした

    • むかし研修でご一緒した方に「顔を見て」ご参加いただき、またこの続きを話しましょうと約束。友を引き寄せる効果もありました!

    • 初対面の参加者の方と後でお弁当をご一緒したら、会社の仲間の方々が集まって来て、その皆さんともお話しできました。

てな感じで、なんか「こなれた」風に見えるかもしれませんが、2回目でもこれくらい踏み込めて、楽しめる、そんな場だと言うこともできます。

イベントの概観

参加したことがない人、これから参加する人向けに、RSGTというイベント全体がどんなものかを、ざっくり体感も添えてお伝えできればと思います。

セッションの内容は公式情報で見れるので、ここでは、どんな参加者が来場していて、どんな場が提供されているか?について書きたいと思います。

参加者

参加対象者
‣ スクラム導入を検討中または導入中の企業
 ‣ 経営者
 ‣ マネージャー
 ‣ 開発実務者
‣ スクラム導入支援者

Regional SCRUM GATHERING®︎ Tokyo 2024 趣意書

イベントの趣意書では「参加対象者」が上記のように書かれています。が、じっさい現地でお目にかかった方を自分なりにカテゴライズして書くと・・(あ、前提を言うと、全然ソフトウェア関係者に限らないです!)

  • エンジニア、デザイナー、QA

  • プロダクトマネージャー、プロダクトオーナー、プランナー

  • スクラムマスター、社内のアジャイル推進役 ※自分はイマココ

  • エンジニアリングマネージャー、VPoE

  • アジャイルコーチ、トレーナー、コンサルタント

    • アジャイルコーチだけじゃなくアジャイル導入企業にコーチングやトレーニングを提供してる系の方もいることを今回知りました。やはり少なからず「営業の場」なのでしょうね。

スクラムをしっかりやってる人たちばかりか?
こんな質問を社内メンバーから受けましたが・・
スクラムやってる人が大半ですかね?くらいな感じです(客観的データがあれば調べられておらず恐縮ですが、よければ教えてください)。
Day0 がらみでお話しした今回初めて来た方に聞くと「まだやっていない」「今はやれてない」という人も多かったですし、認定研修や勉強会まわりで知り合った方は、やはりスクラム経験者が多いんですが、そんな人の中にも「最近はスクラムやれてないんです」という人もそこそこいたりします。

いずれにせよ、熱量は高め
スクラムをやってる/やっていないに関わらず、参加者の熱量は高めです。
まずもって、チケット代が決してお安くありません。

RSGT 2024 の チケット価格(ONLINE-ONLY, STUDENT)
RSGT 2024 の チケット価格(STANDARD)※12月販売も同額

(去年は自分もそうでしたが)自分の財布で来てる方、会社に負担を認めてもらって来てる方、スポンサーされてる組織の方と、いずれにせよスクラムやアジャイルに強い関心と思いを持っている方が大半だと思われます。

また、アジャイル開発ということで「自己組織化」や「自己管理型」といったスタンスもインストール済みなので、参加者自身が場にコンテンツを創り出して能動的に学び・楽しんでいくムーブを随所に見れたりします。
私は、そのあたりを目にするだけでも、この1年間ポジティブに生きる刺激をもらって帰ってこれています。

なお、来年(2024)は現地会場チケットの料金を上げる検討がされています。次に書く「会場」についても変わるかもしれませんので、あくまで2023の情報としてご参考ください!

会場(現地 & Discord)

day1, day2 の二日間のセッションは、5つのトラック+コーチズクリニックの計6本が並走するかたちになっていて、現地会場も物理的に6つの会場に分かれて進みます。
両日とも朝イチのキーノートセッションは、メイン会場以外を、日本語の同時通訳付きで映像をみれるサテライト会場となります。
(オンラインでも通訳有り無しを選択視聴できるようにしてくれてて、有り難いです)

【ここにソラシティの公式サイトからレイアウト図を引用して、描き足す予定です】

day3 はそれまで2つに分けていた会場の仕切りを無くした巨大なメインホールでOST(オープンスペーステクノロジー)とクロージング・キーノートが開催され、OSTの時間は並行して3つのワークショップが開催されます。

以降は、私的な参加記録に移っていきます!

Day0(開催前日)

Day0 で恒例になっている👆「知り合いを増やしてRSGTを最高に楽しむための会」は、何年目の方にも参加をお薦めします!
(後でもう少し添えます)

で、自分はぐっすり寝つけなかったのです。
緊張していたのでしょうか?遠足の前のアレだったのでしょうか。

会場の御茶ノ水ソラシティ

Day1

顔見知りの運営スタッフが増えた

スタッフの皆さんは膨大な量の会釈や挨拶を繰り返してて、首がちぎれそうなくらい振ってるんだろうな!とあらためて思いました。

RSGTはスポンサーセッションの内容が全然宣伝じゃなく、めちゃ学びになる渾身のコンテンツで勝負感があるのですが、やはり今年もそうだったようです。
そのうちの1つですが、「アジャイルかるた作成ワークショップ」に序盤だけ参加させていただきました。

成果物が壁に掲示されていたので写真とりました。

当日のワークショップでできた「アジャイルかるた」

会社の会議で抜ける

これは極力やらないで、RSGTに「集中」したほうが結果的に生産性が高くなると信じているが、今回は自分が仕掛けた社内ムーブの流れの大事なMTGがあったので、近所のビックエコーのテレワークプランを初めて使った。

廊下でめっこり会話 - その1

フォトブースで宣材写真をとってもらった

Day2

Zuzi にサインをもらうために勇気をもって話しかけた

【書き足します】

廊下でめっこり会話 - その2

【書き足します】

廊下でめっこり会話 - その3

【書き足します】

Day3

workshopエントリー忘れ…気を取り直して腹ごしらえ

前回参加して day3 は「お弁当が軽め」だったのと、ずっと歩き回るであろう OST をイメージして自宅での軽い朝食にプラス、着いてからの腹ごしらえに切り替え、静かにバズっていた「モニやんま」を初キメて満足。w

OSTでお題を出す

OSTにテーマを出して主催を try できた。
(ワークショップも申し込み忘れたことだし)どうせ参加するならテーマ出してみよう!という軽い気持ちで TRY した。
去年のRSGTのOSTで、テーマを出す人が殺到することが分かっていたので、「どうせ出すなら早めに!」と速攻書いてから並んだので、最初から10人くらいでマーケットプレイスで告知することができた。
これは2年目の利だ。

ただし、速攻すぎて詰めが甘かった反省点もあった。
「トレーニング・ワークショップについて話したい」
というテーマを出したが、より的確には「スクラムマスターやアジャイルコーチとして向き合っているチームに対して提供するトレーニングについて」と添えるべきだった。
要は、「誰」を対象にしたどんなトレーニングについての話かのスコープを明確にしておくべきだったと・・マーケットプレイスでプレゼンし終わったあと数秒で気付いたものの、後の祭りだった。

というのも、参加者のそこそこ大勢を占める人は「トレーニング」と言うと『認定スクラムマスター』の類の研修をイメージする人もいるからだ。
自分は認定研修系について語れるような立ち位置では一切ないのだが、私のことを知らない人からすると大いなる誤解の種だったかもしれず、じっさい来てくださった方のなかにも、そのあたりの(認定研修系の)話だと思って集まってくださった方もいらっしゃったようで、期待値に応えられてず本当に恐縮した。

言葉が足りておらず申し訳ありませんでした!

その他、OSTの主催での記録は次のとおり。

ふと見ると私のテーマの上に重ね貼りしていただいたテーマがあったが、時既にカオスな状態になっていたので、とりあえずセッション時間に現地に行ってから、最初にお互いのテーマの背景やねらいをその場で出し合って「どうやら別に進めたほうがよい話っぽいですよね」と確認。テーブルを共用しつつも対角に二分して同時並行で話すことにした。

  • いくつか問いを立てていった。

    • チームにワークショップ型のトレーニングをやって良かったことは?

    • ワークショップ型のトレーニングで苦労していることは?

    • これからやりたいワークショップ型トレーニングは?

      • 社内のスクラムマスター仲間のスキルアップと意向上げをしたい

結果・感想【書き足します】

スクラムとは?

界隈では有名なカケハシ者のVPoE・ゆのんさんが廊下の壁に貼ってあった「スクラムとは?」の模造紙を眺めていたのを見つけたので、
やにわに「あなたにとってスクラムとは?」と一声かけてみた。
さらに自分から第一印象で思いついた「いち手法です」と回答例を発したら「自分もそう答えるかも」と賛同をもらう。心の中で「やっぱそうだよね」的な手応えを感じて、サムアップ&ショートな会話をして戻った。

クロージング・キーノート

今年のクロージング・キーノートはなんとあの「狩野モデル」の狩野先生。狩野モデル?と思った方でも「当たり前品質」と「魅力品質」という言葉は馴染みがあるかもしれない。

  • ツカミは「狩野モデルの狩野というとアメリカに渡って活躍した故人と思ってる人も多いと思うが、実は生きて実在します」的な爆笑からでした

  • さていさん、飯田さんと並んで座って左右の反応を楽しむ。

  • 思い出話を語るお爺さんのようにも見えるが、実はめちゃくちゃ記憶に残る実話エピソードの強さたるや!

【書き足します】

廊下での会話

廊下というよりは、「緑の木」のコーヒーをいただきに寄ったときに、ワークショップデザインを学びに行った話を聞かれて周辺の話をする。

抹茶カフェでお茶?

クロージングキーノートを聴いて、恒例の集合写真を撮ったあと、その場に残って今回既知になった人の顔が見えたら自然に寄っていく。
2 pizza をちょっと超えそうな集団ができた後、「じゃあお茶しますか」という流れも超自然。
そして絶対自分じゃ出せない選択肢の「和カフェ」へと坂を下っていった。

  • 和カフェで心配をよそに「抹茶ビール」があり頼んだら、分かれたもう一つのテーブルの全員がそれを頼んでいた件

  • 出社をいついつと規定するのとかは「子ども扱い」の局地だという件

下の中華!

和カフェから出たのは日没直前の午後5時の少し前、ソラシティの下まで戻って(帰らないといけない人を見届けたあと)、そういえばと「下の中華」を覗いたら、6人なら奧の部屋が空いてますという朗報。
kyon_mm さんと話し込んでいる人たちを横目に眺めつつ、そこでは次第に普段の仕事にまつわる話しへ。
EQの概要を教えてもらったり、放射線治療について目から鱗の話だったり、スクラ開発とは直接関係しなくても、人として面白い話が聞けた。

北海道系居酒屋

開発してるサービスの紹介

結果・感想【書き足します】

むすびに

ネームカードが変化して、最終形はこんな感じのカスタムに終着しました。

【書き足します】

Artifacts:ネームカードとビンゴカードの最終形