ピントン(アルゼンチンタンゴダンサー)

恵比寿にてアルゼンチンタンゴ専門スタジオを開いています。岡山県出身だが、10代前半までを関西で過ごしたため怪しい関西弁も時々出る。気がつけばタンゴ歴28年となった。恵比寿の高田純二を目指しているが、軽薄さが足りないため修行中。趣味は路地をあるくこと。
固定された記事

アルゼンチンタンゴ体験クラス(10月-11月)

=アルゼンチンタンゴ専門スタジオ《ラ•バルドッサ》タンゴ体験クラス= アルゼンチンタンゴを全く初めて踊る方のための体験クラスです。 10月は下記日程で開催します。内…

踊りのためのタンゴ音楽

アルゼンチンタンゴダンスで用いいる音楽には、おおざっぱに言うと3種類のタイプのリズムがある。 ①いわゆるタンゴ(Tango) ②タンゴの母体となったと言われるミロンガ(M…

タンゴという山登り

アルゼンチンタンゴダンスは山登りのようだ👣。 遠くの魅力あるその山⛰に近づきたくて山麓から登ってゆく。 知らない山だから、ガイドに付き添ってもらいながら登ること…

首の差で

タンゴの曲に"Por Una Cabeza"という曲がある。 タンゴの大歌手Carlos Gardelの歌う名曲だ。 『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』(原題: Scent of a Woman)という映画…

正しいタンゴを踊るな

『正しいタンゴを踊るな』 このワードが言いたくて、この題名を書いてから、中身を書き始めた。 ところが、ところがですよ、 これがなかなかと説明しにくい。 自分自身…

アルゼンチンタンゴの教科書

GoToキャンペーンでトラベルならぬトラブルになっている日本です。 どうせやるなら、GoTo Tangoにして欲しいものです。 いやいや、いまは不特定多数の人はTangoに来ないで…