マガジンのカバー画像

いや、ほんと音楽が好き。

20
ピエール中野が監修のアーティストが「音楽」をテーマに語る、全記事無料のマガジンです。ピエール中野・ピヤホンと縁があるアーティストのお話を更新していきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

雑談時の相手の息遣いも音楽表現に取り入れる。堀江晶太が楽曲制作前の対話にこだわる…

PENGUIN RESEARCHのベーシストであり、ボカロP・kemuでもある堀江晶太さん。作編曲家としてLiS…

「探さないと聴こえないくらいの音が実は一番重要」サウンドエンジニアが教える、音楽…

楽曲の音の調整を手がけるサウンドエンジニア。音源やライブ映像のリリースには欠かせない存在…

「音楽だけに集中できる環境に感謝しています」345が語る、凛として時雨が20年以上続…

本マガジン『いや、ほんと音楽が好き』を監修するピエール中野が所属するバンド、凛として時雨…

「SNSは満遍なく使いこなす時代」ヤバT こやまたくやが語る、広く作品を届ける技

今や音楽フェスに欠かせない存在となり多数のタイアップ楽曲でもお馴染みの大人気バンド、ヤバ…

イヤモニメーカーの担当者が語る、音楽体験と聴覚保護を両立する方法

ミュージシャンがライブ中に演奏の音を拾うために耳につけている、インイヤーモニターシステム…

漫画家・桂正和が語るオーディオ愛と創作。AIの時代に、クリエイターはどう生きるか?

『ウイングマン』『電影少女』『I”s』『ZETMAN』など、各年代でヒット作を生み続けている漫画…

「音楽は物語を追い抜いてはいけない」岩崎太整の考える、ベストな劇伴の在り方

作曲家の岩崎太整さんは映画『モテキ』や『竜とそばかすの姫』、Netflix『First Love 初恋』など数多くの映像音楽を手がけてきた。   日本アカデミー賞 最優秀音楽賞を受賞の経験も持つ彼は、どのように映像音楽を作っているのだろうか。映像への向き合い方や音作りにおける作品解釈、視聴環境の音質に対しての考えを伺った。 <文:伊藤美咲 / 編集:小沢あや(ピース株式会社)> 自然と辿り着いた作曲家の道作曲家として活躍する岩崎さんが音楽活動を始めたのは、20歳の頃のこと。

大沢伸一が語るコラボ相手から受けた刺激、注目の若手との交遊

大沢伸一さんを迎え、音楽制作についてのみならず、現代社会を生きる上で考えていることを伺う…

大沢伸一が「音楽に興味がないなら無理に聴かないで」と語る理由

大沢伸一さんはソロアーティスト、DJ、またMONDO GROSSOの主宰として活動している。CM曲などの…

「長年聴かれ続ける楽曲」をどう作る?BOOM BOOM SATELLITES 中…

BOOM BOOM SATELLITES、THE SPELLBOUNDのメンバーであり、アーティストへの楽曲提供も手がける…

「何にでもなれるわけじゃない」緒方恵美が「その瞬間生まれる声」に込めるもの

『幽☆遊☆白書』蔵馬役、『新世紀エヴァンゲリオン』碇シンジ役、『美少女戦士セーラームーン…

水曜日のカンパネラ・ケンモチヒデフミが語る、良い音・良い曲の作り方

水曜日のカンパネラでほとんどの楽曲を手がけるトラックメイカーであり、さまざまなアーティス…

「クリエイターに喜んでもらうことが一番の喜び」凛として時雨・ピエール中野が振り返…

「音楽」をテーマに繋がる場所を作りたい、という想いで本マガジン「いや、ほんと音楽が好き。…

声優として、歌手として。花澤香菜の、声と言葉へのこだわり

唯一無二の澄んだ声を特徴とし、様々なキャラクターを演じる声優・花澤香菜さん。歌手としても6つのフルアルバムをリリースし、その活動が広く注目されている。   声優として、歌手として、花澤さんはどのようなことを意識して作品づくりをしているのだろうか。キャラソンと自分名義の音楽の違いや、複数の言語で歌うことで生まれるもの、歌詞へのこだわりなどについて聞いた。   <取材・編集 小沢あや(ピース株式会社)/構成 山田宗太朗>   声優としてのこだわりは、自分の声を活かして芝居するこ