見出し画像

色の好みと性格の関係

[目次]
○性格とは?
○性格と色は結びつく
-----(ここまで無料で読めます)------------------
○なぜ色と性格は結びつくのか?
○「暖色」「寒色」「中性色」「無彩色」の性格傾向
○性格を簡単に知る「心理イメージワード(性格を象徴する3つの色彩性格ワード)」の秘密

○性格とは?

そもそも「性格」とは何なのでしょう? 性格を研究している心理学者はたくさんいるのですが、研究者の数だけ定義があると言われるほど、少々ややこしいものなのです。人の内面にあって人を動かしているものという研究者もいますし、行動から分類される外的な要因という研究者もいます。

誤解を恐れず「性格」を簡単に言ってしまえば、人の特徴を表すものといえます。その人独自の思考傾向や行動傾向のことと言え流でしょう。背が高い低いといった身体的な特徴ではありません。「どんな考えを持っているのか」「どんな行動をよくするのか」といった内面のことをいいます。その人特有の思考パターン、行動パターンと言えるかもしれません。そしてこの性格は色の好みと実に密接に関係していています。

○性格は色の好みと結びつく

人には好きな色があり、つい同じ色の服を買ってしまったり、同じ色の雑貨を揃えてしまいます。なんとなく選んでいると思いますが、実はこの行動には意味があるのです。人は心の中の状態、思考回路によって、特定の色を求めます。「色の好み」と「性格」には密接な関係があるのです。好きな色を聞けば、それだけでどんな性格かがだいたいわかってしまいます。

また時間と共に色の好みが変わることがあります。好みが変わったということは、性格が変化したとも言えます。小さいところではその日の気分によって色を求める感情が変化します。色の好みは感情を含めた、その人の性格を写す「鏡」だといえるのです。

ポーポー・ポロダクションでは本書は世界の研究者による色と性格のデータにポーポー・ポロダクションが収集した数百の人のデータを加えてまとめています。「色と性格の関係」を知る心理学研究者としては間違いなく日本でもっとも多い知見を有しているといえると思います。実際にSNS上で好きな色から性格分析を約90人にしたところ約9割の人から「とても当たって驚いている」「言われてみると自分の内面にはそうした性格が強くある」という評価をいただきました。

その研究成果は書籍「色と性格の心理学」(日本文芸社)にまとめています。全体的な概要を知っていただくためには本書を一度読んでいただくことをお勧めいたします。また書籍に載せきれなかった情報も含めてnote内「色と性格マガジン」でも紹介しています。ここでは希少で誰もが知り得ない有益な情報が含まれているために、有料コンテンツになっています。決してネットでは載っていない、ポーポーが「色と性格マガジン」のみで公開しているものです。

この続きをみるには

この続き:1,701文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
各色単体で購入していただくよりもマガジンはお得です。各色の原稿は随時、最新のものに更新することがあります。新しい原稿が増えることもあります。

色の好みと性格の関係を詳しくまとめています。好みの色を知ることで、自分の性格が詳しくわかります。自分が気づかない心の奥がまるわかり。色...

または、記事単体で購入する

色の好みと性格の関係

ポーポー・ポロダクション

390円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援していただいてありがとうございます。 みなさまからいただいたサポートは研究やコンテンツ開発に活かしていきたいと思います。

恐縮です
4
心理学研究者/心理学をビジネスで活用する心理コンサルティング/代表書籍「マンガでわかる行動経済学」(6刷)「マンガでわかる心理学」(14刷/si新書累計1位)など累計21冊、著書累計142万部。新刊「色と性格の心理学」(4刷)  http://www.paw-p.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。