視覚に囁く『小ご絵』

347

残された重荷の4日間。

 世の小中高大専門学校、幼稚園と保育園、学童保育までどどーんと夏休み。  大人になっちゃ…

仕事というものは。

 仕事は生活の糧か。  人として生まれた者の天命か。  そして社会の、なるべくして組み込…

「家でじっとしてなさい」

 4連休、そうは言われても、守れなかったのは子どもばかりじゃないようで。  気持ちはわか…

手のひらに太陽を。

 すぐそこに土用の丑の日。でもさ、自宅仕事が続くと猛暑に体力やられないんだよね。精をつけ…

ぶつけようのない悔恨。

 負けて泣くなら諦めもつくだろうが、出られず流れる涙は、ぶつけようもなければ踏み石にさえ…

自分の原点について考えたことってある?

 夏休み。  「若い頃は、毎朝通ったもんじゃ」とじいちゃんが言う。  懐かしさに細めた目…

我慢三重奏の祝日。

 石の上にも3年と言うけれど、石に敷かれたような年月を3年も過ごしてしまうと、人間が変わ…

今夏こそ。

ふるさと離れた人たちは、今年の夏こそ晩夏であっても帰りたい。

人はひとつじゃない。

 どれにしようかな、神様の言うとおり!    現実は自由意志とは裏腹に、予期せぬ自分が現れ…

憧れの地球航路。

 ウシ、ブタ、ヤギ。地上の哺乳類家畜はおよそ50億頭。ニワトリ250億羽。  野生種との比率は…