ボーダレスに生きるための場づくり®

10

次の扉を開く! 「100%わたしの責任」という捉え方

責任という言葉は、ときに重く響く。「責任を取る」とか「責任を追及される」とか、嫌な話感がすごい。ただ、そんな風に責任を偏って狭くとらえてしまうと、場は本来の輝きを発揮できない。 「責任者」はだれだ? 公園に空き缶が落ちていた。近くに空き缶入れがあるのにもかかわらず、地面に捨てられ…

場づくりと常識の壁

場づくりをしていると、しばしば「常識の壁」に突き当たる。 「こんな場をつくったら、変に思われるかな?」 「この場の価値を説明しても、きっと分かってもらえない…」 このような疑念は、コンセプトが新しいと起こりがちだ。 「家庭の主婦が夜中まで会議するなんておかしいのでは?」 「まず一人…

ボーダレスに生きるための場づくり

ワークライフバランスという概念がある。「仕事と家庭の両立をしましょう」という考え方で、職場と家庭を往復するような生活をする人が想定されている。それが「スタンダードなライフスタイル」という設定だ。しかし、だれもが職場と家庭を往復して生きているわけではない。僕自身もそうだ。 僕は、一…

その活動は幸福につながっていますか?

この活動は、幸福にどう貢献できるのか? これは、「場づくり」の重要な問いです。 あなたは、自分のやっている(やりたい)活動が、 ・自分自身の幸福に、どう貢献しているのか? ・そこにかかわる人の幸福に、どう貢献しているのか? ・社会や世界の幸福に、どう貢献しているのか? ということを…

「選びたくない選択肢」からの選択を迫られたらどうする?

「え? このふたつから選ばなきゃいけないの…? どっちも嫌なんだけど…」  こんな思いに、定食のセットメニューから進路選択まで、あらゆる場面で出くわす。まるで「選べない自分がダメ」かのような空気だ。しかし、そもそも質問がおかしいのでは? 選択肢が間違っているのでは?  そんなとき…

行動しようとするあなたに襲いかかる!「引きずり降ろしワード」にご用心

「場づくり」の動機は、一人ひとり違います。でも、既存の日常に変化を加え、新しい何かをつくり出す。 この点では、共通していると思います。 そういう取り組みをしている人は、「引きずり降ろしワード」に遭遇することがあるのではないでしょうか? 「もっと経験を積んでからにしたら?」  もう…

「ファンタジー」と「キャンプ感覚」で壁を突破する

「場づくり」の計画を立てているとき、理想はあっても、 「ちょっと無理かな…」と思えてしまうこと、ありませんか? 規模が大きいもの、繊細さが要求されるもの、専門性が高いものなど、 「自分にはとても無理だ…」と萎縮してしまうこともあるでしょう。 そんなときに、前進するための方法を、きょ…

「地域課題」に惑わされない──周囲の理解や応援がなくても、場をつくれる?

唐突ですが、あなたが場をつくるとして、その場は、周囲の人々の応援を得られると思いますか? >>> メルマガの無料購読はこちら <<< 「地域の課題解決」という行政用語 行政の人と仕事をしていると、「地域の課題解決」という文脈で、様々な活動がとらえられていることが分かります。「必要としてい…

場づくりをしていて「コスプレ感」を感じたら…

僕は、滅多にスーツを着ませんし、ネクタイも締めません。こだわりがあるわけではなく、機会がほとんどないからです。 そのため、僕がネクタイをするのは、葬儀の喪服が定番です…。 お通夜やお葬式に行くとき、少し早めに準備を済ませて、喪服を着て、ネクタイも締めて、まだ出発までに時間がある。…

あなたは既にはみ出している─「場づくり」が必要な理由

いきなり結論から書くと、「場づくり」をしようというような人は、多かれ少なかれ「はみ出して」いる人たちです。 場をつくる必要があるのは、ちょうどいい場が、自分の身の回りには存在しないからですよね。似たようなものはあっても、本質が違う。方向性は同じでも、不足感がある。必要だと思う場が…