見出し画像

本を読むように変人に会う

変人コレクターの小林です。

肩書き(?)のとおり息を吸うように変人コレクションをしているので、なぜ他の人がそれをすごいと言うのかが逆に不思議でした。

ある人から
「本をたくさん持っているんだよ」

と言われて、しっくりきました。

確かに変人たちが歩んできた物語に興味があるのです。変わり続ける人、変化を起こす人たちの過去は山あり谷ありです。

変人に限らず、人の肩書きは個性のひとつであり、その人の全てではありません。ほんの一ページです。注釈くらいかもしれません。

例えば、私も代表取締役という肩書きがありますが、法人化をする際につけたものです。自分で「私は社長だ!」と言えるようになっただけ。言わないけど。

個人でビジネスをしている人も、有名企業でつとめる人も、肩書きはさておき

「いまやってることがもう忙しくて」

「いまの仕事が面白くて時間を忘れてのめりこんじゃうんですよ」

が同意語の人は、「なんで?」と知りたくなります。

深掘りしていくと、豊かなストーリが展開しているのです。本のように。いやむしろ主人公のキャラがたったマンガかもしれません。

(変人コレクター/近未来ハイスクール 長/オプンラボ代表 小林利恵子)

■こんなウエビナー開催します

全てを疑え!大野先生と一緒に近未来の高校教育を考える~第1弾~「ハイブリッド授業デザイン」第2回 6/6 土曜日 17:45〜18:45

■オプンラボ
中堅企業やひとり起業家の広報支援「小さな広報サービス」をはじめ、大型のビジネス系イベントの企画運営、コンテンツ運用などを広報・マーケティングを支援を通じて、個人(とくに変人)や企業のステージアップとブランディングを支援します。変人とのコラボしたコンテンツや事業開発も展開。近未来ハイスクールを主催しています。
www.opnlab.jp

■近未来ハイスクール
変人と高校生をつなぐキャリアプログラム。変人とは変わり続ける人、変革を起こす人、エッジのたったプロフェッショナル。楽しく仕事をする大人と子どもをつなぎ、高校生・高専生など10代の行動変容をうながします。
www.kinmirai.co


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

じんわりきたら「サポート」もよいですが「スキ」をぜひ^_^

スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
15
個人と企業の魅力を引き出し、成長を支援します