kawahara
京都の通りすべて歩く - 小川通
見出し画像

京都の通りすべて歩く - 小川通

kawahara

小川通(おがわどおり)は南は錦小路通り、北は紫明通まで4km続く通りである。made by 豊臣秀吉リリーズの1つで、もともとは一条通りの北側に小川(こかわ)が流れていたことにちなんでいる。
現在は、小川は暗渠 (地下水路) となっており、その実物を見ることはできない。

2021年12月某日歩行。

紫明通付近からスタート
通りの起点を表す看板は、紫明通の中の公園っぽいエリアから生えているのだけど、
斜め方向には鞍馬口通りも伸びており、混沌としている
地図から見る見事な交差点っぷり
もともとは小川通りはここまで伸びていなくて、この形になったのは戦後のようだ
© OpenStreetMap contributors
小川通ということになっているが、
お寺の中のような空間を突き抜けていく。
裏千家・表千家の茶道家元が密集している
なぞのキャラクター
このタイミングではやってなかったが、ビールを作っているようだ。
なんの変哲もない公園。
名前も良くて「小川なかよし広場」
モダンな感じの公園には、こういうタイヤが埋まっている風景も見ることは少なくなった
喫茶ゾウの近くの公園は、初代上京区役所跡
現在は、児童相談所が建っている
「法律の館」
御池通りにさしかかると、ものすごい行列だった。
何事かとおもい行列の先を見てみると、御金神社があった。
金ぴかな鳥居がある。よくわからないけど、テレビでやってたらしい。
それよりもその近くの竹田モータースでやってた謎フリーマーケットのほうが気になった。
すごくなんとも言えないストラップなどを10円で売っている。
富士通のタッチおじさんのストラップは買おうかどうか迷ったほどである。
小川通のモノリス
最後はマンションで終了


この記事が参加している募集

休日のすごし方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
kawahara
私です