見出し画像

「中秋の名月」 秋の月はなぜきれいに見える?

小野照崎神社

だんだんと夜も長くなってきて、月を楽しむのにもぴったりな季節になりました♪

秋の月の代表ともなる「 中秋 ちゅうしゅう の名月」まで、あともう少し!

今日は、この秋の象徴である「月」を掘り下げます🙂


2021年の「中秋の名月」は?


中秋の名月とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のこと。
令和4年は9月10日(土)が中秋の名月にあたります。

昔は、現在の暦で8・9・10月頃である旧暦の7・8・9月を「秋」としていました。

旧暦の8月15日は秋のちょうど真ん中にあたりますが、この日の夜に浮かぶ月のことを「中秋の名月」と呼ぶというわけなのです。

なお、旧暦では毎月1日は新月でなければならないので、その半月後の毎月15日には満月か、ほぼ満月に近い月が見られました。

中秋の名月の別称が「十五夜」というのも頷けますね。


平安貴族は「観月の宴」を楽しんでいた


中国ではこの日を「中秋節ちゅうしゅうせつ」と称し、月餅げっぺいなどのお菓子を供えて観月かんげつの宴を開きます。

平安時代に、この観月の宴が日本の貴族にも広まります。

平安時代の観月の宴はただ月を見上げる宴ではなく、池に船を浮かべて水面に映った月を愛でたり、酒の杯に月を映して飲んだりと雅なイベントだったのだそうです…🎵

昔は、水面越しに楽しんでいたという「お月見」。

「雅楽の夕べ」特別御朱印

平安時代には貴族の間で、詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む宴として定着していました。

風情がありますね😊


日本ではウサギ。世界では月に何を見ている? 


お月様といえば、古来から日本人は月の模様を餅をつくウサギに見立ててきました。
誰に教わるわけでもなく、月に同じものを見ているってちょっと不思議ですよね。

そうした月の模様を何かに見立てる文化は世界中にあります。

月見の文化は中国から伝来しましたが、中国では薬草を挽いているウサギの姿を、日本に近い韓国では日本と同様に餅つきするウサギを見ているのだそう。

ヨーロッパでは、片手を上げているカニや本を読んでいる女性に見立てます。

人間は地域や文化によって、月の模様をさまざまなものになぞらえてきたのです。


秋は月を楽しむのにぴったりな季節!


「中秋の名月」と月に名前が付き、「観月かんげつの宴」という月関連の宴が催されるのはこの秋の季節。

秋の月はほかの季節に比べて、より綺麗に見えるような気がしませんか…?

「秋季例祭」特別御朱印

秋の空気は比較的乾いているため、くっきりと綺麗な月が見えやすく、月の高さもちょうどよい高さにのぼるため、総合的に1年で最もお月見に適した季節なんです🌕✨

また、「秋の夜長」とも呼ばれるように秋は夜の時間も長く、時間的にも長く美しい月を楽しめるのです…😊

日本で宮中行事として「観月の宴」が初めて開かれたのは平安初期の897年とされていますが、この「秋の夜長に月を眺める」という美意識は日本で独自の進化を遂げ、江戸時代には現在の「お月見」の風習が庶民にも広りました。

米の収穫時期にも近い「お月見」では、これからの豊作祈願を祈って、満月に見立てた米の団子を食べたり、稲穂に見立ててススキを飾ります。

秋の象徴を豊作の象徴に「見立て」る、日本人の粋な感性が光る風習ですね👏

今年の十五夜には、何百年も続いてきた日本人の月への憧れを思いつつ、空を見上げる時間を作ってみてはいかがでしょうか…😊


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小野照崎神社
東京入谷にある、852年創建の「小野照崎神社⛩(おのてるさきじんじゃ)」公式noteです。 こちらでは神社の情報や、生活の中にある日本の文化やこころについて発信していきます😊 ◆毎月更新 ・月替わりの御朱印 ・待ち受け壁紙 http://onoteru.or.jp/