今年の初穂を捧げて、その「みのり」を祝う
見出し画像

今年の初穂を捧げて、その「みのり」を祝う

10月17日、皇居の賢所と伊勢の神宮において、今年の初穂を神様に捧げるお祭りである神嘗祭かんなめさいが執り行われます。

神嘗祭では天皇陛下が自らお育てになられた新穀を収穫し、八百万の神々に先駆けて天照大御神の鎮まる神宮皇居の賢所かしこどころにお供えになり、豊穣の感謝を捧げます。

年間1500以上のお祭りを行う伊勢の神宮においても、この収穫感謝の祭礼が行われる数日間は"一年で最も大事なお祭りの日"となります。

画像1


日本人は昔から、穀類のなかでも特に米を「神様から頂いた食べ物」として大切にしてきました。

古事記にも、天照大御神あまてらすおおみかみの子孫である“瓊瓊杵尊ににぎのみことが地上に降る時、天上の世界である高天原の稲穂を与えた”というエピソードがあり、この話は皇室の祭祀の中核を示した神話にもなっています。



◆日本人とお米

日本の歴史は稲作とともに歩んできました。

面積あたりの収穫量が特に大きい米は、田んぼの面積とそれを耕す人口が増えれば収穫量も上がっていき、国の発展の根幹を支えてきました。

画像4

日本書紀に記された神話の中でも、日本は”稲穂が豊かに実る国“という意味の豊葦原瑞穂国とよあしはらのみずほのくにと呼ばれ、今も年間を通して稲にまつわる祭事や行事がたくさんあります。

気が遠くなるような昔から、日本人は水田稲作による共同作業で培われた「和の精神」と「稲の実り」に育まれ、発展してきたのです。

画像4

秋の収穫期には前述の神嘗祭だけでなく、毎年11月23日には“天皇陛下自らが新穀をもって神様をおもてなしする”一年で最も大切なお祭り「新嘗祭にいなめさいも斎行されます。

"神への感謝""共同体の繁栄への祈り"は、稲作との深いかかわりの中で天皇陛下を中心に全国の神社で執り行われ、日本の精神性を連綿と伝えてきました。

2月の祈年祭にはじまり田植から抜穂、11月の新嘗祭まで。日本には、年間を通して稲にまつわる祭事や行事がたくさんあるのです。

今月の御朱印では、月見では稲に見立てて飾られるススキに腰掛ける篁公の姿が。来月の「むすび」特別御朱印とつながる仕様で奉製しています。


秋は新米が店頭に並ぶシーズンですが、こうした歴史や変遷を知ると、秋の恵みがより有難く感じる気がしますね…!

画像5


◆10月の旧暦名「神無月」とは?

神嘗祭の行われる10月の旧暦名は「神無月かんなづき」。

字だけ見ると“神様がいない月”
神様は一体どこへ行ってしまうの…?

そんな「神無月」の語源は、はっきりとは不明ですが「水無月」が「水の月」と解釈されるように、「神無月」の“無”を“の”と訳して、「神の月」とする説が有力です。

画像6

また、それとは別に「10月には全国の八百万の神様が、一部を残して島根県の出雲大社の会議に出席するため出かけてしまうと考えられていた」という説もあります。

この時期の出雲では、この時期市中に神様がたくさんいらっしゃるため「神在月かみありづき」となり、旧暦10月に神在祭かみありさいという神迎えの神事を行います。

画像3

もしかしたら、こちらの説の方が馴染みがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね!

この時、出雲に行った神様たちの間では、人の運命や縁、来年の天候、農作物や酒の出来などさまざまな議題が話し合われているとされています。

画像8

旧暦名「神無月」である10月は、神様と深~い関わりのある月なのです…🌾

この一年の「みのり」をいただく神様との縁深き月、一年の感謝をもってご縁のある神社やお近くの神社に親しくお参りを頂ければと思います。

画像7


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日も素敵な一日でありますように♪
東京入谷にある、852年創建の「小野照崎神社」公式noteです。 こちらでは神社の情報や、生活の中にある日本の文化について発信していきます😊 http://onoteru.or.jp/