見出し画像

「夏詣🎋」行事のお知らせ

梅雨らしい天気が続きながらも、本格的な夏の暑さを感じるようになりましたね🌞
6月は半期の納めと新たな半期のはじまりの時期でもあります。

神社では、お正月の「初詣はつもうで」に対しての半期の「夏詣なつもうで」と、多くの神事や行事が行われる、参拝の好シーズンでもあります😊

こちらでは「夏詣」開催期間中に行う、皆さまにもご参加いただける行事をご紹介します…✨


◆「夏詣なつもうで」とは?

「夏詣なつもうで」は、初詣から半年の節目に行う、新しい参拝の習慣です。

私たちは大晦日に「年越しの大祓おおはらえ」で一年の罪穢つみけがれを祓い清め、翌日の元日にはその年の平穏を願い、神社・仏閣に詣でる「初詣」を行います。

そのはじまりから半年後、上半期の罪穢つみけがれを祓い清める「夏越なごしの大祓おおはらえ」を経て、過ぎし半年の無事を感謝し、残る半年のさらなる平穏を願って神社・仏閣に詣でるのが「夏詣なつもうで」。日本の夏の新しい習慣です。

当社では、6月30日から7月末日迄を夏詣の期間として、特別な設しつらえでご参拝の皆さまをお迎えしております。


◆「夏詣なつもうで」特別御朱印

「夏詣なつもうで」特別期間として、7月1日より青空いっぱいに入道雲が広がる「夏詣」特別御朱印を授与します🎵

太陽光が降り注ぐなか、空いっぱいに広がる入道雲を見上げる御祭神の小野篁たかむら卿と神社の動物たち。空を見上げると、狛犬は空中散歩を楽しんでいます🎵

入道雲には金銀のレインボー箔を施し、夏の日差しを再現。夏気分をさらに盛り上げます…🍉


◆浅間神社せんげんじんじゃ例祭「お山開き」

6月30日(日) 11:00~20:00 開門
7月 1日(月) 10:00~20:00 開門

当社末社である浅間神社の例祭に合わせ、ご神体である下谷坂本したやさかもと富士の『お山開き』として、1年で“6月30日・7月1日の2日間”に限り、一般の方もご登拝を頂くことが可能となります。

6月30日は、10時より開山式がございます。一般の方は、小一時間ほどの神事の後、11時頃より授与・登拝いただけます。

「下谷坂本富士」特別御朱印
蛇土鈴(龍神守)


◆夏越なごしの大祓おおはらえ式

6月30日(日)16:00 於:本殿前

上半期の最終日である6月30日には、当社本殿前で16時よりこの半年のケガレを祓い清めて下半期の充実を祈る「夏越なごしの大祓おおはらえ」が斎行さいこうされます。

式では、半年間を過ごし気が枯れた状態(ケガレ)を様々な方法で、幾度も祓えを重ねることにより、気を良める(清まった)元の活力が溢れる状態に戻します。

ケガレとは、生気が弱まった「気」が「枯れ」ている状態。
ストレスが溜まり、心が疲れた状態を指します。

この半年の間に知らず知らずのうちに積もったケガレを落とし、残りの半年を清らかに過ごしましょう✨


◆7月6日・7日は「夏夢開き」☆彡

7月6日(土) 10:00-15:30
7月7日(日) 10:00-15:30

当社御祭神ごさいじんの小野篁たかむら卿は、芸術・芸能・仕事の神様。また、境内には七夕にご縁の深い「織姫神社」も鎮座しております。

そんな神様のお力をいただき、「描く力で夢の後押しを」とはじまったのが当社の「夢開き」です。

●夏夢詣なつゆめもうでの参加方法
①七夕の願い事を「ふせん」に書く
②窓口にいる絵師に「ふせん」を渡す
③絵師が短冊に願い事とイラストを書く
④完成した短冊を受け取る
⑤短冊を神社内の笹に吊すか、持ち帰る

夢絵師が皆さまの願い事を伺って、似顔絵付きの“イラスト短冊”にして、具体的な夢の達成へのイメージを深めてお参りをいただくことで、実現の後押しをお手伝いする取り組みです😊

2日間、無料でのご案内となりますので、奮ってご参加ください。

◆「納涼踊り大会」のお知らせ

7月13・14日(土・日)19:00-21:00 

7月第3週目は「納涼踊り大会」を開催します。

初心者でも踊れる楽しい歌と踊りを用意し、境内にはかき氷や焼きトウモロコシ、スーパーボールすくいなど氏子うじこ青年会による屋台も立ち並びます。
どうぞお揃いでご参加ください!

この夏も、小野照崎神社ではいろいろな行事が行われます。
皆さまお誘いあわせの上、お出かけください。

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?