オノケン(太田則宏)

鹿児島の建築事務所主宰 http://onoken-web.com/ 折り紙も折ってます http://onoken-web.com/oriken/
    • 読書記録

      • 63本

      読書記録。 順序はバラバラになりますが、事務所のブログの記事も最近のものからピックアップして上げていく予定。

    • VECTORWORKS 覚え書き

      • 41本

      VECTORWORKSをFUNDAMENTALSからArchitectに変え、BIM化へと試行錯誤した内容のメモ。

    • Encounters 出会う建築

      • 7本

      姉妹版の『Deliciousness おいしい知覚』をなるべく簡易な言葉に置き換えてみたものです。

    • 読書記録再読

      • 56本

      昔書いた読書記録のブログを肴に、なるべくどうでもよいようでどうでもよくなさそうなことを、どうでもいい感じで書いていこうと思います。

    • Deliciousuness おいしい知覚

      • 49本

      2016年に書いたものを定期的に少しづつアップしていきます。この論の目的は、これまで学んできたことを生態学の知見のもとに相対化し、設計に関わる環境の中に知覚される対象として再配置(re-layout)することにあります。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

wallstatへ書き出し可能な木造BIMツールver0.9(β版)公開(¥100)

wallstatに書き出しができるツールが欲しいと思い、少し前につくり始めたものがある程度形になってきたので、有料記事という形で公開してみたいと思います。 ↓過去の関連…

100

「普通さ」だとか「凡庸さ」だとかいった言葉はかえって邪魔になる 『建築家・永田昌民の軌跡 居心地のよさを追い求めて』(益…

永田昌民のこれまでの代表作をとりあげ、クライアントや益子義弘、堀部安嗣、趙海光、倉方俊輔、三澤文子、横内敏人、田瀬理夫といったメンバーがコメントをよせながら永田…

自分が追い求めてきた「新しい凡庸さ」とは何か 『建築の難問――新しい凡庸さのために』(内藤廣)

字も小さめだし、読了までしばらくかかる、と覚悟してたけど、スラスラと、出張期間中で読み切れた。 理論書というよりは個人的な覚悟の話(と受け取った)ので予想してい…

鎚絵さんに頼めるようになりたい

先日、モノのつくり手として尊敬する、鎚絵の大野さんのnoteにフェイスブックに投稿していた模型の写真を使っていただきました。 鎚絵さんのななつ星製作秘話はこちら 何…

内外の行き来を支えるつながりの場 『つながりの作法 同じでもなく 違うでもなく』(綾屋 紗月, 熊谷 晋一郎)

以前読んだ、著者のお二方の話がとても面白くて、だいぶ前に購入していたもの。気が向いたので読んでみた。 ■オノケン│太田則宏建築事務所 » B176 『知の生態学的転回2…

+3

情報革命後の自由と建築 『新記号論 脳とメディアが出会うとき』(石田 英敬, 東 浩紀)

だいぶ前に買ったまま積読状態になっていたところ、最近新幹線での移動時間を利用して読了。 とあるように、様々な思想をダイナミックにめぐりながら、新しい思考の基盤と…