オノケン(太田則宏)

鹿児島の建築事務所主宰 http://onoken-web.com/ 折り紙も折ってます http://onoken-web.com/oriken/
    • VECTORWORKS 覚え書き
      VECTORWORKS 覚え書き
      • 38本

      VECTORWORKSをFUNDAMENTALSからArchitectに変え、BIM化へと試行錯誤した内容のメモ。

    • 読書記録
      読書記録
      • 45本

      読書記録。 順序はバラバラになりますが、事務所のブログの記事も最近のものからピックアップして上げていく予定。

    • 読書記録再読
      読書記録再読
      • 56本

      昔書いた読書記録のブログを肴に、なるべくどうでもよいようでどうでもよくなさそうなことを、どうでもいい感じで書いていこうと思います。

    • いろいろ
      いろいろ
      • 1本
    • Deliciousuness おいしい知覚
      Deliciousuness おいしい知覚
      • 49本

      2016年に書いたものを定期的に少しづつアップしていきます。この論の目的は、これまで学んできたことを生態学の知見のもとに相対化し、設計に関わる環境の中に知覚される対象として再配置(re-layout)することにあります。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

wallstatへ書き出し可能な木造BIMツールver0.9(β版)公開(有料)

wallstatに書き出しができるツールが欲しいと思い、少し前につくり始めたものがある程度形になってきたので、有料記事という形で公開してみたいと思います。 ↓過去の関連…

500

フォルダ内の画像からまとめて複数の添景をつくるプラグインメニューをつくってみた

添景を大量に作るのは大変 とある案件で人物添景が必要になり、某有名サイトさんの添景画像をダウンロードさせていただいたのですが、これを一つ一つベクターワークスの添…

物質を経験的に扱う 『隈研吾 オノマトペ 建築』(隈研吾)

(事務所HP2015/10/28ブログより転載) 隈さんの本やアフォーダンスの本は時々読んでいる。 けれども、アフォーダンスで環境を読み込み設計を行うプロセスに関するものは何…

生態学転回によって設計にどのような転回が起こりうるか 『知の生態学的転回1 身体: 環境とのエンカウンター』(佐々木 正人 他…

(事務所HP2015/11/22ブログより転載) 以前3回にわたって感想を書いた『知の生態学的転回』の第1巻。 先にこのシリーズ3巻の部構成を引用しておく。 1 身体:環境と…

社会的なものも含めたリアリティの密度への手がかり 『生態学的視覚論―ヒトの知覚世界を探る』(J.J.ギブソン)

(事務所HP2016/1/9ブログより転載) この本の原文は1979年、私が4歳の頃に出版されたものである。 このブログでもアフォーダンスについてはいろいろと書いてきているが、…

ギブソンの理論を人間の社会性へと拡張する B187『アフォーダンスの心理学―生態心理学への道』(エドワード・S. リード…

(事務所HP2016/1/24ブログより転載) これまで読んだ本でも何度も引用されており、生態学を社会性のようなもとつなげられそうな予感がして読んでみた。 世界/環境との切…