見出し画像

筋肉は姿勢を記憶する⁉

こんにちは!スモールジムFlare代表の小野寺幸太郎です。

ご自身の姿勢に悩まれている方は多いと思います。

猫背、反り腰、巻き肩、お尻が垂れて見える骨盤後傾などですね。

そもそも「何でこうなるの?」というと、普段の姿勢や日常生活の動きのクセが大きな原因の一つなんです。

例えば、頭が前に出て背中が丸くなる、いわゆる円背。

これはデスクワークやスマホ操作などで、下を向いて方や腕を前に置く状態が続くことでなります。

ずっと同じ姿勢をとっていると、脳の中の大脳基底核というところが「これだけ同じ姿勢が続くってことは、これが正しい姿勢なんだね!」と判断して、それに関わる筋肉の長さを記憶させてしまいます。

これで不良姿勢の完成です!

猫背を治したいから背中の筋肉を鍛えて、とか。

反り腰だから腹筋を鍛えて、ということは効果が無いことは無いですが、あまりにも枝葉だし、やり方を間違えれば逆効果になることもあります。

短くなっている箇所は「毎日」伸ばす。

弱っている、使えていない箇所は負荷を与える。

そして何より日常姿勢や動作を改善する。

これが重要ですね!

間違った姿勢ではなく、良い姿勢を記憶させましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつもお読み頂きありがとうございます!
小野寺幸太郎/青森市スモールジムFlare代表/30歳で会社員を辞めジム経営者として独立起業の道へ
フィットネスクラブに支配人兼トレーナーとして勤めた後、青森市で「少人数制スクール型フィットネスジム」を開業。 自分のジムを持ち、人に貢献できる”良いトレーナー”を増やしたい! 何にも縛られず”自分の力で人生を切り開こうとする人”を応援したい!