見出し画像

「眠れないんですけど、何かできることはありますか?」

こんにちは!スモールジムFlare代表の小野寺幸太郎です。

「あまり寝つきが良くないし、寝ても疲れが取れない感じがするんですけど、どうすればいいですか?」という質問に関して、書いていきたいと思います。

どういう生活をしているのか、寝る前に何をしているかなど事細かに聴かないと具体的には答えられませんが、多くの人に当てはまるであろうという観点でお伝えしていきます。

たんぱく質が不足している…

まず睡眠の質にはメラトニンという物質が大きく関与しています。これは日中に日の光を浴びたりすることで、夜中の分泌量が多くなると言われています。そしてたんぱく質にはトリプトファンという物質が含まれており、これも夜中のメラトニンを生成するのに一役買っています。

現代人は手ごろに食べられるインスタント食品や菓子パン、コンビニのおにぎりなどが多く、肉や魚、卵などのたんぱく質が不足している人がほとんどです。(体重当たり1gが最低基準)ですのでたんぱく質を多く食べることで良くなる可能性はあります。大変なようであればたんぱく質のサプリメントで補うのもグッドです。

日中、太陽にあたっていない…

前述したように、日中太陽にあたっていないと、体内で夜中にメラトニンが分泌されにくくなります。散歩をするのは今の時期難しいかと思うので、朝起きたら目に太陽光を入れると良いと思います。学生時代、外で運動したり、水泳の授業をしたりするとめちゃくちゃ眠くなりましたよね(笑)日中もなるべく外で太陽光を浴びる努力をしましょう。

寝る直前までスマホやPCを見ている…

多くの方がご存知かと思いますが(笑)スマホやPCからはブルーライトが放出されています。これは目に入ると覚醒してしまいます。強烈な光によって脳が「朝だ!」と勘違いし、眠気が冷めてしまうんですね。ですのでできるだけスマホやPCは寝る二時間前には見ない様にしましょう!

苦じゃないことをできる範囲で行う

からだをより良くするために、日常を快適に過ごすために取り組みたい、取り組んだ方がいいよな、と思うことは山ほどありますね(笑)でもそれらすべてやってたら、よほどの健康オタクでない限り疲れてしまいかえってストレスです。ですので、取り組むとしたら「安価で」「手軽で」「続けるのが苦じゃない」範囲でまずはやってみるのがいいと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!記事更新の原動力です!
9
フィットネスクラブ支配人兼トレーナーとして7年間勤めた後、地元青森市でフレアー株式会社を設立し「少人数制スクール型フィットネスジム」を開業。 <理念>:正しい運動・栄養・休養を伝え、心と身体をより良くし、人生を末広がりに謳歌する人を増やします!