スクリーンショット_2019-12-03_20

one visa初めてのCIアップデートの全貌、お見せします

はじめまして。one visaでデザイナーをしている西垣です。
株式会社one visaは代表の岡村アルベルトが「世界から国境をなくす」というミッションのもと2015年に起業し、2017年6月にビザ取得・管理サービス「one visa」をβ版リリースしました。
サービスのリリース後、外国籍人材のトピックに注目が高まる流れから、メディアへの露出も増えてきました。

そんな中、組織も徐々に大きくなってきたタイミングで「one visaを世間にどう見せたいのか。見る人にどんな印象を抱いて欲しいのか。」考えることが多くなりました。
そこでこの度、数年ぶりに企業ロゴを含むCI(コーポレートアイデンティティ)を再定義をしました。約6ヶ月に渡るプロジェクトの全行程を、ここに公開したいと思います...!

1. ブランドの再定義

2017年から利用していたロゴがこちら。

画像1

こちらは私が入社する前から利用しているものです。
最近はメディア露出も多くなり、ロゴマーク自体を覚えてもらう機会が増えてきたところだったので、ロゴマークそのものを大幅に変更する意図は私にも経営陣にもありませんでした。
ではなぜ、マイナーアップデートが必要なのか?

one visa の「なりたい姿」を適切に表現する
2017年、最初のロゴが作られた時代、one visaは社名も組織形態も現在とは全く違う状態でした。このロゴに込めた想いと、現在のone visaの想いとに少しの乖離があったこと、またこれからなりたい姿と、現状のロゴに乖離があったことが大きな理由として挙げられます。
そのため、これからのone visaが「なりたい姿」を定着させるためにCIのマイナーアップデートが必要でした。

2.経営層へのヒアリング・ブレスト

まずは会社への想いの共通認識を持つ為に、代表岡村とCOO野田の3人で新ロゴを通じて伝えたい価値、想い、社外の方に感じてほしい印象の認識をすり合わせました。その中で、以下の3つがデザインキーワードとして決定しました。

画像2

そしてこのキーワードを元に、今後のデザインのテイストをチャートに落とし込み、デザインテイストを再定義することになりました。

画像3

3.ロゴマークの再考

画像4

実は、以前のロゴマークはご覧の通り、デザイン上の細かな調整ができていませんでした...。そのため、このタイミングで微調整を加え、ロゴマーク単体にも想いを込めるようにしました。

スクリーンショット 2019-12-04 16.56.56

細かな調整を加えつつ、メッセージングを以下のように制定。

one visaのVをモチーフに、チェックマークをデザイン。左側の線は複雑な作業や国境など移住のハードルを表し、それを一つにするというビジョンを右側の線で表現しました。


ロゴタイプ
one visaは「中立」「シンプル」が重要なデザインテイストのキーワードです。また、one visaは「多国籍」の人が利用するサービスであるため、様々な国の人が見てもわかりやすいフォントを使用したいと言う想いから、視認性の良いサンセリフ書体をベースに検討しました。

画像6


カラー
カラーは、ロゴが人に与える印象を大きく左右します。今までのone visaの色は柔らかく、少しくすんだ色味で安心感を与える色でしたが、モダンさや新しさは感じにくい色でした。
そこで、「信頼感・安心感」を感じる「青」からはブラさず、これからのone visaを表現するモダンでフレッシュさを感じる「青」へ変更しました!

画像7


4.ガイドラインの作成

ロゴの用途や使用に伴う関係者が多くなることを想定して、統一したクリエイティブのためにガイドラインの作成と運用を行いました。
アイソレーション、推奨欧文・和文フォント、各種カラーの数値、カラーバリエーションなど...様々な使用を想定して作成しています。

画像8


5.カルチャーブックの作成

今回のCIアップデートの重要なミッションとして、カルチャーブックの作成がありました。one visaにはMission、Valueの定義はありますが、なぜそのMission、Valueに至ったのか、きちんとずれなく説明する資料がありませんでした。
この1年間だけでもチームメンバーが2倍以上に拡大しているone visaにとって、何を目指し、何を大事にし、どう働くのかといった、組織のDNAとして組み込まれていくべきことを、しっかり確認できる資料を作成したかったのです。

▲縦スクロールでご覧ください。

6. 社内のあらゆるクリエイティブを刷新!

最後に、今回アップデートしたCI、トンマナを反映させてあらゆるクリエイティブを刷新しました。このタイミングでオフィスが引っ越したこともあり、新しいオフィスの内装も新たなCIを元にデザインしました。

スクリーンショット 2019-12-03 17.25.00

スクリーンショット 2019-12-03 17.25.17

デザインのテイストもカルチャーブックもまだまだ運用を開始したばかりですが、これからメンバーが増える中でもしっかりと運用することでさらにカルチャーの根付いた組織を目指します。また、社外の方々にも新たなone visaのCIを通して私たちのメッセージを受け取っていただけるよう、積極的な発信をして参ります!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
「世界から国境をなくす」というミッションを掲げる東京のスタートアップ、one visaの活動の舞台裏をご紹介します。 メンバーがいつもどんなことを考え、議論し、新たな世界を目指しているのか。知っていただける記事を日々更新します!https://www.onevisa.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。