くその足しにもならないblender講座03(Archipack-前編-)
見出し画像

くその足しにもならないblender講座03(Archipack-前編-)

嫁から『あなたは、赤ちゃんがメロンの漬物を食べた匂いがする』と言われました。きっと褒めてなかろう事は分かっている伊藤です。


画像4

さて、本日は【Archipack】(前編)を紹介します。


こちら建築CGパースを作る際や、ゲームの建築物をサクッと作る際に役立つアドオンです。個人的には、blenderで一番興奮したと言っても良いくらい素敵なツールです。

ざっくり説明すると、Archipack壁、床、天井、窓、扉、屋根などをかなり直感的に、かつモデル的にも美しく形成できるツールです。まず3DCGを始める際にモデリングが大きなハードルになるかと思いますが、Archipackがあればゲーム感覚で建築空間を制作することができます。


このツールに関しては、基本的に触ってみてくださいとしか言えないのですが、敢えてポイントを3つあげるとすると、

①壁制作容易。壁厚、高さ、長さ、角度などいつでも調整可能。

②壁に対して、床、天井、スラブなど1クリックで作成することが可能。

③壁に、窓や扉を簡単に設置できます(マグネット式)。窓の高さ、幅、位置、ハンドル有無、ブラインドの仕様までいつでも調整可能。

ブーリンアン設定がされているので、予め壁に開口部を開けておかなくても、好きな場所に窓を設置でき、後から移動が可能なのは便利です。(※ブーリアンとは、オプジェクトが重なった部分を差し引いた形状を作る機能)

これだけでも、かなり使えるツールであることがわかると思います。


【設定】アドオンArchipackにチェックを入れてRender presets thumbsをクリックするだけです。

スクリーンショット 2020-03-25 10.31.13

画面右に操作パネルが設置されますので、ひたすらいじってみてください↓

スクリーンショット 2020-03-25 10.49.33


このチュートリアルが分かりやすいので良ければ是非。(英語)

reference : https://www.youtube.com/watch?v=qnFb_4xVGW8&t=3s

モデリングするのが結構大変な階段なんかも、形状によっては数分で制作することが可能になりそうです。

reference : https://www.youtube.com/watch?v=QmohUguadgY


かなり、様々な使い道がありそうですね。

建築パースを制作する上で、綺麗な箱さえ準備できてしまえば、後はモチベーションを保ちやすいと思いますので、とにもかくにも、Archipackで床、壁、天井、窓を作ってみてください。

画像4

次回、【Archipack】(後編)では、個人的にツボな”床のパターン生成”についてご紹介します。

お楽しみに。


ついつい、ベタな終わり方をしてしまった。

まあ、いいや。1%伊藤でした。再見!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ON BOARD / 伊藤

いただいたサポートは、3DCG普及・活性化の為に使わせていただきます。ありがとうございます。 https://twitter.com/ito_onboard twitterフォローも是非お気軽に。

ありがとうございます。嬉しいです。
主に建築3DCGを制作しています。 数年前ブラジルで困窮し,一時的にファベーラに移住。 そこでCGと出会い、なんとか生きのびた経験から、感謝の意も込めて発信していきます。 神戸 https://www.onboard-jp.com/