新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

性的トラウマと性欲の関係

面白札屋

2020年幕開け直後、コロナ禍開始頃にトラウマ治療を始めました。

トラウマについては2016年に読んだ「それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも?」が自分のこと過ぎてマトモに読めなかったのが強烈な印象でした。
心理学の本は好きで色々読んできたけど、コレは強烈だった。
とにかくエグラれる。

著者の大嶋信頼氏のブログを読み出したのは2019年から。
しんどいだけの人生を変えるために色々やってきたけど根本が変わってないので救いを求めてた。
ちょっと経済的な余裕が出来たので大嶋信頼氏が経営するインサイト・カウンセリングで治療開始…したらコロナが始まって徹底的に自分のトラウマと向き合うように仕向けられた気がする…

最短で3ァ月で問題解決するとサイトには書かれてます。
カウンセラーに質問したら期間は人によるとのこと。
最初の1ヶ月は週1ペースで徐々に減らすのが良いと言われたのでその通りにした。
治療を開始してから9ヶ月の間で担当カウンセラーが3人も交代しました。(大嶋先生に質問したらトラウマのエネルギーでカウンセラーが潰れていくとの回答を頂きましたが…)
9ヶ月の間のカウンセリング回数は17回。

10万円の給付金など何かお金はあったので効果が出るまで続けるつもりでしたけど、3人目の人が相性悪すぎて辞めようと思った。
話が通じてなくて噛み合ってない感がすごかった。

最後のカウンセリング予定の初っ端に「今回で最後にします」とカウンセラーに告げると大嶋先生が診ると言ってるとの驚きの情報が入ってきた。

え?大嶋先生と話が出来るの?
私のトラウマはそこまでヒドイの?
超人気カウンセラーの力量がどんなもんか興味はある。

2020年10月からは大嶋先生の治療を受けています。
FAP療法で使う言葉はどうやって決めてるのか謎ですが2021年の4月からはずーっと「性的トラウマ」の治療が続いてました。
性的トラウマが全部とれたのが2022年の6月。
FAP療法の本も購入して自分でもコツコツとトラウマをとっていって1年2ヶ月かかったよ…
カウンセリングは月1ペース。
自分でセルフFAPは1日10分〜1時間ほど。
どれだけやるかは指の反応で決めてました。
1日に3時間ほどセルフFAPを試したことがあります。
脳の真ん中あたりが痛くなりました。
頭痛いしぼーっとするしで他のことは出来ない状態。

素人でもトラウマ治療が出来る初心者向けFAP療法の本はこちら

性的なものへの嫌悪感と恐怖は子供の頃からありました。
強姦や性的虐待を受けた覚えは無いんですけど…
トラウマは記憶から抜け落ちてるらしいから何かあったのかもしれないとの可能性は捨てきれない。
幼稚園の頃には「将来の夢はお嫁さん!」と言ってる同級生を軽蔑してたし、小学校で植物の繁殖の仕組みを習って何でこんなことしなければいけないんだろうかと虚無感に襲われてたな。

性的トラウマがとれたら性的なことへの嫌悪感が消えたりパートナーがあらわれたり生きやすくなったり…ってことは無かった。
自分には転生前から一緒にいたツインソウルが存在するとの情報が入ってきたけど…

そして性欲が消え失せてビックリ。
治療効果???
この世では性的なことへ関わるなということなのか?

この先は愚痴と性に対する考え方とディープな治療法が書かれています。

この続きをみるには

この続き: 1,806文字

性的トラウマと性欲の関係

面白札屋

1,000円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!