一般社団法人 Omoshiro
#109 笑顔あふれるカプセルアート展参加報告6/25
見出し画像

#109 笑顔あふれるカプセルアート展参加報告6/25

一般社団法人 Omoshiro

こんにちは!
あっという間に梅雨明けし、夏まっさかりですね。
自転車爆速スタイル訪問のわたしは…丸焦げ案件です。
#毎年焼けたねーと言われますが自転車焼け。

今日は、大好きなオモシロメンバーが揃う懐中電灯さんとのコラボ企画

「笑顔あふれるカプセルアート展」での様子を実況style形式でお届けしたいと思います。

Omoshiroは、6/25(土)の参加でした。

朝、10時に駅集合。
リュックサックで集合。
#あわよくば荷物をみんなにお願いできる作戦

こどもたちから、迷子にならない工夫として、「手をつなごう」が出ました。
電車の中も手をつなぐ組ごとに座るなど…それはそれはチョピッと年上のみんなが考えて自ら行動してくれる姿に、朝から勝呂はウルウルw

東京駅の一コマ。すぐにあと何分?と聞いてきます。


会場到着し、搬入設営担当スタッフと合流。
ご案内係、製作係とそれぞれの持ち場につきます。

Omoshiroブース。これまで懐中電灯さんと一緒に製作した作品を展示しました。
ワクワクする会場
最年少の呼び込みご案内係。「お客さんまだー?」と入り口をハンターのように常に見つめていました。
もはや…怖いw


何せ初めてのイベント参加。

それぞれの持ち場で、実際にやってみながら、「こうやって呼び込もう」「作品をここに置いた方がいいかな」と、スタッフと打ち合わせする姿がそこにはありました。

わたしの方にもっと、「何したらいい?」と聞きにくるかなぁと思っていましたが…
思い返すと一度もなかったです。


#ひたすら隣りで一緒にやっている河野先生のステキなアート展に入りこまないように目を光らせる役
#だってお客さんを待ちわびるご案内係がジワジワと入り口に侵略していくんですw


懐中電灯さんの持ち場に侵略する案内係。あわよくば、オリジナルTシャツを500円に勝手に値下げして売り飛ばそうとします。
製作係は、会場でもこれまたアイディア溢れる作品を作ってくれてました。


会場で生まれたクラゲ作品。色合いに感激してクラゲを沢山吊したいと伝えたら「無理」と一言。アーティストは難しい。
お昼休憩。おやつは、以前Omoshiroに来てくれた作間さんから頂いた駄菓子。交換っこをしてる場面もありました。


イベント会場に、他の子どもたちが来た時には、案内係も製作係もがぜん張り切りで対応してくれました。

案内係も一緒になって遊び出すstyle
飾られた作品を見て「これ作りたい!」と来てくれた兄弟。一緒に作る作業をしました。


最終的に自分がアートになるstyle。お得意の直張りアートです。



イベント時間の11時〜15時まで…
それぞれが持ち場でしっかり楽しんでくれた今回のイベント。

緊張もあったし、もじもじTimeもありました。

でも…

準備から運営まで伴走してくれた懐中電灯さんがいてくれて

いつもの仲間が自分の隣りにいてくれて

「ワクワクするね」をどう届けきるかを考えてやってみて



たくさんの挑戦をさせてもらった1日でした。 
帰りは東京駅でお土産を買いたいというこどもたち。嬉しそうに家族へお土産選んでました。

#万が一用のお金をお土産代だと思っている
#家族の人数で何個づつになるかを悩む時間長い


この、笑顔あふれるアート展にはまだまだ続きがあります。
引き継ぎ、懐中電灯さんとこどもたちとのワクワクを仕掛ける挑戦!!

楽しんでいきたいと思います。

懐中電灯のみなさん。本当にありがとうございました。

以上、イベント実況style記事でした。
読んでくれてありがとうございます。
では、また!!

BY.スグロ



Omoshiroとコラボしてワクワクしたい方…
ぜひぜひお待ちしています。

居場所運営へのご支援も引き継ぎどうぞよろしくお願いします!

↓ご支援先

一般社団法人 Omoshiro
出会う×つながる→想いをつなぐ。 精神保健福祉士が出会えた精神疾患を抱えるお母さんと、ヤングケアラーであるこどもたちへの親子まるっと伴走支援活動を横浜で実施しています。自身の願いに気づき、伝える言葉にし、行動をする力を育む…オモシロな大人たちと共に、丁寧に大事に日々活動中。