おもしろNPOライフ

NPOで働くコーチ3人が、葛藤と希望の間を揺れ動く現場から生の声をお送りします。実際どうなの、ぶっちゃけどうなの。色々できることがあると思うからこれは言いたい。時にピリ辛コメントを挟みながら対話録を残していきます。

おもしろNPOライフ

NPOで働くコーチ3人が、葛藤と希望の間を揺れ動く現場から生の声をお送りします。実際どうなの、ぶっちゃけどうなの。色々できることがあると思うからこれは言いたい。時にピリ辛コメントを挟みながら対話録を残していきます。

    最近の記事

    • 固定された記事

    Podcast始めます《NPOで働くコーチが語るおもしろライフ〜人と組織と社会、葛藤と可能性のはざまで〜》

    こんにちは。 おもしろNPOライフと申します。 この度、 「NPOで働くコーチが語るおもしろライフ〜人と組織と社会、葛藤と可能性のはざまで〜」 ポッドキャストを始めてみます。 これは、NPOで働くコーチたちが現場で体感している生の声を出してみようという試み。 お送りするのは、ばんばん、かず、Kakkyです。 <自己紹介記事はこちら> 毎回テーマに沿ってワイワイ話してみるのでどんな展開になるかわかりません。(これほんとです) 実は声で発信するのは慣れていない私た

      • 【#19】社会変革とWellbeing

        概要19回目の配信は、社会変革する人・組織にこそウェルビーイングが大切ではないか、という問題提起です。 社会変革組織をとりまくウェルビーイングへの理解、環境、お金や意思決定のありかたには、様々な課題があります。 社会課題解決の現場で典型的に起こる疲弊構造についてもとりあげます。 自分をケアすることの大切さ。人がやっていることを前提に。 Well-BeingとDoing、両輪で大事にできたら。そんな社会にしていきたい。そんな組織を増やしていきたい、という思いで話し合って

        • 【#18】 コロナと振り返り

          こんにちは。 今回は#18をお送りします。 【今回の内容】 師走を迎え寒さも本格的になってきました。みなさんいかがお過ごしですか? 今回は、少し前のことではありますが、COOVID-19に罹った経験から話を始めてみました。COVID-19と言うと、少しドキッとするくらいにはみなさんそれぞれ連想する事などがあるのでは、と思います。 今回は個人として、この経験から何を考えたのかと言うことです。 療養期間は復活を第一優先に休むことになったのに、熱にうなされながらも仕事に

          • 【#17】 多様な意見はウェルカム!でもさ・・・

            こんにちは。 今回は#17をお送りします。 前回「NPOはぬるい仲良し組織なのか」というテーマについて議論した結果、いやいや、成果・結果に向けて全力だよね、という声が出ました。 ポイントとしてあげられていたのは、組織の中に心理的安全性が創れているかと、ということ。 つまり、どうしたら多様な声を、偏らずに健全に場に出してもらえるか。そんな工夫をしていくことは引き続き考えていきたいことだね、と言う流れでした。 今回は『発言のしやすさの工夫』について続編を話してみました。

            【#16】 NPOはぬるい仲良し組織なのか?

            こんにちは。 今回は#16をお送りします。 前回の会議編からの流れで、ビジョン・ミッション重視なNPOは、理想的なことばかり追っていて、仲良しこよしのぬるさの中に溺れて、現実的な成果がおざなりにならないか、ぬるい仲良し組織にはならないのか、というお題です。 ばんばんとかずの組織体験を中心に話が進みます。 いい人、譲る人がメンバーには多いよね、と、そこにいる人達の特性から話が広がりました。自分の意見を強く出すのが苦手な人が多いから、言うべきことが言えない、ビジョン・ミッ

            【#15】 NPOの会議って想い重視なの?

            こんにちは。 今回は#15をお送りします。 今回のテーマはズバリ”会議”です! 働いている人なら誰もがやっていること。NPOの会議ってどうなのよ?という疑問に答えます。 冒頭でかずが話している通り、ぱっと見は至って普通、ビジネスパーソン的な会議。がんがん意思決定が進んで、タスクも次々と生まれる機能的な会議をしていたりします。意思決定、タスク化しないと仕事も事業も進みませんからねぇ。 しかし、ただ機能的なだけでは終わらない、組織ごとの、想いや意味と接続する工夫がいろい

            【#14】 #14 価値観をまるごと体現する組織@Boston

            こんにちは。 今回は#14をお送りします。 KakkyがアメリカのBostonで訪問したNPOについて共有するところから始まります。感動したの!という興奮感満載なスタート(笑) そこは、ボストンを拠点とした女性向けのシェルターを運営するWomen’s Lunch Place (https://womenslunchplace.org/)。40年の歴史を持ちながら今もなお進化、強化を続ける地域特化型の活動。 何がすごいって、活動の成果を出すために、メンバーや組織のケアを

            【#13】 ゲスト回元木もも子さんを招いて

            こんにちは。 今回は#13をお送りします。 今回は初のゲストとしてNPO法人フローレンスから元木もも子さん(ももちゃん)に来ていただきました! 保育園の園長先生として現場で保育現場を見ながらも、コーチとして、組織の一員としての視点で仕掛けをぐいぐい進めていくももちゃん。 コーチングを学ぶことで「子どもたちがハッピーであるために周りの大人がハッピーであってほしい」という願いを更に強く持つことになったそうです。 願いが強くなるほどに行動を進めるそのエネルギーは聞いてるだ

            【#12】 終わりなき仕事

            こんにちは。 今回は#12をお送りします。 NPOの仕事は深淵でして、社会課題解決が進んでも待っている人がまだまだたくさんいる、次々と新たな社会課題が見えてくる、「終わらなさ」感が強く伴うものです。 中の人達はやりたくてやっているから楽しいし、自分たちがやるしかないでしょ、と意気に感じて取り組んでいるものです。 しかし、キャパを超えてしまってどこかで無理をしていたり、組織のメンバーが疲弊することもよくあります。 そんなNPOあるある、中の人の見え方、感じ方を出し合っ

            【#11】 強い想いを持ったリーダーと一緒に働くということ

            こんにちは。 今回は#11をお送りします。 強い想いを持ったリーダーと一緒に働くということ」というお話です。 前回の「想いが強いことの副作用」からの続編エピソード。強い想いを持ったリーダーが引っ張るNPO組織で、その周りにいるメンバーはそれなりに大変だったりします。そんな私達が何を想い、何に悩み、どのようにしてより良い協働を模索してきたのか。 社会起業家のエピソードはよく見聞きするけど、組織の中の人の葛藤エピソードは結構レアかも? 今回はコーチングの話は少なめですが

            【#10】 願いが強いことの副作用

            こんにちは。 今回は#10をお送りします。 「願いが強いことの副作用」というお話です。 よく、志を強く持って取り組んでいる状態でいると願いが強いって言います。それ自体は悪いことはないですが、強すぎると仕事の面では弊害も生まれたりする・・・というばんばんのエピソード。ばんばんは、そんな状況に対して、ある考えを持ち直して向き合うことにしたそうです。  【今回の内容】組織のリーダーの想いが強すぎるゆえに起きるメンバーとの軋轢。リーダーはその副作用をどのように自覚し、対処する

            【#9】 コーチングってどんなメリットがあるの?<NPO・組織編>

            こんにちは。 今回は#9をお送りします。 「コーチングってどんなメリットがあるの?」というテーマで、特に組織にはどんな影響があるのか、というお話です。 かずが所属する組織でコーチングを浸透させるチャレンジに取り組んでいるそうです。それはなぜなの?というところから。レコーディング中に公開コーチングが繰り広げられたような展開でした。かずの願いが溢れ出ている今回もやっぱり熱い回。 ー個人と組織が対等に対話できる世界を目指して。組織はもっとインパクトを出せるはず。  皆さん

            【#8】コーチングってどんなメリットがあるの?<個人編>

            こんにちは。 今回は#8をお送りします。 「コーチングってどんなメリットがあるの?」というテーマで話をしました。今回は個人が受けた時の影響はどんなものなの?ということで話を始めました。 コーチングというテーマを掲げていながらも、まだお話していませんでした(汗)『個人がコーチングを受けるとどんな効果があるのか、「コーチングとは○○である」』という視点は実は色々あります。答えがない世界だからこそ、それぞれの経験から、具体的に感じたことを踏まえて話してみました。見事に三者三様

            【#7】コーチはいつも聴き手にまわるのか?

            こんにちは。 今回は#7をお送りします。 「コーチはいつも聴き手にまわるのか」というテーマで話をしました。 コーチといえども、生きている間ずっと常にコーチングをしているわけではありません。特にプロコーチとして活動している以外の「上司として」「部下として」「友人として」の活動時間は、様々なモードが入り混じります。それでもコーチングを使える場面はたくさんあります。どんなときに使っているのか、どのように使っているのか、それぞれの体験と想いを出し合ってみました。 【今回の内容

            【#6】儲からないけど大事なことでどうメシを食うのか/配信しました

            こんにちは。 今回は#6をお送りします。 「儲からないけど大事なことでどうメシを食うのか」というテーマで話をしました。企業から転職したかずとKakky。「NPOで働くってちゃんと生活できるの?」という言葉をかけられることは少なくありません。ここのところ、ぶっちゃけどうなん?!というところにズバリ入って見ました。ぶっちゃけどうなんシリーズのはじまり、はじまり〜 Anchor配信 Spotify配信 Google Podcasts配信 Apple Podcasts配信

            【#5】リーダーも人間、疲れることもある/配信しました

            こんにちは。 今回は#5をお送りします。 「リーダーも人間、疲れることもある」というテーマで話をしました。リーダーの本音、もろにポロポロと出てきてます。リーダーとかマネジャーとか●長と言われる役割になると言ってはいけないと思い込まされることってあるんですよね。いやでもね、これってあながちここだけの話じゃないよね!結構陥るパターンだよね!ってうなずきポイント多め回だと思うんです。「疲れたって言おう!そしたらさ、なんとか動いていくから。」そんな格言がありそうな。 Ancho