かとう【サ行】中

「サ」ブ垢の【サ行】⇒散文/随筆にサッカー/蹴球の戦評【一言戦評】や作家/小説の書評【一言書評】 メインの【マ行】はこちら⇒https://note.mu/mekkemon2017

酔いどれ小説【ベロベロノベロalc.4%】✖〈断片と枝葉➎〉

幼稚園から隣の区に越境して通っていた。 この話はその一文からはじめねばなるまい。 小学校から(途中で引っ越したがまた戻った)中学校まで隣の学区に通って、私立高校…

求ム!〈元カノ会談〉~たまたま集まった女子会のメンバーがみんな僕の元カノだった〜

死後の名声を望んだ芸術家は、果たしてどれくらいいたのだろうか。 生涯を通して自分の専門分野と真摯に向き合ってきたのだから、死を迎える前に評価を集める機会を作って…

先輩女子と町中華で飲った話(断片と枝葉④)

ひとつ上の先輩女子といえば、もうひとりサークルで仲の良い人がいた。共通点は近所で一人暮らしをしていたこと。 ちゃんと約束をした上で行ったんだかどうだったか、一度…

吟味とチョイス(断片と枝葉③)

選び取る、という行為が嫌いではない。 嫌いではない、というのは取り立てて好きだとも思っていないからだ。 もし好きだとしたらもっと選び取る機会を増やそうとウインドー…

友達でも恋人でもなく…(断片と枝葉②)

御多分に漏れず大学時分は自意識をこじらせていた。今になって振り返ると「こじらせていたな」と思うけど、あくまで程度の問題で今もこじらせ続けているのかもしれない。 …

バスと先輩と控え室(断片と枝葉①)

バスの目的地は思い出せない。 夜行バスだった気がする。きっとそうだ。 大学時代にサークルのみんなで乗った高速バスなんだけど、幾度かそういう機会があったからか、ど…