支援事例「アフターコロナに向け今すべきこと」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

支援事例「アフターコロナに向け今すべきこと」

画像1

令和 3 年 10 月 10 日 沖縄タイムス経済面掲載

優先度決めて事業計画

 ◆ 企業名 P社
 ◆ 業 種 飲食業
 ◆ 所在地 宮古島市
 ◆ 資本金 非公開
 ◆ 創 業 非公開
 ◆ 従業員 非公開

【相談】
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言で、来店客も売り上げも激減した。テイクアウトも考えたがランニングコストがかかってしまう。アフターコロナを意識して今やるべきことを教えてほしい。

【回答】
 相談者は、宮古島の繁華街のはずれにある居酒屋店主。開業当初からリーズナブルな料金とボリュームのある料理が地元客の高い支持を得てきた。新型コロナウィルスの影響が長期間に及ぶと予想し、資金繰りを安定させるためにセーフティーネット4号の認定を受け、金融機関から融資を受けることができた。
 「資金繰り対策は整ったが、今アフターコロナを意識して何をすべきか」。相談に来られた店主の意識は前向きだった。ウィズコロナでの心構えは「勝つ」のではなくて「負けず」に生き残っているこが大切である。マーケットで生き残るには、ランニングコストを削減し、損益分岐点を下げて商売を組み立てていくことが求められる。
 経費を削減するためにITを活用して作業効率を改善した事例と、金融機関の借り換えでキャッシュフローを改善した事例を紹介した。また、売上高やコスト、在庫などの指標を大きい順にランク付けし、優先度を決めて管理する「ABC分析」によって客単価を上げる手法を詳しく説明したところ、さっそくメニューを改定し、新たに3千円コースが盛り込まれた。
 さらに、中長期の事業計画を立てるよう促し、売上目標や客数、客単価などの計画づくりを提案。相談者のお店が選ばれるための1.商品2.サービス(接客)2.店作り―の3つについて、「今できてないこと」「今できていて、さらに発展させられること」の整理から始めることにしている。
 単なる居酒屋では支持されない時代がくるかもしれず、売れ筋メニューをさらに強くするために地域で唯一の、特徴ある看板メニューを出していかなければならない。コロナ禍で一気に加速した、消費者の「サステナビリティ(持続可能性)」に関する意識の高まりに、居酒屋としてどう対応していくかという課題も明確になった。
 経営者として「ピンチをチャンスに変える」という強いメンタルを持つ相談者に寄り添いつつ、残された課題を解決していきたい。
(県よろず支援拠点コーディネーター・砂川淳一)

※掲載内容は相談者の承諾を得て紹介しています。経営者のあらゆる相談を無料で受け付けます。ご相談は、電話098(851)8460のよろず支援拠点、またはお近くの商工会へお問い合わせください。

詳しくはコチラ >> https://yorozu.ti-da.net/e12055157.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「よろず支援拠点」は、中企庁が設置している無料の経営相談所です。「首里城火災」「CSF(豚コレラ)発生」「新型コロナウィルス」関連の経営相談窓口でもあります。中小企業・小規模事業者、NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人等に類する方、「創業予定の方」のご相談、お待ちしています!