見出し画像

評論家風情

評論家になるのは簡単で、
ひとを批評することは誰にだってできる。
同じ土俵で勝負するには当事者にならないと。

わかってはいても、なかなかできないよなー。


いつだって評論家な私です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです! ありがとうございます:)
9
出版社(編集者)→中国→とある事務所。左利き。徒然なるままに生きています。