岩崎 量示|Ryoji Iwasaki

北海道好きが高じて埼玉から移住し、崩落間近と言われるコンクリートアーチ橋・タウシュベツ…

岩崎 量示|Ryoji Iwasaki

北海道好きが高じて埼玉から移住し、崩落間近と言われるコンクリートアーチ橋・タウシュベツ川橋梁の記録撮影を続けています。楽しみは埋もれた価値を掘り当てること。『タウシュベツ日誌』シリーズを半年ごとに刊行中。 https://www.office-shiro.com/

ストア

  • 商品の画像

    「The Phantom Bridge」シリーズ 額装写真(A3サイズ)

    <"The Phantom Bridge" Framed Photo> Please note that these products are made to order. After your order is confirmed, it may take approximately 4 to 6 weeks for the item to be shipped. We appreciate your understanding and patience in advance. "The Phantom Bridge" series captures the essence of the Taushubetsu Bridge through the lens of Hokkaido-based photographer Ryoji Iwasaki. These images, curated for an international audience, have undergone the meticulous curation process of the renowned site, 1x, and have been marked as "Published." The Taushubetsu Bridge is a historic concrete arch bridge, a relic of the railways in Hokkaido, Japan. Due to the fluctuations in water levels of the dam lake, the bridge has experienced multiple submersions and re-emergences. Its impending collapse in the not-so-distant future, as a result of the concrete's age-related degradation, has earned it another name: "The Phantom Bridge." The bridge's majestic appearance, set against the harsh winters of Hokkaido and slowly deteriorating due to time and ice, seems to transcend its mere existence. It evokes feelings of the past, present, and future in all who gaze upon it. Since 2005, Ryoji Iwasaki has been documenting this bridge, amassing hundreds of thousands of shots. From this vast collection, a select few images were subjected to the rigorous evaluation of 1x, and only those that passed are available for purchase as "The Phantom Bridge" limited edition prints. 1x, headquartered in Stockholm, Sweden, is a distinguished photo curation site. Only photos that have cleared its two-tiered, stringent curation process make the cut to be showcased. While one can buy prints from the site post-publication, they do not encompass the photographer's specific vision in terms of print and framing. https://1x.com/riwasaki On this site, we offer limited edition photos printed and framed under the direct supervision of the photographer. Please place your order by specifying the desired photo number. We will reach out to you for further confirmation. Each print is A3(11.69inch✕16.54inch) size and is priced at 132,000 yen (inclusive of tax but excluding shipping). If you are interested in purchasing multiple pieces, we offer discounts. Please reach out to us through the contact page before placing your order. These photos are printed at a trusted print shop following Ryoji's instructions, signed by him, and then framed to gallery specifications at a specialized framing store in Hokkaido. Imagine a Taushubetsu Bridge shrouded in mist. Just hanging this photo on your wall will make you feel the ambiance of Hokkaido and let your thoughts wander through time, from the past to the present and into the future. ※ Custom framing options are available upon request. Please provide details in the comments section. Note that the photos available for sale are frequently updated. Note: There may be slight differences between the on-screen appearance and the actual print. We appreciate your understanding that returns due to "differences from the image" are not accepted. Should there be any damages or defects incurred during delivery, we commit to providing a complimentary replacement. <『The Phantom Bridge』額装写真> こちらの商品はご注文完了後に制作を行いますので、発送まで1ヶ月から1ヶ月半ほどお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。 「The Phantom Bridge」シリーズは、北海道在住のフォトグラファー岩崎量示が長年撮り続けてきたタウシュベツ川橋梁の写真を海外向けに発信している写真群であり、キュレーションサイト1xでcuration processを経て公開されたものです。 タウシュベツ川橋梁は、日本の北海道にある鉄道遺構のコンクリートアーチ橋です。ダム湖の水位変動によって水没と出現を繰り返すことから、また、経年劣化によるコンクリートの劣化のために遠くない将来の崩落が予想されていることから、別名「幻の橋」とも呼ばれます。 厳寒の北海道で歳月と氷雪によって滅びゆく荘厳さ、見るものに過去・現在・未来という時間の存在を感じさせずにはおかない佇まいは、ひとつの「橋」という存在を超越したものであるように感じられます。 岩崎は2005年からこの橋を撮り続けてきました。その枚数は数十万枚にいたります。そこから抜粋した写真をさらにキュレーションサイトである1xで審査にかけ、通過した写真だけを「The Phantom Bridge」としてプリントし限定販売いたします。 1Xはスウェーデンのストックホルムに本部がある写真キュレーションサイト。2段階の厳格なcuration processを経た写真だけがそのサイトで掲載にいたるものです。掲載後には当該サイトでプリントを購入することもできますが、プリントと額装に撮影者の意図は加わりません。 当サイトでは、撮影者本人の指示によるプリントそして額装を施した写真の限定販売を行います。ご希望の写真の番号にてご注文ください。あらためてこちらから確認のご連絡を差し上げます。 各プリントはA3サイズで価格は13万2千円(税込、送料別)となります。複数作品をご購入の場合にはお値引きいたしますので、ご注文前に、コンタクトページからご連絡くださいますようお願いいたします。 信頼できるプリントショップにて岩崎の指示でプリントした写真にサインを入れ、北海道の額装専門店でギャラリー仕様に仕上げてお届けします。 たとえばガスに包まれるタウシュベツ川橋梁。この写真を壁にかけるだけで、そこには北海道の空気が流れ込み、過去・現在・未来へと思いを馳せる縁になることでしょう。 ※額装の仕様につきましてはご希望に応じることもできます。ご相談は備考欄にてお寄せください。なお、販売写真は随時入れ替えがございます。 ※写真の仕上がりにつきましては、モニターでの見た目と実際のプリントでは違いが生じます。「イメージとちがう」という理由での返品はご容赦ください。配送途中での破損や欠陥がある場合には無償で交換いたします。
    132,000円
    オフィス・シロ オンラインショップ
  • 商品の画像

    「The Phantom Bridge」シリーズ 額装写真(A4サイズ)

    <"The Phantom Bridge" Framed Photo> Please note that these products are made to order. After your order is confirmed, it may take approximately 4 to 6 weeks for the item to be shipped. We appreciate your understanding and patience in advance. "The Phantom Bridge" series captures the essence of the Taushubetsu Bridge through the lens of Hokkaido-based photographer Ryoji Iwasaki. These images, curated for an international audience, have undergone the meticulous curation process of the renowned site, 1x, and have been marked as "Published." The Taushubetsu Bridge is a historic concrete arch bridge, a relic of the railways in Hokkaido, Japan. Due to the fluctuations in water levels of the dam lake, the bridge has experienced multiple submersions and re-emergences. Its impending collapse in the not-so-distant future, as a result of the concrete's age-related degradation, has earned it another name: "The Phantom Bridge." The bridge's majestic appearance, set against the harsh winters of Hokkaido and slowly deteriorating due to time and ice, seems to transcend its mere existence. It evokes feelings of the past, present, and future in all who gaze upon it. Since 2005, Ryoji Iwasaki has been documenting this bridge, amassing hundreds of thousands of shots. From this vast collection, a select few images were subjected to the rigorous evaluation of 1x, and only those that passed are available for purchase as "The Phantom Bridge" limited edition prints. 1x, headquartered in Stockholm, Sweden, is a distinguished photo curation site. Only photos that have cleared its two-tiered, stringent curation process make the cut to be showcased. While one can buy prints from the site post-publication, they do not encompass the photographer's specific vision in terms of print and framing. https://1x.com/riwasaki On this site, we offer limited edition photos printed and framed under the direct supervision of the photographer. Please place your order by specifying the desired photo number. We will reach out to you for further confirmation. Each print is A4(8.27inch✕11.69inch) size and is priced at 99,000 yen (inclusive of tax but excluding shipping). If you are interested in purchasing multiple pieces, we offer discounts. Please reach out to us through the contact page before placing your order. These photos are printed at a trusted print shop following Ryoji's instructions, signed by him, and then framed to gallery specifications at a specialized framing store in Hokkaido. Imagine a Taushubetsu Bridge shrouded in mist. Just hanging this photo on your wall will make you feel the ambiance of Hokkaido and let your thoughts wander through time, from the past to the present and into the future. ※ Custom framing options are available upon request. Please provide details in the comments section. Note that the photos available for sale are frequently updated. Note: There may be slight differences between the on-screen appearance and the actual print. We appreciate your understanding that returns due to "differences from the image" are not accepted. Should there be any damages or defects incurred during delivery, we commit to providing a complimentary replacement. <『The Phantom Bridge』額装写真> こちらの商品はご注文完了後に制作を行いますので、発送まで1ヶ月から1ヶ月半ほどお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。 「The Phantom Bridge」シリーズは、北海道在住のフォトグラファー岩崎量示が長年撮り続けてきたタウシュベツ川橋梁の写真を海外向けに発信している写真群であり、キュレーションサイト1xでcuration processを経て公開されたものです。 タウシュベツ川橋梁は、日本の北海道にある鉄道遺構のコンクリートアーチ橋です。ダム湖の水位変動によって水没と出現を繰り返すことから、また、経年劣化によるコンクリートの劣化のために遠くない将来の崩落が予想されていることから、別名「幻の橋」とも呼ばれます。 厳寒の北海道で歳月と氷雪によって滅びゆく荘厳さ、見るものに過去・現在・未来という時間の存在を感じさせずにはおかない佇まいは、ひとつの「橋」という存在を超越したものであるように感じられます。 岩崎は2005年からこの橋を撮り続けてきました。その枚数は数十万枚にいたります。そこから抜粋した写真をさらにキュレーションサイトである1xで審査にかけ、通過した写真だけを「The Phantom Bridge」としてプリントし限定販売いたします。 1Xはスウェーデンのストックホルムに本部がある写真キュレーションサイト。2段階の厳格なcuration processを経た写真だけがそのサイトで掲載にいたるものです。掲載後には当該サイトでもプリントを購入することができますが、プリントと額装に撮影者の意図は加わりません。 当サイトでは、撮影者本人の指示によるプリントそして額装を施した写真の限定販売を行います。ご希望の写真の番号にてご注文ください。あらためてこちらから確認のご連絡を差し上げます。 各プリントはA4サイズで価格は9万9千円(税込、送料別)となります。複数作品をご購入の場合にはお値引きいたしますので、ご注文前に、コンタクトページからご連絡くださいますようお願いいたします。 信頼できるプリントショップにて岩崎の指示でプリントした写真にサインを入れ、北海道の額装専門店でギャラリー仕様に仕上げてお届けします。 たとえばガスに包まれるタウシュベツ川橋梁。この写真を壁にかけるだけで、そこには北海道の空気が流れ込み、過去・現在・未来へと思いを馳せる縁になることでしょう。 ※額装の仕様につきましてはご希望に応じることもできます。ご相談は備考欄にてお寄せください。なお、販売写真は随時入れ替えがございます。 ※写真の仕上がりにつきましては、モニターでの見た目と実際のプリントでは違いが生じます。「イメージとちがう」という理由での返品はご容赦ください。配送途中での破損や欠陥がある場合には無償で交換いたします。
    99,000円
    オフィス・シロ オンラインショップ

マガジン

  • 『タウシュベツ日誌』制作の合い間に

    1年を通じて北海道の廃線跡に残るコンクリートアーチ橋・タウシュベツ川橋梁を撮り続け、半年に一度は『タウシュベツ日誌』シリーズとして刊行を続けています。 撮影場所は北海道の大雪山。十勝平野にある農村の街に住みながら山に通う日々では、行き帰りの道中やふだん生活の中にも、ちょっとお見せしたくなるような場面に出会うことがよくあります。 『タウシュベツ日誌』本編の撮影備忘録に加え、その途中で撮った写真などを週に一度ほどのペースでお届けします。

  • タウシュベツ日誌 番外編

    『タウシュベツ日誌 番外編』は、2020年に刊行したタウシュベツ川橋梁の記録写真集『タウシュベツ日誌』シリーズのスピンオフ企画です。『タウシュベツ日誌』未収録の写真を中心に、その撮影状況や視点など簡単なエッセイを付して紹介しています。2005年以降に岩崎が撮影したタウシュベツ川橋梁の写真群からランダムに選んだ写真を元にした不定期連載となっています。

  • オフィス・シロ オンラインショップ商品紹介

    オフィス・シロが運営しているオンラインショップで取り扱っている商品をご紹介しています。 北海道の廃線跡に残るコンクリートアーチ橋・タウシュベツ川橋梁関連の写真集やオリジナルグッズを中心に、限定品を多く販売しています。

  • 商品の画像

    「The Phantom Bridge」シリーズ 額装写真(A3サイズ)

    <"The Phantom Bridge" Framed Photo> Please note that these products are made to order. After your order is confirmed, it may take approximately 4 to 6 weeks for the item to be shipped. We appreciate your understanding and patience in advance. "The Phantom Bridge" series captures the essence of the Taushubetsu Bridge through the lens of Hokkaido-based photographer Ryoji Iwasaki. These images, curated for an international audience, have undergone the meticulous curation process of the renowned site, 1x, and have been marked as "Published." The Taushubetsu Bridge is a historic concrete arch bridge, a relic of the railways in Hokkaido, Japan. Due to the fluctuations in water levels of the dam lake, the bridge has experienced multiple submersions and re-emergences. Its impending collapse in the not-so-distant future, as a result of the concrete's age-related degradation, has earned it another name: "The Phantom Bridge." The bridge's majestic appearance, set against the harsh winters of Hokkaido and slowly deteriorating due to time and ice, seems to transcend its mere existence. It evokes feelings of the past, present, and future in all who gaze upon it. Since 2005, Ryoji Iwasaki has been documenting this bridge, amassing hundreds of thousands of shots. From this vast collection, a select few images were subjected to the rigorous evaluation of 1x, and only those that passed are available for purchase as "The Phantom Bridge" limited edition prints. 1x, headquartered in Stockholm, Sweden, is a distinguished photo curation site. Only photos that have cleared its two-tiered, stringent curation process make the cut to be showcased. While one can buy prints from the site post-publication, they do not encompass the photographer's specific vision in terms of print and framing. https://1x.com/riwasaki On this site, we offer limited edition photos printed and framed under the direct supervision of the photographer. Please place your order by specifying the desired photo number. We will reach out to you for further confirmation. Each print is A3(11.69inch✕16.54inch) size and is priced at 132,000 yen (inclusive of tax but excluding shipping). If you are interested in purchasing multiple pieces, we offer discounts. Please reach out to us through the contact page before placing your order. These photos are printed at a trusted print shop following Ryoji's instructions, signed by him, and then framed to gallery specifications at a specialized framing store in Hokkaido. Imagine a Taushubetsu Bridge shrouded in mist. Just hanging this photo on your wall will make you feel the ambiance of Hokkaido and let your thoughts wander through time, from the past to the present and into the future. ※ Custom framing options are available upon request. Please provide details in the comments section. Note that the photos available for sale are frequently updated. Note: There may be slight differences between the on-screen appearance and the actual print. We appreciate your understanding that returns due to "differences from the image" are not accepted. Should there be any damages or defects incurred during delivery, we commit to providing a complimentary replacement. <『The Phantom Bridge』額装写真> こちらの商品はご注文完了後に制作を行いますので、発送まで1ヶ月から1ヶ月半ほどお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。 「The Phantom Bridge」シリーズは、北海道在住のフォトグラファー岩崎量示が長年撮り続けてきたタウシュベツ川橋梁の写真を海外向けに発信している写真群であり、キュレーションサイト1xでcuration processを経て公開されたものです。 タウシュベツ川橋梁は、日本の北海道にある鉄道遺構のコンクリートアーチ橋です。ダム湖の水位変動によって水没と出現を繰り返すことから、また、経年劣化によるコンクリートの劣化のために遠くない将来の崩落が予想されていることから、別名「幻の橋」とも呼ばれます。 厳寒の北海道で歳月と氷雪によって滅びゆく荘厳さ、見るものに過去・現在・未来という時間の存在を感じさせずにはおかない佇まいは、ひとつの「橋」という存在を超越したものであるように感じられます。 岩崎は2005年からこの橋を撮り続けてきました。その枚数は数十万枚にいたります。そこから抜粋した写真をさらにキュレーションサイトである1xで審査にかけ、通過した写真だけを「The Phantom Bridge」としてプリントし限定販売いたします。 1Xはスウェーデンのストックホルムに本部がある写真キュレーションサイト。2段階の厳格なcuration processを経た写真だけがそのサイトで掲載にいたるものです。掲載後には当該サイトでプリントを購入することもできますが、プリントと額装に撮影者の意図は加わりません。 当サイトでは、撮影者本人の指示によるプリントそして額装を施した写真の限定販売を行います。ご希望の写真の番号にてご注文ください。あらためてこちらから確認のご連絡を差し上げます。 各プリントはA3サイズで価格は13万2千円(税込、送料別)となります。複数作品をご購入の場合にはお値引きいたしますので、ご注文前に、コンタクトページからご連絡くださいますようお願いいたします。 信頼できるプリントショップにて岩崎の指示でプリントした写真にサインを入れ、北海道の額装専門店でギャラリー仕様に仕上げてお届けします。 たとえばガスに包まれるタウシュベツ川橋梁。この写真を壁にかけるだけで、そこには北海道の空気が流れ込み、過去・現在・未来へと思いを馳せる縁になることでしょう。 ※額装の仕様につきましてはご希望に応じることもできます。ご相談は備考欄にてお寄せください。なお、販売写真は随時入れ替えがございます。 ※写真の仕上がりにつきましては、モニターでの見た目と実際のプリントでは違いが生じます。「イメージとちがう」という理由での返品はご容赦ください。配送途中での破損や欠陥がある場合には無償で交換いたします。
    132,000円
    オフィス・シロ オンラインショップ
  • 商品の画像

    「The Phantom Bridge」シリーズ 額装写真(A4サイズ)

    <"The Phantom Bridge" Framed Photo> Please note that these products are made to order. After your order is confirmed, it may take approximately 4 to 6 weeks for the item to be shipped. We appreciate your understanding and patience in advance. "The Phantom Bridge" series captures the essence of the Taushubetsu Bridge through the lens of Hokkaido-based photographer Ryoji Iwasaki. These images, curated for an international audience, have undergone the meticulous curation process of the renowned site, 1x, and have been marked as "Published." The Taushubetsu Bridge is a historic concrete arch bridge, a relic of the railways in Hokkaido, Japan. Due to the fluctuations in water levels of the dam lake, the bridge has experienced multiple submersions and re-emergences. Its impending collapse in the not-so-distant future, as a result of the concrete's age-related degradation, has earned it another name: "The Phantom Bridge." The bridge's majestic appearance, set against the harsh winters of Hokkaido and slowly deteriorating due to time and ice, seems to transcend its mere existence. It evokes feelings of the past, present, and future in all who gaze upon it. Since 2005, Ryoji Iwasaki has been documenting this bridge, amassing hundreds of thousands of shots. From this vast collection, a select few images were subjected to the rigorous evaluation of 1x, and only those that passed are available for purchase as "The Phantom Bridge" limited edition prints. 1x, headquartered in Stockholm, Sweden, is a distinguished photo curation site. Only photos that have cleared its two-tiered, stringent curation process make the cut to be showcased. While one can buy prints from the site post-publication, they do not encompass the photographer's specific vision in terms of print and framing. https://1x.com/riwasaki On this site, we offer limited edition photos printed and framed under the direct supervision of the photographer. Please place your order by specifying the desired photo number. We will reach out to you for further confirmation. Each print is A4(8.27inch✕11.69inch) size and is priced at 99,000 yen (inclusive of tax but excluding shipping). If you are interested in purchasing multiple pieces, we offer discounts. Please reach out to us through the contact page before placing your order. These photos are printed at a trusted print shop following Ryoji's instructions, signed by him, and then framed to gallery specifications at a specialized framing store in Hokkaido. Imagine a Taushubetsu Bridge shrouded in mist. Just hanging this photo on your wall will make you feel the ambiance of Hokkaido and let your thoughts wander through time, from the past to the present and into the future. ※ Custom framing options are available upon request. Please provide details in the comments section. Note that the photos available for sale are frequently updated. Note: There may be slight differences between the on-screen appearance and the actual print. We appreciate your understanding that returns due to "differences from the image" are not accepted. Should there be any damages or defects incurred during delivery, we commit to providing a complimentary replacement. <『The Phantom Bridge』額装写真> こちらの商品はご注文完了後に制作を行いますので、発送まで1ヶ月から1ヶ月半ほどお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。 「The Phantom Bridge」シリーズは、北海道在住のフォトグラファー岩崎量示が長年撮り続けてきたタウシュベツ川橋梁の写真を海外向けに発信している写真群であり、キュレーションサイト1xでcuration processを経て公開されたものです。 タウシュベツ川橋梁は、日本の北海道にある鉄道遺構のコンクリートアーチ橋です。ダム湖の水位変動によって水没と出現を繰り返すことから、また、経年劣化によるコンクリートの劣化のために遠くない将来の崩落が予想されていることから、別名「幻の橋」とも呼ばれます。 厳寒の北海道で歳月と氷雪によって滅びゆく荘厳さ、見るものに過去・現在・未来という時間の存在を感じさせずにはおかない佇まいは、ひとつの「橋」という存在を超越したものであるように感じられます。 岩崎は2005年からこの橋を撮り続けてきました。その枚数は数十万枚にいたります。そこから抜粋した写真をさらにキュレーションサイトである1xで審査にかけ、通過した写真だけを「The Phantom Bridge」としてプリントし限定販売いたします。 1Xはスウェーデンのストックホルムに本部がある写真キュレーションサイト。2段階の厳格なcuration processを経た写真だけがそのサイトで掲載にいたるものです。掲載後には当該サイトでもプリントを購入することができますが、プリントと額装に撮影者の意図は加わりません。 当サイトでは、撮影者本人の指示によるプリントそして額装を施した写真の限定販売を行います。ご希望の写真の番号にてご注文ください。あらためてこちらから確認のご連絡を差し上げます。 各プリントはA4サイズで価格は9万9千円(税込、送料別)となります。複数作品をご購入の場合にはお値引きいたしますので、ご注文前に、コンタクトページからご連絡くださいますようお願いいたします。 信頼できるプリントショップにて岩崎の指示でプリントした写真にサインを入れ、北海道の額装専門店でギャラリー仕様に仕上げてお届けします。 たとえばガスに包まれるタウシュベツ川橋梁。この写真を壁にかけるだけで、そこには北海道の空気が流れ込み、過去・現在・未来へと思いを馳せる縁になることでしょう。 ※額装の仕様につきましてはご希望に応じることもできます。ご相談は備考欄にてお寄せください。なお、販売写真は随時入れ替えがございます。 ※写真の仕上がりにつきましては、モニターでの見た目と実際のプリントでは違いが生じます。「イメージとちがう」という理由での返品はご容赦ください。配送途中での破損や欠陥がある場合には無償で交換いたします。
    99,000円
    オフィス・シロ オンラインショップ
  • もっとみる

最近の記事

『タウシュベツ日誌』最新刊制作プロジェクト明日スタート

2020年からの4年間で8冊を刊行してきた『タウシュベツ日誌』シリーズ。 その最新作制作に向けたクラウドファンディングを明日2月8日18時から開始します。 https://readyfor.jp/projects/taushubetsu-journal-vol08 こちらの本は、各号300部程度の限定写真集として、崩落間近(と20年近く言われているところ)のタウシュベツ川橋梁を詳細に記録して制作。 刊行後に国立国会図書館に納本し、予備分の一部を販売するほかはクラウドフ

    • 『タウシュベツ日誌 第7号』完成まであと少し/タウシュベツ近況

      ひさびさの投稿になります。 8月までの『タウシュベツ日誌 第7号』のクラウドファンディング制作プロジェクトでは、資金調達と並行して本の制作を進めていました。おかげさまで資金調達は無事に終了し、『タウシュベツ日誌』シリーズではもっとも多くの支援をいただくことができました。 今年3月から8月までの半年間に撮りためた写真から数度のセレクトをへて収録する写真を決定し、印刷会社への入稿データを完成させるところまでがようやく先週仕上がり、いまは本ができあがってくるのを待っているところ

      • 秋風吹く糠平湖で

        北海道らしからぬ暑さが続く夏でしたが、9月に入り、早朝の湖にようやく涼しい風が吹くようになりました。湖底に立つと、秋の虫の声が響き渡りつい聞き入ってしまいます。ふだんはお盆を過ぎると秋の風に変わると言われるのですが、今年は2週間ほど夏が長かったようです。  8月いっぱい行っていたクラウドファンディング『タウシュベツ日誌 第7号』制作プロジェクトは、おかげさまでたくさんのご支援をいただいて終了することができました。これまでに8回実施した『タウシュベツ日誌』制作プロジェクトの中

        • 『タウシュベツ日誌 第7号』制作プロジェクトは残り1週間です

          クラウドファンディングプロジェクト残り1週間  クラウドファンディングREADYFORで今月初めから行っている『タウシュベツ日誌 第7号』制作プロジェクトが残すところ1週間になりました。これまでに200人を超える皆さまからたくさんのご支援をいただいており、おかげさまで当初予定していた50ページからページ数を増やして本を制作できそうです。  まずはこれまでにご支援下さっている皆さまに感謝申し上げます。どうもありがとうございます。 これまでのタウシュベツ川橋梁撮影への取り組

        『タウシュベツ日誌』最新刊制作プロジェクト明日スタート

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 『タウシュベツ日誌』制作の合い間に
          岩崎 量示|Ryoji Iwasaki
        • タウシュベツ日誌 番外編
          岩崎 量示|Ryoji Iwasaki
        • オフィス・シロ オンラインショップ商品紹介
          岩崎 量示|Ryoji Iwasaki
        • 『タウシュベツ日誌 第1号』note版
          岩崎 量示|Ryoji Iwasaki
        • 『タウシュベツ日誌 第0号』note版
          岩崎 量示|Ryoji Iwasaki
        • タウシュベツ川橋梁~北海道の廃線跡に残る幻の橋の記録~
          岩崎 量示|Ryoji Iwasaki

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          『タウシュベツ日誌』最新刊/8月31日受付終了です

          今月1日からスタートしたクラウドファンディング『タウシュベツ日誌』制作プロジェクトが残り2週間になりました。現在までに200人を超える皆さまから制作費のご支援をいただいています。 このプロジェクトでは、集まった資金を元に『タウシュベツ日誌』を制作し支援者の皆さまにお届けする他、後世に残すタウシュベツ川橋梁の記録として国立国会図書館に納本します。 『タウシュベツ日誌』に収録するのは、直近半年間のタウシュベツ川橋梁の記録です。2020年の創刊以来、4年間にわたって制作を続けて

          『タウシュベツ日誌』最新刊/8月31日受付終了です

          『タウシュベツ日誌 第7号』制作プロジェクト@READYFOR 始まりました

          プロジェクト開始と目標達成のお知らせ お知らせしていましたとおり、8月1日18時から『タウシュベツ日誌 第7号』制作に向けたクラウドファンディングプロジェクトがスタートしました。 プラットフォームには、これまでと同様にREADYFORを活用しています。 目標金額として、印刷費の一部に充てる15万円を掲げて開始。それを開始からわずか2時間足らずで達成することができました。 本作で通算8作目となる『タウシュベツ日誌』シリーズには、長く支えて下さっているリピーターの方も多く

          『タウシュベツ日誌 第7号』制作プロジェクト@READYFOR 始まりました

          『タウシュベツ日誌 第7号』制作プロジェクト/8月1日18時スタート

          2020年から半年に一度のペースで刊行を続けている『タウシュベツ日誌』シリーズ。北海道の廃線跡に残るコンクリートアーチ橋・タウシュベツ川橋梁が崩落していく過程を現在進行形で記録していくプロジェクトです。 クラウドファンディングでご支援をいただき、その資金を元に制作した本を支援者の皆さまのお手元に置いていただくことで、後世にタウシュベツ川橋梁の記録を残していければと考えて継続してきました。 この度、第7号の制作に向けたクラウドファンディングプロジェクトを、8月1日18時から

          『タウシュベツ日誌 第7号』制作プロジェクト/8月1日18時スタート

          ヒグマがよく現れる年

          北海道では、一部の離島を除いて、どこに現れても不思議でないヒグマ。大雪山国立公園に位置するタウシュベツ川橋梁周辺は、当然のようにヒグマの生息地です。 とはいえ、ヒグマは好んで人を襲うような動物ではないので、日頃林道を使っていても見かけることは稀です。 例年であれば。 面白いもので、数年に一度、ヒグマがよく人前に現れる年があります。今シーズンはその年に当たっているようで、春先から目撃情報が続き、僕自身も頻繁に見かけています。 多くの場合、車の音に気づいて離れていくので、

          ヒグマがよく現れる年

          タウシュベツ日誌 番外編#006 数年おきに黄色く染まる

          最近のタウシュベツ川橋梁 糠平湖の水位が上がらない。 タウシュベツ川橋梁の全体を眺めることができる状況が、この春先以来長く続いている。 冬が終わってからまとまった雨がほとんど降っていないためなのか、必要があって発電所で水位を下げているのか、原因はよく分からないけれど、ともかく糠平湖底には草が生い茂り、そして黄色い花も咲き始めた。 草を求めて湖底に降りてくるエゾシカの数は日に日に多くなっているように感じられる。 過去10年間を振り返る こんなことはいつ以来だったかな

          タウシュベツ日誌 番外編#006 数年おきに黄色く染まる

          エゾシカのいるタウシュベツⅡ

          茶色一色だった糠平湖底がみるみるうちに緑に変わり、そこに少しずつ黄色が混じり始めました。場所によっては花の香りにむせそうになるほどです。 この湖底を餌場にするエゾシカの数が日に日に多くなり、最近は早朝に足を運ぶと10頭をゆうに超えるシカが草を食んでいます。 タウシュベツ川橋梁の周囲も夏草が生い茂り、エゾシカが訪れるようになりました。 糠平湖ではまだ水位が上がる様子がないんで、エゾシカの数はまださらに増えていくかもしれません。

          エゾシカのいるタウシュベツⅡ

          士幌 クマ印ブックカバー発売

          士幌 クマ印ブックカバー発売のお知らせ オフィス・シロ オンラインショップに新しいアイテムが加わりました。 「士幌 クマ印ブックカバー」。 特徴的な絵柄でもうお気づきの方もいるかもしれませんが、こちらは2年前の発売以来人気で品薄が続く「士幌 クマ印バッグ」の姉妹品です。 クマ印バッグと同じく、北海道士幌町内にある障がい者就労支援施設ほのぼのホームが製作しています。 この中に収めるために本を買いたくなるような、そんなブックカバーです。 現在の取り扱い店は、士幌町内の

          士幌 クマ印ブックカバー発売

          エゾシカのいるタウシュベツ

          タウシュベツ切手のオンライン販売スタート 今週始めに発売されたタウシュベツ川橋梁オリジナル切手。もう手に入れましたか? ぬかびら源泉郷の施設の他には、十勝管内の郵便局を中心に販売されていたことで、遠方にお住まいの方には中々手に入りにくくなっていました。ただ、今日から郵便局のネットショップで取り扱いが始まっています。 前回の第1弾切手は販売開始と同時に売り切れてしまいましたが、今回は製作数を増やしたこともあり、まだ在庫があるようですので、お求めの方は早めに注文をされると良

          エゾシカのいるタウシュベツ

          タウシュベツ切手第2弾発売

          <7月13日追記>北海道新聞に記事が掲載されました。 7月12日の北海道新聞朝刊にタウシュベツ川橋梁オリジナル切手の紹介記事が載っていました。空撮写真による独自記事と合わせて、紙面の4分の1ほどがタウシュベツ川橋梁で占められています。 <7月12日追記>朝日新聞に記事が掲載されました。 タウシュベツ川橋梁切手発売のお知らせ 先日お知らせしていた「タウシュベツ川橋梁オリジナル84円フレーム切手」が発売になりました。 製作数は前回から倍増。とはいえ1,450部限定です。

          タウシュベツ切手第2弾発売

          七夕の朝に

          今朝のタウシュベツ川橋梁 北海道では旧暦に合わせて8月7日に行われることが多いのですが、本州で生まれ育った身としては、やはり長く住んでいても七夕は7月7日の方がしっくりときます。タウシュベツ川橋梁の上には朝から夏らしい青空が広がっていました。 北海道の東側では、今夜は良い天気に恵まれる場所が多いようです。 糠平湖の水位はなかなか上がらず、湖底には草が生い茂るようになりました。タウシュベツ川橋梁が緑色の景色の中に立つ様子を見られるのは、2020年以来のことです。 最近は

          タウシュベツオリジナル切手第2弾発売

          4月10日発売の第1弾切手は即完売 今年4月に発売された「北海道 十勝 タウシュベツ川橋梁」オリジナルフレーム切手。700部限定で製作され、十勝管内の郵便局を中心に販売が始まったものが、ごく短期間で完売となりました。 こちらの限定切手製作にあたり、ぬかびら源泉郷郵便局の局長にお声かけいただいて、タウシュベツ川橋梁の写真を提供していました。 そのため、売れ残ることがなくホッとした反面、いろいろな方から「買えなかった」という声を聞く度、申し訳なく思っていました。 郵便局に

          タウシュベツオリジナル切手第2弾発売

          翠雨のあと、湖底の草原で

          雨が降り止むのを待って車を降りると、糠平湖底で青草を喰むエゾシカの群れが目に入りました。風のない湿った空気が充ちた朝の穏やかな風景です。 距離にして200メートルほどでしょうか。カメラを手に、足音を殺してゆっくりと近づいていくと、群れの中の一頭が目ざとくこちらに気づきました。動きを止めてみること3秒、彼が大きく鋭い警戒の鳴き声を上げると、群れはあっという間に湖底の草原を駆け抜け、彼方へと消えてきました。 走り去るエゾシカを見送ると、湖底に残ったのはいつもの通り林立する切り

          翠雨のあと、湖底の草原で