初心者向け動画があふれるYouTubeで、あえて上級者向け動画を見るべき理由
見出し画像

初心者向け動画があふれるYouTubeで、あえて上級者向け動画を見るべき理由

統計上、初心者はいつも多数派上級者はいつも少数派です。

(この記事は約2分で読めます)

・上級者向け動画を再生する人はたったの「20分の1」

実際YouTubeでは「上級者向けギター動画」などを作っても、ほとんど再生回数が稼げません。

下の3つの動画の再生回数をごらんください。

画像1

3つとも同じYouTubeチャンネルの同じ場所にある、同じようなサムネをした動画です。

初心者のための動画・・7.2万回再生
中級者のための動画・・1.6万回再生(初心者の約5分の1)
上級者のための動画・・3600回再生(初心者の約20分の1)

この数字からわかることは

・「中級者向け」の動画を見ようと思う人は「初心者向け」の動画を見る人の5分の1
・「上級者向け」を見る人は「初心者向け」を見る人の20分の1

つまり「上級者向けの動画まで見ようとは思う人はだいたい20人に1人くらいしかいない」ということがわかります。ざっくりとですが。

それで、お金を稼ぐ目的で動画を作るクリエイターは、絶対数の多い「初心者向け動画」しか作りません。楽器演奏だけではなく、どの分野でもそうです。

・つまり上級者向け動画から学べば「20分の1」になれる

これは簡単に「少数派」になれる方法です。

YouTubeにはお金稼ぎが目的ではない動画制作者もたくさんいます。実際YouTubeにも「楽器上級者向け」の動画がたくさんあります。例えばオカリナ演奏の凄い先生たちは「オカリナの良さをもっと多くの人に知ってもらいたい」という気持ちで多くの上級者向け動画を作っています。

でもそれらの動画は、やはりどれもほとんど再生されていません。ほとんど見過ごされています。

これは大きなチャンスです。ただオカリナのすごい先生方の動画を見て、無料のレッスンを受けるだけで「20分の1」、つまり少数派になることができます。20人の人が見過ごしている情報を自分だけ身に着けることができます。

今オカリナ演奏者たちは、お金を払わないと受けられないようなすごい質のレッスンが無料でいくらでも受けられる状態です。月謝も交通費もいりません。用語が複雑でわかりにくいなどどということも全然ありません。本当にいい時代になったと思います。

自分もそうですが、これは初心者だと思う人こそどんどん学ぶべきことだと言えます。

ただ、それらの動画は「エンターテインメント」ではなく「教育」のカテゴリに入ります。視聴の前に「暇つぶし」→「授業」の頭の切り替えは必要かと思います。

繰り返しになりますが、初心者、上級者などという指標はいつも相対的なものです。この方法で「20分の1」になることは「上級者」という少数派になるものすごい近道なのかもしれません。

動画を再生するのに初心者も上級者も関係ありません。今すぐ楽器を片手に「難しそう」と思う楽器練習動画を再生してみてはいかがでしょうか

その意志力さえあれば、あなたはもう20分の1です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をかいた人

オカリナ講師のジャスティン

YouTube👉 http://www.youtube.com/c/OcarinaWorksofJustin
✔︎トリプルオカリナ演奏動画
✔︎初心者~上級者向けオカリナレッスン
✔︎練習やる気が出るアイディア

ホームページ👉 http://ocarina.cloud-line.com/
✔︎プロフィール
✔︎お問い合わせ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
YouTubeに生息するオカリナレッスンの人。トリプルオカリナ(複数管オカリナ)というあまり世に知られていない楽器を駆使して音楽作りをしています。オンラインでオカリナを教えながら、アフリカで暮らしています。