見出し画像

立ち上がり動作について④ ~評価・治療していく為に必要なPOINT 後編~

脳外ブログ 臨床BATON

本日も臨床BATONへお越しいただき、ありがとうございます。
最近子供とカエル・ザリガニ・トンボなどを獲りに行くのが楽しくなってきた(自分が子供頃はトカゲをよく獲りにいってたのを思い出し懐かしい気持ちになっていました)、234日目担当のPTジュニアこと吉岡勇貴です(^-^)

本日は前回、前々回の立ち上がりの評価についての続きをお伝えしていきます。前回のブログをまだ読まれていない方はこちらからどうぞ(/・ω・)/


https://note.com/nougeblog/n/n2aebd9b22a9a?magazine_key=m98d2004582c1


★はじめに


前回・前々回の簡単な復習から


【立ち上がりの目的は立位を保つこと】

【立ち上がりのポイントは重心と支持基底面】


立位を保つという結果にフォーカスを当てるのではなく、足底接地状態や足の向きといった部分を評価する事で結果までの過程を知る事ができます。ここを知る事が私自身臨床の中で非常に大切な部分だと感じています。
そして、足底接地と足の向きが変化すると何が変わるかというと重心と支持基底面の関係性です。ここが崩れる事で立ち上がり動作が困難になる事や、立位を保つことができない状態となります。なぜなら、足底接地が不安定な状態であれば重心をコントロールすることが難しくなり、通常より重心をコントロールする為には筋活動が必要となります。

重心とは

力学的において空間的広がりをもって質量が分布するような系において、その質量に対して他の物体から働く万有引力(重力)の合力の作用点であると定義される点のことである。
Wikipediaより

これだけだとイメージがしにくいですし、どこを見ればいいのか分からないですよね💦

画像11

図1が重心となります。先ほどよりはイメージ出来ているのではないかと思います。この重心が立ち上がりで臀部離床の際に足部の支持基底面内まで移動できるかが重要になってきます。


次に支持基底面についてです。

支持基底面とは

支持基底面(base of support:BOS)とは体重や重心により圧を感じることができる身体表面(支持面)とその間にできる底面のことをいう。
宮崎哲哉:支持基底面.理学療法ジャーナル44巻8号.2010 8

この支持基底面と重心の関係は立ち上がりのみならず、色んな場面で必要となります。

ここで立ち上がりの支持基底面と重心の動きを確認しておきましょう(図2)

立ち上がり 支持基底面

立ち上がり動作では重心が前上方へ移動していきます。それに伴い支持基底面は臀部離床を境に狭くなっていきます。なので、この足部の支持基底面内まで重心移動を行う事が重要になってきます。

この続きをみるには

この続き: 3,119文字 / 画像3枚

このマガジンでは週2日、明日から臨床に活かせる新たな記事を皆様にお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、知識と臨床を結び付けたい…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!