トイレットペーパーの服
見出し画像

トイレットペーパーの服

このツイートを見て、色彩と形のリズムに惹かれて図録を購入した。

"本来は衣服とは無縁の形を、服として捉え直すことで、原型からでは生み出すことのできないデザインの可能性を探る試み"  (図録内解説より)

解説のとおり、「人間の身体の形が想定されていないところから発生した衣服」が並んでいた。当たり前の延長線上ではなくて、全く思いもよらないところから、えいや!と引き寄せる発想・アウトプットが見ていて楽しい図録。

鬱々としていたので、素敵な写真をドローイングしたらとても楽しかった。

画像2

画像2

画像3

最後のはイマイチだ…(私の絵が)。

どんな形の物体も穴を3つあければユーモラスな衣服になるという、おおらかで大胆な着想。私はドローイングでその着想をなぞるだけで、そこに自分のクリエイティビティはほぼ無い。でも「描きたい対象をなぞらせてもらうだけの日」があってもいい(と思いたい)。ちょっと辛いとか、しんどいときは、人の何かを借りて描く。

こうやって毎日家に閉じこもっていると、目にする景色が減ってしまう。
アイデアの泉が減りがちだなあと感じている。色々な本を漁って過ごそう。

いつも素敵な本をツイートしてくださるノストスブックスさん
ありがとうございました。


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
野瀬奈緒美

いただいたサポートは、イラストレーションの製作費として大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!励みになります!
イラストレーター。浜松出身、東京在住。『第九の波』(書肆侃侃房)の装画など。'19年「ザ・チョイス」準入選(佐藤亜沙美氏の選)。パレットクラブ、山田塾修了。メーカー広報、子供向け教材編集者等を経て活動中。 勉強グレして、"普通の優等生コンプレックス"を罹患してた人です。