見出し画像

「イルミねこがまよなかに」

東大ばば門さん(@babamonsan)がブログで「歌える絵本」のことを
書いていらっしゃるのを読んで思い出したことがあった。

娘に最初に買い与えた絵本のことだ。
タイトルは「イルミねこがまよなかに」。

画像1

織茂恭子さんの絵に阪田寛夫さんの詩。
月刊誌の定期購読を始めて、最初に届いた絵本だったが、
それを見て、正直、私はちょっとだけがっかりした。
ストーリーのあるものではなく、子どもが喜ぶとは思えなかったのだ。
けれど、長女は嬉々として、「よろーそろー」や「はてはてはてな」と
歌い、すべて暗唱してしまった。
この中の言葉ひとつひとつが、娘にとっては、まさに歌だったのだ。
それは私にとっても驚きで、版元の福音館書店に感想を送った。
すると、思ってもいなかったことだが、阪田さんから葉書きが届いたのだ。

阪田さんは「お嬢さまに励まされたようで嬉しく」と書いてくださったが、
阪田さんの言葉に、当時、娘は2歳半、第2子が生後半年で、
仕事の再開を悩んでいた私自身が励まされたのだった。

福音館書店のホームページを見る限り、単行本化はされていないようだ。
表紙の折れ曲がった我が家の「イルミねこ」は
これからも大切にされることだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ してくださって、どうもありがとうございます!
街を歩いていて、また、急にニュースが目に飛び込んできて、「あれはあの時の私だ」と思う瞬間がある。その時の私にはわからなかったこと、見えなかったことの数々が今ならわかる。あの時の自分やそれを思い出させてくれた会話や風景に向けて書いていきたい。「私だ」と思う次の人のために。