Birthday Musics Today (2020/2/13)
見出し画像

Birthday Musics Today (2020/2/13)

norix

今日の1枚も、先日の「里山グルメ初詣ライド」から。

自転車仲間と火を囲んで過ごすかけがえのないひとときは、他には代えがたい貴重な時間でした。江戸時代の古民家・吉田家住宅さんでは、こんな素敵な囲炉裏が私たちを待っていてくれたのです。

ふだんの「里山グルメ」では訪問しない場所にも祈りを捧げに足を伸ばす、特別な里山一日旅、今年の最後は2月23日(日)となります。ぜひご一緒いたしましょう〜!

2月13日の Birthday Musics Today。なぜか不思議とジェネシスネタが続く毎日ですが、今日は大トリ(^^; ピーター・ガブリエルの誕生日です。

"The Carpet Crawlers"ばかり紹介しているので、今日は77年発表の最初のソロアルバム収録の“Solsbury Hill”をお聴きください。

★ピーター・ガブリエル(Peter Brian Gabriel, 1950.2.13 - )"Solsbury Hill"

ライブ音源に、いろんな年代の映像をモンタージュしている面白い作品です。

★キング・フロイド(King Floyd, 1945.2.13 - 2006.3.6)”Groove Me”

1970年のヒット曲。微妙にレゲエ風味なのが、この時代としてはピリリと新味です。

国内のミュージックシーンから…

★矢野 顕子(1955.2.13 - )誕生。"中央線"

★南 こうせつ(1949.2.13 - )“神田川”

クラシックの世界から…

★フョードル・シャリャピン(Fyodor Ivanovich Chaliapin, 1873.2.13 - 1938.4.12)

映画に出演しているシャリアピンを集めた映像。イベールの“ドン・キホーテ”を後半で歌っています。

ちなみに、料理の名前として有名な“シャリアピン・ステーキ”は、来日中に歯を悪くした彼のために、帝国ホテルがのシェフが肉を叩いて作った柔らかいステーキのエピソードから生まれたそうです。

“バラード”というと、ポピュラー音楽でもあまりに一般的な言葉ですが、もともとは詩の形式で、器楽作品に“バラード”という標題を付けたのは、ショパンが最初だということをご存知でしたか?

今日が誕生日の仲道 郁代さんのこの動画で勉強しました(*^_^*)

★仲道 郁代(1963.2.13 - )“バラード第1番 op.23”

往年の伝説的な2人の大ピアニストも今日が誕生日で、やはりショパンのバラードをピアノロールや録音で残しています。

同じ“バラード”でも、現代の演奏の方がオーソドックスで、情感を込めて歌い上げているのに対して、古い演奏の方がある意味自由自在! 逆に新しさを感じてしまうのがとても面白いですよ。

★レオポルド・ゴドフスキー(Leopold Godowsky, 1870.2.13 - 1938.11.21)“ショパン/バラード第1番 op.23”

★イグナーツ・フリードマン(Ignaz Friedman, 1882.2.13 – 1948.1.26)“ショパン/バラード第3番 op.47”

今日は週末イベントのために、試走に行ってきます!

ではまた明日〜!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
norix

よろしければサポートお願いいたします。いただいたサポートを、毎日続ける力に変えていきます!

お読みいただきありがとうございます!
norix
「奥武蔵自転車旅行社」という1日自転車旅のガイドをしています。一方、雑食的な音楽好きで、自転車に乗っている時も常に頭の中では何らしら BGMが流れています。毎日その日に誕生日を迎えた音楽家について書いていたのですが、この際、ここ noteにまとめることにしようかと考えました。