見出し画像

Birthday Musics Today (2020/4/2)

norix

★マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye, 1939.4.2 - 1984.4.1)誕生。”What's Going On/What's Happening, Brother" Live 1972

70年代初頭に彼が持った世界への違和感、社会への問題意識が、40〜50年後の今でも相変わらずビビッドであり、むしろメッセージ性をさらに強く持っていることに呆然としてしまいます。私たちは一体何をやってきたのだろう…

彼が非業の死を遂げたのは、奇しくも誕生日前日の4月1日でした。

★レオン・ラッセル(Leon Russell; Claude Russell Bridges, 1942.4.2 - 2016.11.13)誕生。“A Song for You”

★エミルー・ハリス(Emmylou Harris, 1947.4.2 - )誕生。“Tulsa Queen”

彼女を初めて知ったのは、高校時代に友人に借りたボブ・ディランの当時の最新作 “Desire”でした。“One More Cup Coffee” で、苦しげに絞り出すような独特な女性の声を、今でもよく憶えています。

★セルジュ・ゲンスブール(Serge Gainsbourg, 1928.4.2 - 1991.3.2)誕生。ジェーン・バーキンと… "Je t'aime... moi non plus"

★ブッカー・リトル(Booker Little, Jr., 1938.4.2日 - 1961.10.5)誕生。23歳という若さで夭折した天才トランペッター。”Opening Statement”

LPを持っているので、久しぶりにレコードで聴きながら書いています。彼自身の作曲で、ピアノはトミー・フラナガン(3/16 参照)。伸びやかで艷やかな音色、素晴らしいスイング感…

★忌野 清志郎(いまわの きよしろう、1951.4.2 - 2009.5.2)誕生。初代「自転車名人」でもあります。“雨あがりの夜空に”

★伊藤 咲子(1958.4.2 - )誕生。“乙女のワルツ” 名曲です。

今日の写真は、東秩父村にある川沿いの集落です。春の花は、こんな風にたくさんの色が入り乱れているのが好きだなぁ… 

今日が誕生日のマーヴィン・ゲイに敬意を表して、長尺のライブを年代順にいくつか紹介しておきます。外出自粛で鬱々としているみなさん、ご自宅でゆっくりお楽しみください…♪

"Marvin Gaye - LIVE The Midnight Special 1974"

"Marvin Gaye - LIVE In Paris 1976"

"Marvin Gaye - Live in Amsterdam 1976"

"Marvin Gaye - Live in Tokyo - 1979"(音声のみ)

"Marvin Gaye - LIVE In Belgium 1981"

では、また明日〜!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
norix

よろしければサポートお願いいたします。いただいたサポートを、毎日続ける力に変えていきます!