Birthday Musics Today (2020/4/20)
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

Birthday Musics Today (2020/4/20)

norix

★ジョン・エリオット・ガーディナー(John Eliot Gardiner, 1943.4.20 - )誕生。イギリスの名指揮者。合唱指揮からキャリアをスタートし、バロック音楽のスペシャリストとして活躍。レパートリーをどんどん開拓して、今ではモダン楽器のオーケストラに客演する機会も多い。“バッハ/クリスマス・オラトリオより第1曲”

★ニコライ・ミャスコフスキー(Nikolai Yakovlevich Myaskovskii, 1881.4.20 - 1950.8.8)誕生。ロシアの作曲家。弦楽四重奏曲を13曲、交響曲を27曲も残している多作家。オイストラフに献呈された叙情的で美しい“ヴァイオリン協奏曲ニ短調 op.44より第2楽章”

★ライオネル・ハンプトン(Lionel Hampton, 1908.4.20 - 2002.8.31)誕生。ケンタッキー生まれの、ジャズ・ヴィブラフォンの第一人者。"Flying Home" Live 1957

★ティト・プエンテ(Tito Puente, 1923.4.20 - 2000.5.31)誕生。ニューヨーク出身のラテン音楽家 “Oye Como Va”

★ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross, 1951.4.20 - 2005.7.1)誕生。ニューヨーク出身のブラック・コンテンポラリー・シンガー。"Always And Forever"

★ジョニー・ティロットソン(Johnny Tillotson, 1939.4.20 - )誕生。アメリカのシンガー。“涙くんさよなら”

英語バージョンの方がA面だったようですね(^^;

★エイプリル・マーチ(April March; Elinor Blake, 1965.4.20 - )誕生。アメリカのフレンチポップ・アイドルという珍しい立ち位置。“Mignonette”

タランティーノ監督2007年の映画「デス・プルーフ」にが使われた“Chick Habit”は、セルジュ・ゲンスブールがフランス・ギャルに書いた曲を彼女自身が英訳したのだそうですです。

午後の“部屋充”ミュージックは、私がいちばん好きなモーツァルトのオペラなどいかがでしょうか? 今日77歳を迎えたジョン・エリオット・ガーディナーが1994年にコンセルトヘボウでタクトを揮った「ドン・ジョヴァンニ」です。

古楽器オーケストラなので、若干キーが低いのが耳のいい人には分かるかも…♪

"モーツァルト/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527"

今日の写真は、昨年の今頃「ヒルクライム/上級編」からの1枚です。あと少しで堂平山の頂上というところで、パァーっと景色が広がる瞬間。みなさんの視線の先には、東京の街並が遠く見えているんです。今までにないほど空気が澄んでいた1日でした!

では、また明日〜!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
norix

よろしければサポートお願いいたします。いただいたサポートを、毎日続ける力に変えていきます!

ウレシイです〜!
norix
「奥武蔵自転車旅行社」という1日自転車旅のガイドをしています。一方、雑食的な音楽好きで、自転車に乗っている時も常に頭の中では何らしら BGMが流れています。毎日その日に誕生日を迎えた音楽家について書いていたのですが、この際、ここ noteにまとめることにしようかと考えました。