新会社で実現したい「3つのドリーム」
見出し画像

新会社で実現したい「3つのドリーム」

佐々木紀彦

NewsPicksを退任してはや半年。

過去6ヶ月間、何十人ものプロや起業家や投資家や友人にフィードバックをもらいながら、事業プランを練り込み、ついに起業準備が整いました(詳細なプランは後日お伝えします!)

なぜ今、起業するのか? 

それは3つのドリームを成し遂げたいからです。

クリエーター・ドリーム

1つ目は、「クリエーター・ドリーム」。

今、世界では「クリエーター・エコノミー」がバズワードになるほど、クリエイティブ分野に才能とお金が集まっています。

YouTube、Netflix、TikTok、Disney+のような映像プラットフォーム、BTS擁するHYBEのようなスタープラットフォーム、スタジオドラゴンのようなドラマ製作スタジオ、Substackのようなニュースレタープラットフォーム、WEBTOONのような漫画プラットフォームなどなど、百花繚乱です。

翻って、日本ではあまり景気のいい話がありません。

その理由は明白です。

古いシステムを革新する挑戦者が現れなかったからです。テレビも映画も新聞も出版も芸能も、既存プレーヤーによる寡占状態でマーケットが閉ざされているからです。狭くて古い村社会になっているのです。

対照的なのが、韓国です。

アントレプレナーが続々と登場し、ハリウッドモデルに学びながら、エンタメ、コンテンツ、メディア領域を進化させています。

NiziUを産んだJYパーク、BTSを育てたパン・シヒョク、CJエンターテイメントの礎を築き、「パラサイト」をアカデミー賞受賞へと導いたイ・ミギョンなどが代表格です。

日本でもすでに、革新を起こした企業があります。

それは、漫画アプリのピッコマです。

日本をベースに世界最大の漫画アプリへと成長し、ピッコマを運営するカカオ・ジャパン(韓国カカオの日本法人)の企業価値は8000億円を超えています。

日本の地上波5局を合計した時価総額は、1.2兆円強(最大が日本テレビの3511億円で、最小がテレビ東京の613億円)。今の勢いで伸びれば、カカオ・ジャパンの企業価値は、テレビ全局の合計を超えるでしょう。

世界の市場だけでなく、国内の市場ですら、新たな挑戦を海外のプレーヤーに頼っている。これはあまりに情けない。。。

そこで、日本にも新しい「クリエーター・ドリーム」を創るべく、新たなコンテンツ・メディア企業を創ることを決意しました。

どうすれば新しい「クリエーター・ドリーム」を生み出せるのだろうかーーそう思い悩んだ末に浮かんだのが、「スタートアップ・ドリーム」とつなげるアイディアだったのです。

スタートアップ・ドリーム

2つ目のドリームは、「スタートアップ・ドリーム」

実は、当初は上場を目指さないつもりでした。少人数のブティック型企業にしようとも考えました。

コンテンツ・メディアという事業の特性上、上場とあまり相性がよくない(国内でこの分野の上場企業は多くありません)、コンテンツは長い目で投資する必要があるため、短期的な利益を求める株主と相性が悪い、などいろんな懸念点がありました。

しかし、じっくり自分と向き合う中で、「これは単なる逃げなのではないか」と感じ始めたのです。

コンテンツ・メディア企業は未上場の方が発展するのか?

むしろ、資本市場としっかり向き合わず、ガバナンスも杜撰だったため、日本のコンテンツ・メディア企業は経営が進化しなかったのではないか?

資本市場をうまく活かしたからこそ、ネットフリックスはここまで発展したのではないか?

米国ではスタートアップマネーを貪欲に取り込むニューメディアがたくさんあるのに、日本ではなぜないのか?

HYBEも、CJエンターテイメントも、スタジオドラゴンも、JYPエンターテイメントも全て上場して世界進出を果たしているではないか?

それなのに、最初から未上場と決めつけて、舞台に上がることすらしない。それは情けないことではないか、と感じたのです。

むしろスタートアップマネーを活かすことで、コンテンツにリスクマネーが流れる道を日本で創りたい。

世界ではお金がジャブジャブなのに、日本のコンテンツ業界はお金がカツカツーーこのギャップを埋めることに、新会社の意義があるのではないかと考えたのです。

新会社は、ベンチャーキャピタルからの出資も受け、「通過点としてのIPO」も目指します。

そして新会社のメディアでは、新時代を創るスタートアップのストーリーもどんどん創っていきます。

我々自身が「スタートアップ・ドリーム」を追いつつ、様々な起業家の「スタートアップ・ドリーム」をストーリー化していく。そうすれば、より魂の込もったコンテンツを創れるのではないか。

傍観者ではなく、実践者だからこそ生み出せる。そんなコンテンツを世の中に届けたいと思っています。

ジャパニーズ・ドリーム

3つ目に実現したいのは、「ジャパニーズ・ドリーム」

ドリームが必要なのは、コンテンツやスタートアップの世界だけではありません。

昭和は遠くになりにけり。コロナショックが日本の変化を加速させる中、新しくて、彩にあふれるジャパニーズ・ドリームが求められています。

宇宙、地球、国、地域、会社、NPO、家族、友人、個人など、いろんな単位の、いろんなドリームがあっていい。ドリームが小さいか、大きいかよりも、ドリームのカッコよさが問われます。

すでに世界のどこかで、新しい「ジャパニーズ・ドリーム」を体現している人が、ポツリポツリと生まれつつある気がします。

そんなカッコいいモデルを、映像や活字のストーリーとして伝えていくこと。そのストーリーによって、経済や人の心を動かし、よりよき未来を創ること。

それを新会社のビジョンとして、経済コンテンツとメディアを磨き上げていきます。

創業期メンバー募集中

とここまで、勇ましく語ってきましたが、私はコンテンツバカのため、経営者としてはピカピカの1年生。欠けているところだらけです。

新会社では、コンテンツをキングとします。しかし、横暴なキングではなく、ビジネスやテクノロジーと手を取り合う、懐が深くて、心の広いキングにするつもりです。

コンテンツだけでは、コンテンツは輝きません。マーケティング、テクノロジー、デザイン、プロダクトマネジメント、データサイエンス、ファイナンス、コーポレートなど、全てが噛み合ってこそ、最高の輝きを放ちます。

現在、明るくて頼もしいメンバーが続々集まってきていますが(ハフポスト前編集長の竹下隆一郎さんも創業メンバーです!)、今も新会社の創業期メンバーを以下のポストで絶賛募集中です。

・CTO
・プロダクトマネージャー
・CFO
・コーポレートリーダー
・コンテンツプロデューサー(映像+活字)

ご興味を持って下さった方は、以下のいずれかの連絡先に、レジメと志望理由をお送りいただければ幸いです(詳しい仕事内容や待遇などは、面接でお伝えします!)。

・メールアドレス:norihiko.sasaki@outlook.jp
Twitter:https://twitter.com/norihiko_sasaki
Facebook:https://www.facebook.com/norihiko.sasaki.5

ぜひ「3つのドリーム」を実現できるよう、早速、コンテンツ創りに取り掛かりたいと思います。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
佐々木紀彦
1979年生まれ。東洋経済オンライン編集長、NewsPicks創刊編集長などを経て、2021年にPIVOTを創業。現在、経済コンテンツサービスを準備中。著書に『日本3.0』『米国製エリートは本当にすごいのか?』『編集思考』など。最新刊に『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』