見出し画像

【ジャーナリングRPG】バーチャル・スルーハイカー:Day1-2回目の記録

ノマチ・イネムリ

キャラクター作成も終了したので、後はDay1のプロンプトを決める前にオープニングを書くのみ。日々ウォーキングやランニングをしているので記録するのには困らないのですが……。

■ Day1-2回目の記録

いつもより、心拍数が上がらない。特に調子が悪いわけではなかったんだけど、最大心拍数も平均心拍数もこれまでよりも下回っている。

おやぁ? 変えた部分といえばLoopBGMを「SonG of Dices.」から別のアルバム……というか2022年はこれでウォーキングやランニングをしようと思って昨年末に作っておいたモノに切り替えた初日。馴染んでないにしても、「SonG of Dices.」以外にも色々LoopBGMを使っていたんだからそんなことは???

あとは、靴にもアクシデントが。2021年9月20日に購入したVibram FiveFingersのV-Run 20M7002。これのソールが摩耗して踵に穴が開くという……。

はぁ、ついに来たか。もともと繰り上げたら3桁行きかけていた体重からスタートして「Kurayami Box」や「ライカンの中で1人」のテストプレイ、今年に入ってから長距離ウォークとランニングも始めていた。元々は薄いソールだったとは言え、ここ最近は荒めの砂利だったりを踏むと痛かったんですよ。本当、よく保ってくれたよ(ほろり)

■ プロローグ・ジャーナル

プロンプトを本格的に紐解く前に、プロローグ・ジャーナルを書く必要がある。これは多くのジャーナリングRPGと同じく、Day1もしくはDay0はゲーム側から指定された内容で日記を書くようになっている。いわばチュートリアルと言うべきか?

スルーハイカーのプロローグ・ジャーナルとして書くべき内容は『スルーハイクをする理由』『スルーハイクをするために何を犠牲にしたか』を必ず盛り込むことになっている。

では……。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ノマチ・イネムリ

よろしければ、サポートをお願いいたします。 紹介もチョイスも未熟なところがありますが、“こういった遊びがあるんだー”というのをお伝えし続けられればと思います。