見出し画像

FC今治を支える温かいサポーター

昨日は日帰りでFC今治の試合を見に行ってきました。

朝5時に家を出て、羽田空港発7時台の飛行機に乗り、松山空港からレンタカーを山道の中を走らせること1時間半。6時間ほどで今治に着くことができました。

イベントスペースに試合開始2時間前から多くの人が

FC今治のホームスタジアム「ありがとう夢スタジアム」は、イオンモール今治新都心の横にあります。

イオンモールからさらに一段上がった高台の上にあるので、坂を登るまではスタジアムを見ることができません。看板も小さかったので、当日行くまで「本当にここにあるのかな?」と思ったほどでした。

画像1

スタジアム横の駐車スペースに車を停めてスタジアムに。

画像2

入場ゲートをくぐって驚いたのは、イベントスペースの広さです。広いので飲食ブースに並んでいても、人がぶつかることがありませんし、飲食ブースの数も豊富です。「俺のフレンチ」のサンドイッチ、今治の焼き鳥、ラーメンなど、食べたいグルメはいっぱいあったのですが、全く食べれませんでした。理由はのちほど。

画像3

FC今治は吉本興業がスポンサーなので、ホームゲームでは必ずイベントが開催されます。この日は次長課長の河本さんとバンビーノがゲスト。ステージはありませんでしたが、ステージ開始時間近くになると、多くのサポーターが集まっていました。

僕は試合開始2時間前にスタジアムに着いたのですが、驚いたのは2時間前にもかかわらず、多くのサポーターが会場に駆けつけていたことです。FC今治のサポーターは試合開始ギリギリまでイベントエリアにいて、試合開始30分前になったら、一気にスタンドに移動するのだとか。

画像4

イベントスペースをスタジアム横のバックスタンド通路から見るとこんな感じです。奥が駐車スペースです。このバックスタンドにはずっと立っていられるというくらい眺めは最高です。

画像5

天気がよければ、海が見えることもあるのだとか。

画像6

スタジアムに入ると驚くのは、とにかくフィールドとの近さ。フィールドとスタンドを遮る敷居がないので、入ろうと思ったらスタジアムに入れます。そのくらい近い。選手やスタッフが何を話しているか全部聞こえます。選手がぶつかり合う音も聞こえます。これだけサポーターと選手との距離が近いと、臨場感が違います。

シートはコンクリートをかたどって作られているので、お世辞にも座り心地は良くないと思います。僕は立ち見で試合を見ていたのですが、座り心地が悪いことは分かっているので、サポーターの皆様は座布団を敷いたりして工夫していました。

アンケート集計を手伝ってわかったこと

この続きをみるには

この続き: 1,555文字 / 画像1枚

FC今治を支える温かいサポーター

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! サポートで得た収入は、書籍の購入や他の人へのサポート、次回の旅の費用に使わせて頂きます!

うらおもて人生録(色川武大)
33
スポーツコミュニケーター| JSAA & HiVE実行委員 | noteでスポーツコラム連載 | noteサークル会員限定トークイベント運営 | note公式「スポーツ記事まとめ」管理人 | スポーツを軸にした、個人、組織、コミュニティの支援が得意 |