見出し画像

RPAとBPMNの似ている点と異なる点

RPA, BPMN, 両者ともに”業務可視化”という副産物が生まれますが、その粒度は異なります。RPAは短期的に自動化のメリットが得られますが、本質的な業務改革にはBPMNの力が必要だと考えています。今回は、そんなRPAとBPMNの共通点、異なる点を記事にしてみました。

----ここから本文------

私は仕事でBPMN(Business Process Model & Notation)を使った業務フロー書き出しを続けている傍ら、RPAによる業務自動化も進めています。今回は2つの業務に取り組んでいる中で感じた共通点、異なる点をまとめていきたいと思います。

【共通点】
・2つとも業務の流れ(Activity, Process)を把握していないと作れない

【異なる点】
・Activityの解像度
・To beの議論対象が異なる

まず共通点ですが、これは想像がつきやすいかと思います。業務の流れが不明瞭な場合は当事者へのヒアリング、インタビューなど通して骨組みを作り、例外的なイベントがないかを確認していきます。

異なる点に”解像度”を上げましたが、ここの違いをしっかりと認識しておく必要があります。例えばこのような違いです。

BPMN : メールを作成し送信する
RPA:Outlookを開く→新規メールボタンを押す→件名に日付を入れる→...→メールを送信

RPAの方が圧倒的に粒度が細かく、一つ一つのマウス、キーボード操作を書き出していくのに対し、BPMNは業務プロセスを書き出していくため、メール送信はあくまで1つのアクティビティとして完結しています。(BPMNの方がRPAより記述する際の粒度が大きい)

どちらにも魅力があるのですが(特にRPAは自動化に繋がり、人の負担が減る)、RPAだけ進めれば業務改革!と言い切れないのではと思います。RPAは粒度が細かすぎるが故に、業務プロセス自体を見直すことは難しいと考えています。現状の業務プロセスを”正解”とした上での自動化、という点に注意が必要だと思います。

BPMNはそういった意味で、業務プロセス自体を見直すことに向いており、上位者であればあるほど、この視点で見直していくべきかなと思います。業務自体を省く、順序を変える様な議論はBPMNが向いているでしょう。(たまに、RPAでなんでも上手くいくような発言が聞こえてきますが、そうではないと思います。)

どちらか一つあれば良いという話ではありませんし、対象者が異なっているとも思います(RPA=実務者、BPMN=マネジメント)。大枠の話をBPMNで進めながら、一方で実務の現状面倒なところをRPAを使って短期で解決していく。言うは易しですが、両者のPros/Consを理解しながら両輪で進めていこうと、記事を書きながら改めて腑に落ちました。

(写真はパリにて)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日々の業務・活動を日記風にまとめてます。いつか自分が楽しく読み返せるようなものをつくりたいなと思っています。そんな日記に少しだけでも役立つ情報が含められれば、、と考えながら書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。