スマホ動画、縦で撮るか・横で撮るか

スマホで動画を撮る時、みなさん、スマホを縦で撮ってますか?横にして撮ってますか?

おそらく、「縦で撮る」方が圧倒的だと思います。ニュースなどで一般の方が撮った動画が流れることがありますが、やっぱりほとんど縦動画ですね。

これはおそらく、普段スマホを縦で使ってるからそのまま縦で撮ってるだけ、というシンプルな理由だと思います。つまり、特に深く考えていない。

そこで今回は、縦がいいのか、横がいいのかについて少しだけ考えていただこうと思います。
特に、動画を仕事で使おう、少しでも効果的に使おうと考えてる方に向けて。

* * *

縦と横。これを考えるには、「撮った動画をどこで公開するのか」がキーになります。

実際に、縦動画と横動画がそれぞれどう表示されるか見てみましょう。
YouTubeとfacebookを取り上げます。

まずは多くの方が撮る「縦動画」から。

縦動画

<YouTubeで公開>
・パソコンで見ると、両側に黒いスペースができる。

画像1

・スマホで見ると、同じく両側に黒いスペースができる。

画像2

<facebookで公開>
・パソコンで見ると、両側にスペースができる。*1

画像3

・スマホで見ると、同じく両側にスペースができる。*2

画像4

*1,2:写真と動画で表示が違うこともあるようです。また、スマホの機種によって縦横サイズも違いがあるため、表示はいろいろなパターンが考えられます。

続いて、「横動画」はどうでしょうか。

横動画

<YouTubeで公開>
・パソコンで見ると、無駄なくきれいに表示される。

画像5

・スマホで見ても、無駄なくきれいに表示される。

画像6

<facebookで公開>
・パソコンで見ると、普通に横長に表示される。

画像7

・スマホで見ても、普通に横長に表示される。

画像8

* * *

いかがだったでしょうか。

まとめると、横動画はYouTubeでもfacebookでも無難。
縦動画は、どうしても両側に無駄なスペースができてしまう。

ホームページに、YouTubeの動画を埋め込むなら、YouTubeでの表示に準じます。つまり、ホームページには、横動画の方が合うでしょう。

「縦動画は表示に注意!」
これが、僕の(今の)結論なんです。

スマホでfacebookを見る場合に限り、横動画より縦動画の方が目に入るサイズが大きい(と感じます)。製品などをより大きく見せたい、縦を生かした動画、なんて場合には、縦動画はPR方法として正解の一つだと思います。
例えばフルーツパフェなどは効果的ではないか。

一方で、個人的には顔のアップは注意が必要かなと思ってます。時々、フェイスブックで知らない人のドアップの顔が現れてギョッとすることも。

Instagramは正方形に近い表示なのでまた特殊ですし、縦動画をメインとしたメディアもあります。Twitterはどうかなど、公開場所によってそれぞれの特性を知っておくといいですね。

でも、ここで「こうしよう」と書くことはできないんです。

理由は2つ。
1)個人の好み、何を撮るかによって変わるから
2)動画を公開するメディアは増え、今あるものもどんどん変化していくだろうから

動画の上手い下手は、画質や機材ではなく、こういった見せ方の部分も大きいんですね。撮影スキルだけでなく、「見せ方スキル」も磨いていきましょう。

=============================
オリカワシュウイチ
映像クリエイター/絵コンテコーチ

初心者の映画制作をサポートする活動を全国で続ける。埼玉在住。
仲間ゼロ・カメラ1台から映画作りをスタートし『映画工房カルフのように( http://karufu.net/ )』を立ち上げ、セミナーやワークショップを通して、これまで1000人以上に映画作りをアドバイスする。スタローンに生で会ったことのある広島県人。著書に『事例で学ぶ1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック』(ペンコム)がある。
=============================

#映像制作会社 #動画 #映像 #動画制作 #映像制作 #撮影 #動画撮影 #動画編集 #映像編集 #絵コンテ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
新浦和映像は浦和を拠点に活動する映像制作会社です。 NUF / New Urawa Film is a video production company based in Urawa.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。