見出し画像

中国軍が対馬を中国のものと認識か

売り切れ

画像1

ワトソン君:対馬の事なんですけど、ネットユーザーがヘンな事を書いてます!

黒井:どうした?

ワトソン君:中国機が2月23日に、竹島の近くを飛行しましたよね?あの時の経路図を正確に見てみたら、大変な事が分かったんです!ネットユーザーは、対馬が紛争地域になるって言ってるんです!

黒井:ほほう。どういう経路だったんだ?

ワトソン君:それが、「習さんライン」と呼ばれてるんです!

竹島は外側だが対馬が内側に

黒井:習さんライン?間の抜けた呼び名だな。

ワトソン君:元の反応では「キンペーライン」と書かれていました。これがその画像です!
https://img1.yna.co.kr/etc/graphic/YH/2019/02/23/GYH2019022300030004400_P2.jpg

黒井:これが23日の中国機の飛行経路なのか?

※この記事は2019年2月28日に投稿された記事だ。News U.S.で最も多く読まれた記事をいくつか抜粋して再編集し、特選記事として再掲することにしている。
※当時とは大幅に状況が変わっていることもあり、そのことを踏まえた内容を注釈という形で付け加えている。途中にも注釈を多く挟み込んだ。注釈部分は本家では登場しないオリジナルの内容だ。

この続きをみるには

この続き: 3,051文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
黒井「このマガジンは2019年らしく2019円にした」「それから一度買えば無料で記事が延々と追加されていく。延々とだ」 ワトソン君「上限はないんですか?」 黒井「特にない。興味深い記事が全部出尽くすまでだ」「採算性も考えてない」 ワトソン君「太っ腹ですね!」

2019年の1年間で最も多く読まれた記事のうち、特に重要または興味深い内容に仕上がった記事をピックアップしてまとめた。いつ読んでも楽しめる…

または、記事単体で購入する

中国軍が対馬を中国のものと認識か

News U.S. note

222円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18
本家News U.S.の記事を再編集した2019年特選記事マガジンの他に、期間限定販売のコロナウイルス対策マガジン(日本支部・海外支部)などを定期的に発行している。本家では取り上げられないようなディープかつシリアスな話題が多い。サーバー障害発生時には避難所としても機能している。

この記事が入っているマガジン

News U.S. 2019年特選記事
News U.S. 2019年特選記事
  • 26本
  • ¥2,019

2019年の1年間で最も多く読まれた記事のうち、特に重要または興味深い内容に仕上がった記事をピックアップしてまとめた。いつ読んでも楽しめる記事が厳選されている。