新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

作家・金原ひとみ 新常識を問う コロナ時代の"恋愛と性”

人との物理的な距離をとることが
推奨されている今、
芥川賞作家の金原ひとみさんがあえて、
それに逆行するような作品を発表しました。
その名も「アンソーシャル・ディスタンス」。
彼女が伝えたかったこととは?
(8月21日(金)news23より)

画像2

作者が主人公に選んだのは、
この社会の大きな渦に巻き込まれた
若いカップルだった。

画像2

画像3

画像4

「緊急事態宣言」最中の
今年5月に発表された
小説「アンソーシャルディスタンス」

画像5

感染を抑制する手段
「ソーシャルディスタンス」とは
真逆の発想

執筆したのは…。

画像6

芥川賞作家・金原ひとみ。

画像7

画像8

画像9

物語に描かれているのは、
新型コロナの感染が拡大するなかでも、
一緒にいることを最も大切にする
大学生2人の恋愛だ

画像10

耳や唇に
いくつものピアスをつける金原。
彼女の名を世に知らしめたのは…。

画像11

“生きていることを実感できるのは
痛みを感じているときだけ“
……という少女の葛藤と
絶望の日々を描いた「蛇にピアス」

画像13

まだ20歳だった2004年、
このデビュー作で、芥川賞を受賞した。

画像14

金原は今回、コロナ禍の恋愛を描くことで、
「ソーシャルディスタンス」という名の
新たな常識を問おうとしていた。

画像15

主人公は、大学生の沙南(さな)と幸希(こうき)。
作中には、
沙南との外出を繰り返す幸希に、
母親が、苦言を呈する場面がある。

画像16

画像18

恋愛をめぐり、徐々に高まる
閉塞感が描かれていく。

画像18

画像19

画像20

画像21

画像22

画像23

画像24

画像25


画像26

画像27

画像28

画像29

画像30

画像31

画像32

主人公の沙南と幸希もまた、
コロナ禍にあって
閉塞感を破るような
「風穴」を開けることを求めている。

画像33

大学の卒業式や
就職のための企業説明会が
相次いで中止となる中、
沙南は、大好きなバンドの公演に
幸希と行くことだけを楽しみにしていた。  

画像34
しかし……

画像35

画像37

画像38

ライブが中止となった2人は、
別の形で閉塞感からの解放を求めていく。

画像38

画像39

画像40

画像41

画像42

画像43

画像44

フリータイムが終わった後、
2人は、落胆したまま
改札の前で手を振って分かれた。
その場に立ち尽くした幸希は…。

画像45

画像46

幸希は、今のこの時間が
続いてほしいと思った。

画像47

画像49

なぜ金原は、
今の社会の変化に逆行するような
大学生の恋愛をテーマにしたのか。

画像49

画像50

画像51

画像52

画像53

画像54

画像55

画像56

動画はこちらのURLからご覧いただけます。
https://youtu.be/EKI5eZZFmbM
ありがとうございます!ぜひシェアもお願いします
TBSテレビ/JNN系列で放送中の「NEWS23」(月~木曜よる11時00分から・金曜よる11時30分から)の公式noteです