新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

サカナクション山口一郎 「新しい感動を発明したい」コロナ時代の “音楽のカタチ”

新型コロナの影響で
コンサートが相次いで中止となるなど、
苦境の音楽業界。
いま、新たな挑戦が始まっています。
人気バンド「サカナクション」が模索した、
コロナ時代の“新しい音楽のカタチ”とは?
(8月18日(火)放送より)


画像1


先週末、初のオンラインライブを行った
男女5人組バンド「サカナクション」

画像38

バンドのフロントマン・山口一郎さんだ。

画像34


山口さんは、
コロナ時代の新たな音楽のカタチ
を模索していた。

画像4

山口さん:
「いつも生でライブを見に行くものとは違う感動があるっていうことを、ちゃんと届けていかなきゃいけない。そういう責任感みたいなものは勝手に持ってやっています。」


画像5

音楽業界にも大きな打撃を与えた新型コロナ。
「サカナクション」も、その例外ではない。

画像6

山口さん:
「ミュージシャンの主な仕事としては、ライブを行うこととCDをつくることの2つなんですね。もちろんライブをするっていうことが1つなくなってしまった部分で大きく収入は減ってしまいますし、ミュージシャンとしては3分の1ぐらい落ち込んだのが現状ですね。」


画像7


最新のテクノロジーを駆使し、
ライブでも
先進的な表現を模索してきたサカナクション。
しかし、全国ツアーはコロナの影響を受け、
2月下旬を最後にすべて中止となった。


画像38

自粛生活が続くなか、
山口さんが積極的に取り組み続けてきたのが
「SNSでの生配信」だ。
人と簡単に会えなくなったコロナの時代、
SNSは人とつながるための重要なツールだが、
一方で、“人を傷つける言葉”
があふれていることに
山口さんは心をいためていた。


画像9

画像10


山口さん:
「SNSで誹謗中傷の問題もありましたけど、みんなそれはよくないとか、そういうことしてはいけないと分かっていながらも、どうしても知らぬ間にそういう状況になっているっていうこの感覚を、僕はかつて音楽にしたことがあって」


画像11

山口さんは9年前、
今の状況を彷彿とさせるような楽曲
生み出していた。
『エンドレス』だ。こんな歌詞がある。

画像12


画像14

画像13

画像15

山口さん:
「今聴き直すと、SNSの誹謗中傷であったりとか、自分たちがどう向き合っていくべきなのか、ということにも当てはまっていたような気がして。コロナによって新しくSNSを使い始めた人たちが増えてきて、SNS上でのリテラシーってものがまた問題化されているなっていうのは、自分の中であの曲を歌にした意味があったのかなっていう気がしていました。」



もう1つ、山口さんが
コロナ禍で目の当たりにしてきたのが
“音楽業界への風当たりの強さ”だ。
3月には、ライブハウスでのクラスターが
次々に判明。厳しい声があがった。

画像25


この状況に、山口さんは苛立ちを覚え
SNSで音楽業界がおかれた窮状
訴えかけたことがあった。


画像18

画像19

山口さん:
「(音楽業界が)やばいことが申し訳ないけど見えてこないっていうけど、あなたがやってる仕事だったらわかるでしょ。僕らミュージシャンだけいても、コンサートできないわけですよね。コンサートで生活している会社がいくつもあるわけですよ。それは10年も20年も一緒にやってきた仲間ですよ。そういうひとたちが本当に生活できなくなると。つぶれてしまうと。」
(3月23日未明 インスタグラムライブより)


画像19

サカナクションにとって、
半年ぶりのライブパフォーマンスの場となる
今回のオンラインライブには、
仕事の機会を失っていた
「チーム」の仲間も集結。

画像20


ライブには、
“仲間を守りたい”との思いも込められている。

画像21

山口さん:
「スタッフの方のなかには、アルバイトをしているっていう人も結構いましたね。音楽の仕事だけじゃもう生活できなくなって派遣で働いている方とか。家族を守るのと同じ感覚で、一緒に切磋琢磨してきた分この状況を乗り越えたいなって思っていますけどね」




今回、打ち出したのが、
「ライブミュージックビデオ」という
新たな音楽のカタチだ。

山口さん:
「“新しい感動を発明したい”っていうのがテーマなので、そこにたどりつけるように努力はしたいなと。」

画像23


ライブをつくってきたチームと
ミュージックビデオの制作チームが初めて融合
1億円を超える制作費が投じられた。

画像24


本番を前に、リハ―サルの現場には
緊張感が満ちる。


画像26


いよいよ迎えた本番

画像27

2日間行われた
オンラインライブを視聴したひとは
当初の予想をはるかに超え6万人にのぼった。

画像28

全20曲から構成される約2時間のステージ。
「ライブミュージックビデオ」という言葉通り、
計算しつくされた
ミュージックビデオのような世界が
リアルタイムで繰り広げられていく。

こだわったのは、
あくまで生で行い
同じ時間を共有すること
だ。

画像29

画像30


ライブの途中、山口さんは
カメラの向こう側にこう呼びかける。

画像31

「一緒に楽しみましょう。ね?踊ろう」

ただ、この裏で山口さんは
かつてない“不安”も感じていた。

画像32

山口さん:
「オンラインライブになるとやっぱり反応がわからないし、画面上でどういう風に見えているのかってまったく僕ら分からないので、「どうだった?みんなどうだった?」という気持ちが一番強いですね。」

ライブ終了直後、
山口さんはSNSで
見ていた人たちに問いかけた。
「どうでした??楽しめましたか??」

すると・・・

画像35

画像36

書き込みは一時、2万3000件を超えた。

画像37

さらにSNS上には、
それぞれの場所で思い思いに
ライブを楽しんだ人たち
の投稿があふれていた。


画像37


初のオンラインライブを終え、
次に見据えているものはなんだろうか。
山口さんにたずねた。

画像34

画像35

山口さん:
「今まで通り通常のライブができるようになるのって、来年どころかきっと2年後になってしまうんじゃないかって思っています。オンラインライブの可能性をもっと突き詰めていくっていうところも考えながらも、新しい発明を、音楽の新しいコンテンツを生み出していきたいと思いますし。でもこれは自分ひとりじゃ無理なんですよ。やっぱり仲間と一緒につくっていくものなので、今はまずその仲間を守る事、それを一生懸命やっていかなきゃいけないなっていうところも、責務として感じていますね。」


ありがとうございます!次の更新もお楽しみに
TBSテレビ/JNN系列で放送中の「NEWS23」(月~木曜よる11時00分から・金曜よる11時30分から)の公式noteです