[2019年度版 SONYユーザー必見!] SONYなカメラ生活 / 私的Eマウントボディ・レンズまとめと予算別おすすめ組み合わせ



単発のレンズの紹介記事は多いと思いますが、

カメラ+レンズを両方組み合わせて紹介するとなると、あまり多くないのではないでしょうか。

ここでは、家族との時間や、ちょっとした旅行など、

日々の生活でのちょっとした瞬間を撮ることを想定して、

予算別(5万円以下、10万円、20万円、30万円)で

おすすめのボディ・レンズの組み合わせを紹介していきます。


後半は、私が使用してきた機材の使用感をまとめてご紹介します。



【SONY Eマウントとは】


2010年に発売された当初は、あまり知名度がなかったSNOYのEマウント。

特徴としては、

(1) フルサイズ(画像を読み取るセンサーのサイズが大きい=画質が良い)

かつ

(2) ミラーレス(ミラーがない=小型化の実現)

で、

携帯性・機能性を重視したカメラになります。


しかし、当初の完成度は高くなく、市場のミラーレス機への批判は大きくありました。


しかし、いわゆる第三世代のαである、2017年のα7RIII、α9、2018年のα7IIIの発売により、

その性能が次第に認められつつあります。

2019年に発売された第四世代のα7R IV、α9IIで、もはやカメラとして完成形に近く、

レンズ交換式のカメラのシェアは、CanonやNikonのカメラを圧倒するまでに成長しました。


そんなSONYのEマウントをこれから使ってみたい方、

現在、レンズを検討中の方のために、

私が使ってきたものを中心に、カメラとレンズを紹介していきます!


ちなみに、ここ8年ほど、SONYのEマウントを使用してきた経験から、

これまで私が使用してきた機材のざっとしたまとめが以下の表です。


■ ボディ

スクリーンショット 2019-12-28 08.05.04

* RX100M3はEマウントではないですが、参考までに...


■ レンズ

スクリーンショット 2019-12-28 08.08.20


その他の機材も含め、これまでEマウントで使用してきた、26本のレンズの使用感については、後ほどお伝えします!



【予算別おすすめカメラ&レンズ組み合わせ】


まずは、予算別(5万円以下、10万円、20万円、30万円)

おすすめのボディ・レンズの組み合わせを紹介していきます。


上記の持っている(た)レンズ以外にも、

実際に試し撮りした機材も含まれているので、

ご参考になれば幸いです。


一番のおすすめは、20万円のコースですね。

それではいってみましょうー!


この続きをみるには

この続き:3,836文字/画像1枚

[2019年度版 SONYユーザー必見!] SONYなカメラ生活 / 私的Eマウントボディ・レンズまとめと予算別おすすめ組み合わせ

yum

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

某研究所勤務。趣味はカメラ、旅行、研究。賞金ありのフォトコンテストで複数回入賞しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。