赤井一家のドキドキワクワク大作戦!『名探偵コナン緋色の弾丸』の感想
見出し画像

赤井一家のドキドキワクワク大作戦!『名探偵コナン緋色の弾丸』の感想

散々、他所では記事を書いているのですが、肝心の感想記事をnoteの方で書いていなかったので改めて......

『名探偵コナン 緋色の弾丸』のざっくり感想

『名探偵コナン 緋色の弾丸』を観てきました。
公開日の翌日ぐらいに足を運びました。箱数が異常なほどあったので、人は多いものの、多少余裕があるぐらいの人の入りでした。人混みが怖い時期なのでありがたいです。

画像1

名探偵コナン 緋色の弾丸
制作年:2020年 / 制作国:日本
監督:永岡智佳

劇場版名探偵コナン第24弾。
本当は昨年公開予定だったのですが、1年の延期を経て、やっと劇場公開となります。今回はコナンの登場人物の中でも、まだまだ謎の部分が多い赤井ファミリーをピックアップ。世良メアリーや羽田秀吉といった面々が劇場版初登場となっています。

今年はおさらい映画『緋色の不在証明』を事前に公開したり、ムビチケによる人気投票企画をしたりとどれだけの結果を残せるのか注目だったのですが、運の悪いことに緊急事態宣言がまたもや直撃してしまいました。

そんな本作を観てきた感想をざっくり一言で言うと

コナン映画的には及第点

と言うような感じ。

この“コナン映画的”というのがミソでして、私は毎年大惨事が起きるのを楽しみにコナン映画を観に行くんですが、今作もちゃんとトンでもない事態になっているという意味では最高ですね。

タイトルから赤井秀一推し映画と思いきや、あくまでも赤井一家...加えて愉快な仲間たちがそれぞれ花を添えてく、ドキドキワクワク大作戦といった感じのバランス。

一方で実は意外とコナン知識あっての映画でもあり、誰と誰が見知っていて、誰が誰の素性を疑っていて、誰と誰は通じていて、そして誰と誰がまだ対面してないのか......みたいなとこに踏み込んでいくマニアック要素が多数

個人的にはそこまでやるなら、もっと踏み込んだ展開にして欲しかったですが、それをやると漫画やアニメと足並み揃えにくいというのもあるので、難しいでしょうね。


以下、購読者枠では、ネタバレありでざっくりではなくもうちょっと詳しい感想を書いていきます

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。定期購読なら、お支払い月更新の記事は読み放題。ひと記事25円以下で読める計算になってます。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

この続きをみるには

この続き: 2,591文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年5月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年5月分まとめ。今月のテーマは『いざオンライン時代!アニメ映画とVOD』。

または、記事単体で購入する

赤井一家のドキドキワクワク大作戦!『名探偵コナン緋色の弾丸』の感想

ネジムラ89 / アニメ映画ライター

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
缶バッチ屋もやっているのでよろしく!
アニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーも務めています。お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:nejimura@gmail.com