ネジムラ89 / アニメ映画ライター
2022年6月3週末目のアニメ映画動向レポート&初週末圏外でも健闘する『ハケンアニメ!』と『犬王』の興行!
見出し画像

2022年6月3週末目のアニメ映画動向レポート&初週末圏外でも健闘する『ハケンアニメ!』と『犬王』の興行!

ネジムラ89 / アニメ映画ライター

ドタバタしていて一週分乗り遅れてしまったので、先々週末の結果をお伝えする、前半は出遅れ系アニメ映画興行ウォッチングです。サーセン。

2022年6月18日〜6月19日の週末動員数ランキング

1位 トップガン マーヴェリック
2位 ドラゴンボール超スーパーヒーロー
3位 映画五等分の花嫁 

4位 シン・ウルトラマン
5位 バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版
6位 峠 最後のサムライ
7位 名探偵コナン ハロウィンの花嫁
 
8位 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島
9位 劇場版からかい上手の高木さん ★
10位 極主夫道 ザ・シネマ

http://www.kogyotsushin.com/archives/weekend/202206/19000000.php

『トップガン』が1位を奪還。
こういった感じで興行で結果を残している実写洋画は久しぶりな気がするので、アニメーション応援勢でありながらも嬉しいですね。

2位には『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』
こちらも手堅くヒットです。

そして3位に14.5巻再配布効果で『映画五等分の花嫁』が3位に帰還。
金曜日の時点で映画館に多くの人が集まっていて、“ごとよめ”パワーに圧倒されてしまいました。

他アニメ映画では、7位に『名探偵コナンハロウィンの花嫁』、8位に『機動戦士ガンダムククルス・ドアンの島』、9位に『からかい上手の高木さん』がランクイン。

そして『クレヨンしんちゃんもののけニンジャ珍風伝』が圏外へ。20億まであとちょっとなんですが、踏ん張れるかな……。

以上、そんな感ジ。

先週のランキングは以下の通り。

この前の週末は『IDOL舞SHOW』『アンパンマン』がスタート“してました”。一週間出遅れてるので紛らわしくてすみません。

以下、購読者枠では、ランキング上位に食い込めなくても頑張ってる!『ハケンアニメ!』と『犬王』の興行開始“事後”の挙動特集


ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方向けの内容です。

<マガジン購読メリット>
・ボリュームが多かったり、書くのに手間がかかったり、表であまり話せないタイプのよりディープなアニメ映画記事が読める!
・購入月の記事は全て読み放題に!
・単品購入よりもお得!

マガジン購読で月20記事〜の更新が読み放題になります。
過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。


2022年初夏に健闘している2作『ハケンアニメ!』と『犬王』

2022年の初夏の大ヒット映画というと、やはり『トップガン マーヴェリック』、そしてアニメーション映画であれば『五等分の花嫁』『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』のスマッシュヒットを連想するわけですが、高い水準の数字ではなくとも、健闘している作品が2作品あります。

それが『ハケンアニメ!』『犬王』です。

観客動員数ランキングでは、いずれもTOP10圏外でのスタート。一見、ヒットできなかった作品に思ってしまうところですが、興行失敗作品というには早計にも感じるほど、興行をジワジワ健闘しています。
今回はそんな『ハケンアニメ』『犬王』の興行をピックアップします。


ジワジワ口コミ効果で上映延長『ハケンアニメ!』

この続きをみるには

この続き: 4,408文字 / 画像4枚

『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2022年6月分の買い切り用のアーカイブマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2022年6月分まとめ。購読を希望しない人向けの買い切り用です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ネジムラ89 / アニメ映画ライター
アニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーも務めています。お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:nejimura@gmail.com