独学から手芸講師という道を選んだ理由
見出し画像

独学から手芸講師という道を選んだ理由

neige+®︎(ネージュ)猪俣友紀

こんにちは。neige+の猪俣です


今日は手芸講師になったきっかけをお話したいと思います

タイトルにもありますように、わたしは独学で今に至ります

小さな頃から作ることが好きで、一番好きなことを続けていたら趣味が今の仕事に変わりました。

手芸の専門的な知識は学校で習ったわけではなく、全て経験による知識の積み重ねから身につけてきたものです。

きっと私と同じように、知識を深めて現在の活動をされてる方もいらっしゃるかと思います。

手作りをされてるとこんな風に聞かれることはないですか?

「専門の学校を卒業されてるんですか?」と。

私は、「独学です」と言うことに何ら抵抗はありません

手芸店で勤務していた頃から、私が細かいテクニックを教える度に何度となく同じ質問をいただくので、そう答えるとみなさん一様に驚かれます。

それでも、そうと知った途端に優しく諭してくださる方もいらっしゃれば、もっと上の技術を見せられることもありました

著書本を出版させていただくようになってからは、知識が未熟な部分を「学校で習わなかったんですか?」って指摘されることもあったり、講師になってもまだまだ世間的には認められないのかなと悔しい思いをしたこともあります

専門の学校に行ってないと講師の道も、本を出版する道も断たれてしまうんだろうか?そんな葛藤があった時期もありました

そんな私がだんだんとブレずに前に進めるようになったのは、自分についてきてくれる生徒さんが少しずつ増えてきたからなんです。


講師になった最初のきっかけ


ブログを始めた4年後の2009年、近くにできた手芸店の講師募集のチラシをたまたま見つけて、ビビビッと直感的なものを感じました

私の志望動機は本当に単純です

「自分を証明するもの」が欲しかったんです

もちろん「手作りの楽しさを伝えていきたい」と言うことにも繋がってはいくのですが、学歴もない私にとって、これから本格的に続けていきたいと思った時、肩書きになるものが何もなかったんです

もちろん布小物作家としても活動していましたが、自分の好きなことが仕事になったらという思いがあったので、まさにこの求人はドンピシャでした!

実際には、講師になる前から自宅講習をしたりママ友にミシンを教えた経験もありましたが、「手芸店で講師をしています」と、社会的に通用する仕事に就きたかったのです

長年専業主婦をしていたので、働くのを嫌がっていた夫に相談して、週に1度ならばと了解を経ての面接でした。それが今じゃ!!!?


そういえば、すっかり忘れていたけど幼稚園や小学校の父母会行事でも何度かお母様方に講習したこともありました!

手縫いだから大変だったけど楽しかったなぁ 

「ザ・フリーハンドの型紙」だったけど、コロンと可愛い子ができました♪


自分で用意した生地が、目の前で少しずつ友達の手の中で形になっていく様子がたまらなく幸せな時間でした

小物作りを始めたのがちょうど娘の幼稚園入園のタイミングだったこともよかったのかもしれません。手作りが常に身近にありますものね。


手芸店での講師経験は自分の種まきの時期


最初は「手芸店で講師をしています」と言えるようになったことで自信はついてきたけど、結局のところは生徒さんから学ぶことが多くて、仕事場はいつも私にとっての学びの場になりました

手芸店って本当にいろんな方がいらっしゃるんです。

布をお店で購入することで講習費も無料でしたし、ミシンを買ったばかりの方が習いたいと来られる方も多くて、ミシンをするのが家庭科以来と言う方も本当に多かったんです。

だから、生徒さんから質問されることにしっかりと答えられるように、基本から学び直して自分の知識を向上させていきました

そんな風に2018年までの9年間、手芸店で講師として毎週1日3時間の講座を1度もお休みすることなく好きなことを仕事にしながら楽しく続けてこれたことで、学校では学べない知識や経験を現場で積むことができました。

常に初心者さま目線で、作り方や縫い方のコツを紹介出来るのも、この手芸店での勤務経験が長いからです。

もしここでの経験がなかったら、常に自分目線で、知識だけをお披露目することしかなかったと思います。

最初のきっかけは「自分を証明するもの」だったはずなのに、実際には学校で学ぶよりもはるかに知識は増えたと思いますし、自信にも繋がりました。

手芸店での講師は楽しかったのでずっとこのまま辞めずに続けていくつもりだったのですが、2016年ヴォーグ学園様よりお声掛けいただき、大きな組織で本格的に講師の道へ進むこととなりました。

まさに、一番自分が目指したかった道が開けた瞬間です。


種から芽が!ヴォーグ学園で手芸講師へと大躍進


私は本当にご縁に恵まれていたのだと思います。

私の普段の活動を知っている方が推薦してくださり今のヴォーグ学園講師の道が開けました

最初は迷いも悩みも多く、手探り状態でしたが今では3クラスも受け持たせていただける講師に成長しました

9年間の手芸店での講師経験があったから、知識や経験を積むことができて、今はもう、独学であろうが学校を卒業して知識があろうがなかろうが関係ないと思えるまでなりました。

それに、生徒さんが自分を信じてついてきてくれる以上、自分自身が示していかないと生徒さんに失礼になるとも思うようになり、自分の経験から伝えることは他のどのテキストに別のやり方が載っていようが、他の先生方が別の方法で紹介していようが、自信持って教えていけるように心の主軸はしっかりと保っていかなければと思っています


しっかりと根を張り大きな木に成長しました!


そして、長年自分の言葉で伝えたいと思っていたことが「オンライン講座」のクラスを持てたことでようやく叶いました。

本当に感謝しています!

受講生様が作ってくださる作品は、レッスンの中で私がお伝えしていることを忠実に聞いてくださってる証の完成作品ばかり。毎日見るたびに涙が出そうなくらい素晴らしい作品を見ることができて、本当に幸せです!



横に大きく伸ばした枝からは…


今度はこの大きな母体の「木」neige+から、どんどん皆様が成長し伸びていくことを心から願っています。

そういう思いもあって、僭越ながら「商用利用可能」の本を出版させていただいたり、ブログやYouTubeに作り方の動画を無料で配信しています

独学から講師の道を選んだ理由は、最初は自分のためでしかなかったことが今は多くの方を楽しませることができる本職となりました

登ってきた階段は長く、簡単ではなかったですが

好きなことを仕事にできたなら、こんな幸せなことはありません。

もちろん悔しい思いも、歯痒い思いもしましたが、それ以上に自分が満足する結果を得られるようになった今は、自分があの時とった行動を褒めてあげたいと思います

もし同じ思いで葛藤してる人がいたら、自分自身を信じてあきらめずに前に進み、どうか素敵な花を咲かせて下さい。

独学だって胸張っていいじゃない!

私もまだまだ発展途上。

日々知識を深めていきましょう!


今日はちょっと熱くなりすぎましたかね・・・笑

最後までお読みくださりありがとうございました



2021.6.2 猪俣友紀


note: neige+®︎猪俣友紀

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
❤️ありがとうございます
neige+®︎(ネージュ)猪俣友紀
ヴォーグ学園講師/オンライン講座開講|neige+手作りのある暮らしhttps://yunyuns.exblog.jp/◆ 独学から講師になるまで、2005年春からスタートしたブログと共に成長してきた自身の経験談やハンドメイド作家として伝えたいことを思うままに書いています。