見出し画像

ワンピースがほしくなった僕は、気付くとユニクロのレディースコーナーをさまよっていた。

一歩も外に出ない日が続くと、もっぱら黒のスウェットで過ごすことが多い。ふと、家にいる日でも、服は着替えるべきだと考えクローゼットを開けてみた。

ハンガーに掛かった、ズボンとシャツを見て、どうも着替える気にならなかった。スウェットでいるほうが楽だと思ったから。

そこで、イイ部屋着はないかと考えた末、ワンピースにたどりついた。

どうせ家にいるなら、新しいものを取り入れたいと思い、突発的にワンピースを探し始めた。女性が着るものというイメージがあるため、男性の僕には少し華やかな衣装だと感じつつ、とりあえずAmazonへ。

画像1

「ちょっと、似合いそうにないな」と、”新しいものを取り入れたい”とタカをくくっていたが、もう少し探すことに...

ちなみに、ワンピースを選んだ理由は、1枚で済む利便性と、余裕のあるゆったり感で決めました。

あと以前、同じような内容のnoteを見かけたので、それの影響もあります。

ワンピースを探すうちに、ユニクロにたどり着き、「コレだ」というモノを見つけました。

画像2

(エアリズムコットンAラインロングワンピース:参照)

さすがシンプル・イズ・ベストのユニクロ。
これなら着れそうと思いました。「今スグほしい」と思った僕は、衝動的にユニクロへ向かう準備をしていた。

きづくと、僕はユニクロのレディースコーナーをさまよっていた。

普段なら、メンズコーナーにいるのだが、今日の目的はレディースのワンピース。少し難易度の高いミッションである。

自意識過剰な僕は、周りから場違いと思われていないかと、おもむろにレディースコーナーを歩いていた。

道に迷ったふりや、スマホを見ながら、居もしない彼女からのお使いを頼まれている設定で、探し歩いていた。

店内を何周かして、ようやくお目当てのワンピースを見つけた。あたりを見渡しながら、おもむろに商品を手に取った。思ったより大きく、ほんとはもう少し丈が短いものを探していたが、どうやらそれは取り扱っていなかった。

試着はせず、アプリで大体のサイズ感をシミュレーションして、レジへと向かった。

画像6


「こちら女性ものですがお間違いありませんか?」という、もしもの質問を想定しながら、レジを待っていると、お会計の順番が来た。

そんなことは聞かれるはずもなく、お会計を済ませた。(手際よくユニクロペイを使った。)

家に帰って、早速試着してみた。

画像3

思ったより大きいなと思いつつ、「そっかワンピースって頭を通すだけで済むんだ!」と、感動を味わえた。

そして、鏡にうつる自分と対面。

画像4

「おぉ...」

なんとも言えない感想だったが、着心地はよく風通しもいいので、部屋着には最高じゃないかと思った。

気分も高まり、そのまま台所でご飯の準備をしたり、つかの間のワンピースライフを楽しんだ。

画像5


日常に、新しい風が舞い込む、

素敵な一日だった。



この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ねいび / デザイナー

最後まで読んでいただきありがとうございます😊 もしよかったら「スキ」していただけると嬉しいです。

いまスキをいただきました!こんなんなんぼあってもいいですからね!
1,159
自分が感じたこと、好きなことを、 気ままに発信していきます。 Portfolio:https://neibi.net/